IよりWEがよい理由

こんばんは、中村裕紀です。

私は常日頃より
海外メーカーと交渉する際は

「自分を大きく見せる」

ということを徹底した方がよい!

と全ての方にお伝えしています。

こちらでも書いています。
http://bit.ly/2eLh5do

なぜ大きく見せる必要があるか?というと

まず初めに自分に興味をもってもらいたい、からです。

興味をもってもらえれば

その後の取引もスムーズだし

無視されるということは、まずありません。

興味をもってもらうために

海外メーカーに初めて送る文章は

これまで何度も試行錯誤し

それなりにお金を使ってきました。

先日のセミナーでは

これを参加者の皆さんに見せたわけですが

後ろの方では私の英文の写真撮影会(笑)

が起きたぐらい、それぐらい大事なものです。

あと基本中の基本ですが

相手とのやり取りの際には

I(私)よりWE(私たち)という単語を

多く使うことをオススメします。

(あまりにもWEが多いとくどいので、そこは注意が必要です。会話レベルで収まりがつく範囲ぐらいがよいと思います)

WE(私たち)を使うことで

相手の印象もI(私)と全く異なってきますので

これまた交渉しやすくなる、と感じています。

海外メーカー交渉時のポイントとして

今後ご活用いただけたら、すごく嬉しいです!!!







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です