人を雇うときに考えていること

こんばんは、中村裕紀です。

 
本日は私が
人を雇うときに考えていること
についてお話いたします。

 
これは外注さんもそうだし
今いるスタッフに対しての考えでもあります。

 
まず私は人を雇う際は
求め過ぎないようにしています。

 
もちろん
仕事ができるに越したことはないですが
それを自分から強制するのは良くない、と考えおり

どんどん成長してはほしいですが
最初のうちは
自分の能力の30%できれば十分だ、と思っています。

 
 
また最初に仕事をお願いする時は

 
その人が考えて仕事ができる人か?

しっかり教え込まないと仕事ができない人か?

 
どちらであるかを判断したいので
(どっちタイプなのかな?程度ですが)
めちゃくちゃ細かなマニュアルは作成しません。

基本的なところだけを、お伝えするようにしています。

 
で仕事ぶりを見て
この人はこんな感じだから

 
自分がこんな風に動けば、もっと働きやすくなるんじゃないか?

自分がこんな風に動けば、もっと作業効率UPするよな?

 
など気を付けながら
次回からの仕事をお願いしていく感じです。

 
 
あとは
自分が雇うと決めたら

 
・最後の最後までその人を信じきる

・常にWinWinの関係性を保つ

・お金はその人の価値であるから、それ相応の代金を支払う(報酬を徐々に上げる)

 
上記を約束し、自分の中で徹底しています。

これが人と繋がったり、雇う上では一番大事なのかなと思います。

 
 
今回偉そうなことを言っていますが、、

自分もまだまだ上手く付き合えていない状況で
試行錯誤しながら日々コツコツやり取りしています。

それがストレスだったりする時もたまにあります。

生きる上で人間関係が一番のストレスだ、という説もありますよね。。

 
でも自分の中では
それを乗り越えて上手くいった時の喜びは
一人では味わえない最高のものだと思っていて

たしかにストレスを感じることもあるけど
今後も色んな人と交流したいし、付き合っていけたらと感じています。

 
 
 
スタッフを雇い出して
約2ヶ月経って思ったことを書いてみました^^

 
 
今日のは綺麗事で
正直上手くいかないことも多々あります。。

 
だけど、綺麗事を押し通せる人間に自分はなりたいと思います。
 
 
 
 

メーカー直仕入れで悩みを解決!単純転売からの脱却!「メーカー直仕入れで自由になるための戦略セミナー」

LINE@登録者様に期間限定プレゼント中!


PAGE TOP