Amazonリサーチに行き詰まりを感じたら・・・

こんばんは、中村裕紀です。

Amazonビジネスを続けて行く上で
リサーチは欠くことができないものだと、
誰もが理解しているはずです。

このメルマガでも大事だと、何度も言い続けています(笑)

でも、
そんなリサーチを続けていると

例えば、

・儲かる商品が見つからない・・・

・いいセラーを探せない・・・

などなど、
行き詰まりを感じることも多いはずです。

こういった時は
すでに取引していたり
(商品を購入したことがある、という意味です)

今まで取引したことのある商品を
扱っているセラーをもう一度全員見る!

と行き詰まりを解消できることが多いです。

儲かる商品が見つからない、見つからない、見つからない、、、

と闇雲にリサーチしていても
結果として悪い方向に行く場合がほぼです。

そんな時は一歩踏みとどまって

————————————
すでに取引していたり
(商品を購入したことがある、という意味です)

今まで取引したことのある商品を
扱っているセラーをもう一度全員見る!
————————————-

上記の行動を行なってみてください。

闇雲にリサーチするよりも
あなたが一度でも利益が出ると見込み
購入したことのある商品なら、

それを扱っているセラーは
闇雲にリサーチしたセラーより
よっぽど質のいいセラーたちだと思います。

そのセラーたちの扱っている商品を
1〜100まで全部くまなく見てください!

きっと1つはいい商品が見つかるでしょう。

そして、その一つが見つかったら
それを扱っているセラーを全員見てください!

そうすればドンドンドンドン
リサーチの幅が大きく広がります。

私が良くないと思うことは、
もし仮に1つ
かなりいい商品Aが見つかったとしても、

かなりいい商品A
を扱っているセラーを全員見る前に(リサーチする前に)
Bという商品に飛んでしまうことです。

せっかくAという商品があるのに
Aという商品を扱うセラー1人しか見ずに
Bという商品に飛んでしまったら勿体ないです。

これだ!!!!!
と思う商品があれば

必ずその商品を扱っている
全セラーのリサーチを丁寧に丁寧にすべきです。

その上で
その方々が扱っている商品を全て全て見る!!!

これが最も効率がよいリサーチだと考えます。

———————————————-
せっかくAという商品があるのに
Aという商品を扱うセラー1人しか見ずに
Bという商品に飛んでしまったら勿体ないです。
———————————————–

私はコンサル生のリサーチ状況を
毎日見ているので、よくわかるのですが、
上記の方法だと

せっかくいいところまで行ってるのに、、、

と、少し勿体ない
リサーチになってしまうことがあります。

あなたが行なっている
リサーチ手順を再度見返し、
今日の話が参考になれば幸いです^^

PS

Amazon輸入始めたばかりで
リサーチをしたことがない方は、

まず「並行輸入」というキーワードで
利益の出る商品を1つだけ探してください。

利益の出る商品を1つ探すことは
大変な作業かもしれませんが、
1つ見つかれば先は見えてきます。

あとはどれだけうまく真似できるかです。

(メーカー取引におけるリサーチとは違いますが、始めたばかりの方はまず上記をオススメします。私もその流れでAmazonビジネスをスタートしました。)







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です