Amazon物販で海外メーカーとのやり取りには電話交渉が面白い?!

こんばんは、Amazon物販コンサルタント中村裕紀です。

今回は海外メーカーへの電話交渉についてお話します。

その前にLINE@についてのご紹介です。

LINE友だちを募集中です!

現在110名のご登録、ありがとうございます!!

メッセージも沢山届いております!!!

LINEにご登録いただいた方からの嬉しいメッセージ

——————————————
中村さん
こんにちは、○○と申します。
さっそく動画見させていただきました。
とても参考になりました!
こんな動画を公開していただいてありがとうございます。
また、中村さんの人柄が伝わってくる話し方でとても好感持てました。

いつもメルマガ楽しみにしています。
ブログも過去のものから少しずつ拝見しております。
中村さんの動画は保存して何度も視聴させていただいていたのですが、また別のものを観ることができてうれしいです。
2倍速がオススメなんですねw

お疲れ様です、○○です!
動画拝見いたしました!
非常に勉強になりました!!
丁寧で分かりやすくて本当にためになりました!
特に、最後に仰られていた「マインド」と「商品を買えること」
これを肝に銘じて頑張ります!
ありがとうございました!!
————————————————-

役立つ無料動画のプレゼントは
5/24の23:59までとなっております!

興味のある方は登録してくださいね^^

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
友だち追加はコチラ
https://bit.ly/2IKQTlc

IDを検索される場合は
「@nakamura03」にて検索可能です。

その場合は@を忘れないようにしてください。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

Amazon物販で海外メーカーとの電話交渉

さて本日は海外メーカーへの電話も面白いですよについてです。

国内メーカー取引を行っている方は電話は大事ということが理解できると思いますが

海外メーカーにも電話を掛けることは有効な手段の一つです。

私のコンサル生のFさんは1メーカーあたりの電話が100円

交渉が長引いたらプラスで数百円お渡しする

交渉が決まりその取引が成約したら○○○円をお渡しする

という感じでメールが返ってこないメーカーへの対応を電話するという形で外注化を行っております。

海外メーカーは国内メーカーよりも返信率が悪くそれでモチベーションが下がる場合もあるのでこの作戦はいいですよね。

Amazon物販での海外メーカーとのやり取りは電話は有効?!

またメールの返信はしてこないけど電話すれば取引が決まるメーカーもあるのでそういった場合は電話するだけで差別化できますww

私も経験ありです、電話しか決まらない海外メーカーも実際ありますので。

(ちなみに中国語でしか決まらないとか、そんなメーカーもあります)

急に電話をすると国内メーカーと違い嫌がる海外メーカーもありますが

もし返信がない場合は電話交渉も検討してみると良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょか?

ちなみにランサーズなどで募集をかければ簡単に見つかると思いますし普通の海外電話サービス業者より断然安くなるケースが多いです。

多分スカイプのかけ放題みたいなのを外注さんは使っている方が多いと思い、安くなるのでしょうね。

よければご参考ください^^

★こちらの記事もおすすめです

→【amazonの利益を飛躍的に伸ばす3つの方法、2019年も最高の一年に!】

 







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です