Amazonから商品の真贋を問われる場合はどうすればよいのか?

こんばんは、中村裕紀です。

それでは本日はPayPal、ebyの請求書ではダメなの、、?についてお話します!

以前、商品の真贋について下記の記事を書きました。
http://bit.ly/2fQnbND

Amazonから商品の真贋を問われる場合は

1:6ヶ月以内に発行された商品の注文書、領収書または請求書の写し. (該当期間の販売数との整合性が取れているもの)

2:代理店、仕入先の連絡先情報(名称、電話番号、住所、Web URLなど)

3:その他追加情報

この3点の情報の提出をお願いされるわけです。

ただ、最近この「注文書、領収書または請求書の写し」がPayPal、ebyの請求書などでは無効になるケースが発生しているようです。

以前なら問題なかったのですが、最近また厳しくなりましたね。。

PayPal、ebyの請求書などでは無効になるケース発生!今後の対策

たぶんPayPal、ebyの請求書ではその商品が正式な代理店やお店から買ったものか疑わしい・・
ということだと思います。

しっかりした海外正規代理店経由で買えば、問題ないと思うのですが、今後は何言われるかわかりません。

Amazonがダメと判断したらダメなので。

ここで私たちが取るべき方法はPayPal、ebyの請求書だけでなくインボイスもきちんともらう、ということだと思います。

大体の海外セラー、海外ネットショップ、代理店は発送時にインボイスを商品と一緒に送ってくれます。

また当然こちらからお願いすべきです。
(私も毎回お願いしていました)

これがあればPayPal、ebyの請求書だけでなくより正確なものを提出でき、対応も可能かと思います。

インボイスを商品と一緒に送ってもらうときの注意点

注意点としては商品の引き受けなどを代行業者さんに任せている方も多いはずです。

そうなった場合商品と一緒に送られてくるインボイスの管理をお願いしなければなりません。

私の場合は月末締めで請求書関連と一緒に送ってもらっていましたが皆さんの場合はいかがでしょうか?

もしかしたら一声かけることが必要かもしれませんね^^

まとめ

あと気になるのはいち個人のセラーから買った場合そのインボイスがAmazonに認められるか?

ということです。

セラーも代理店から買った金額と私たちが買う金額で利益を出すので

私たちに買ったお店まで教えない・・
インボイスも自分で作成するでしょう・・

その時のAmazonの判断基準が気になります。。

★こちらの記事もおすすめです

【amazon輸入転売とは?簡単なリサーチ方法も大公開!】

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。