Amazon輸入の壁その1(低利益率の考え方)

こんばんは、中村裕紀です。

 
Amazon輸入を始めると
商品は見つかるけど利益率が低い、、、

そんな問題にぶつかることが
誰しもあると思います。

単純転売、メーカー取引でも
これは起きていまして
私にもよく質問があります。

 
ただその時に
自分の考え方次第で
低利益率は良くも悪くもなります。

 
悪い思考としては
低利益率だからこれは買えない・・・
とすぐ諦めることです。

でもですね
この考え方の人が9割いるとしましょう。

 
残りの1割の方は
どう考えるかというと

「これはチャンスだ!!!」

と捉えますww

 
 
それはなぜか?

 
 
例えば
利益率が低いということは

 
・ライバルが少ないだろう、または今後少なくなるだろう

・その商品を売っている店舗、メーカーは売上が減っていて交渉しやすいだろう

・この利益率を改善できたら、半永久的に商品を扱える可能性があるだろう

 
などなどのことが考えられ

 
特にパワーセラーの人は

・この利益率を改善できたら、半永久的に商品を扱える可能性があるだろう

これを考える傾向が強いと
身近な人の話を聞きながら思います。

 
 
もちろん利益率を改善することは
簡単にできることではないので

次の商品を探せばいいや!!!

というのも解決策の一つですが
それだと長期的に扱える確率が少ないです。

 
要はまた価格競争が起きて
商品の価格が下がり
それに応じて利益率も当然低下するからです。

 
利益率の改善方法については
また次回書いてみようと思いますが

低利益率に対する考え方を
少し変えた方が良いこともあるかもしれません。

 
逆に何も差別化してなくて
高利益率のものは
良いことだけでなく悪いことも考え
早めに手を打った方がいいと考えています。

 
今日のメルマガで
あなたの意識がちょっとでも変われば幸いです^^
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP