【Amazon物販】カート獲得率は何が影響するのか?

こんばんは、Amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

先日はこんな話をしました。
http://bit.ly/2eNrbdK
そこで本日はカートの獲得率は何が影響するのか?についてお話していきたいと思います。

一般的にカート獲得率には何が影響しているのか?

一般的にカートの獲得率は

・自社出荷orFBAか
・商品の販売価格
・出品者の評価数
・出品者の評価率

などによって変わるとされていますが最近私は

・自分が持っている商品の在庫数
・自分が持っている商品のカテゴリー保有率
・アカウント年数

などによってもカートの獲得率が変わるのではないかなー・・と考えております。

私がカート獲得率に影響があると考えられるもの

自分が持っている商品の在庫数

はそのままの意味で

例えばAという商品を1個と100個持ってる方がいるとすれば100個の方がカート獲得率がいい、ということで

自分が持っている商品のカテゴリー保有率

例えば、ドラッグストアカテゴリーの商品を自分が持っている全体の商品に対して1%の方と100%の方とでは100%の方のほうがカート獲得率がいい、ということです。

(これはコンサル生に言われ、ふと気付きました)

アカウント年数

もそのままの意味ですね。

上記の3点はかなり不確かな考えではありますがライバルセラーの商品回転率を見ると明らかに自分のほうが売れていたり逆に売れていなかったりする商品も事実存在します。

それをアルゴリズムのせいにするのはいいのですがこんなことでもカートの獲得率が変わっているのでは?!

と思い、今日の記事を書いてみました。

カート獲得率を上げるために狙い目なところ

・自社出荷orFBAか

ここのところで、以前はFBAの方に対して自社出荷の方は50円下げればカートを取れていましたが

今は200円以上の価格差があってもカートを取れなかったりします。

多分Amazonもメール便で価格を壊す方がいるから少しこのアルゴリズムを変えたのだと思いますが、、

これは逆にFBAの方にとってはチャンスですね。

このアルゴリズムを逆手にとって利益を生み出すことも十分できるので今は意外とオイシイ気がします。

まあでもアルゴリズムが変わったら・・と言われるとどうしようもないのでもし試すなら少量で試してみればいいと思います!

多分みんながメール便の中自分だけカート取れていい感じに売れると思います^^

まとめ

今回はカート獲得率に影響するのではと思ったことについてご紹介いたしました。

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。