【Amazon物販】物販における帳簿付けや数字を目視化することは大事なこと

こんばんは、Amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

先日のメルマガで
「現状の在庫金額をパッと答えれない方は、危ないですよ・・」
という話をしました!

私も以前は大雑把にやっていたので偉そうなことは正直言えません。。

在庫金額の大雑把に把握していると後で大変なことに

例えば
Amazonの管理画面を見て月の売上〜円ぐらいで大体の利益率〜%ぐらいだから

これぐらいは利益出てるよな!稼げてる!安心、安心。

みたいな感じです。

こんな感じだと今後ヤバイです。。

今はよくても後々つけが回ってきます。

あと売上や扱う金額が増えてくるとどこにお金が流れているか把握できないのでかなり不安で精神的にもきます。

安心、安心なんて思ってられない、、そんな状況です。

実は私も経験ありなので、その辺はよく分かります(笑)

あの頃はとにかくリサーチに必死で、目が行き届いていませんでした。。

ある帳簿のおかげで全ての数字の流れを理解できるようになりました

ただ私の場合は扱う金額が増える前にようやくしっかりとした帳簿付けを行えるようになっていました!

私の師匠にもらった帳簿でこれを「神の帳簿だ!」と仲間に言いふらしていましたw

かなーり細かいものなのでなかなか内容を理解し、使いこなせている方はいませんが使えるようになった後は、全ての流れを数字で理解できます。

これがあったおかげで今の自分がある、とも言えます。

それだけ物販における帳簿付けや数字を目視化することは大事なことです。

資金繰り、キャッシュフローをうまく解決するかが会社を経営する者の責任

どれだけ売上がある人だって物販を伸ばそうと思う限り資金繰り、キャッシュフローに悩みはあると思います。

それをいかにうまく解決するか?が会社を経営する者の責任なのでは、と最近考えます。

今はどっちかというと利益が出るものなんていくらでも見つかるので

それよりもどういう風に会社を伸ばすべきか?
だったり、資金のやり繰りに目がいっています。

数字で物事を理解することは、とても大切です。

もちろんリサーチや商品の仕入れも重要ですがそれと同じぐらい欠くことができないものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今日の記事で思い当たる節のある方はとても大事なことなので考えてもらえると嬉しいです^^

★こちらの記事もおすすめです

【amazon輸入転売とは?簡単なリサーチ方法も大公開!】

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。