Amazon物販での交渉の流れはメーカー → 卸・代理店 → 小売

こんばんは、Amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

先日のメーカー交渉文添削ですがかなりの量の添削依頼がきましたのでここで一旦ストップさせて頂きます。。

随時返信していますのでメールがまだという方は今しばらくお待ち下さい。

さて本日ですが

メーカー → 卸・代理店 → 小売

についてお話します。

昨日下記のご質問がございました。

交渉の流れについてのご質問

(適宜修正しております)
———————————————–
中村様

いつもメルマガ拝見させていただき、大変参考になっております。
◯◯ともうします。

質問したいことがあるのですが、
Amazon.co.jpで販売する場合、仮に単純転売(Amazon.comやebayなど)から仕入れて利益がとれる商品だとしても
中村さんの場合は、まず、そのメーカーに交渉をし、ダメなら卸や代理店などへ交渉するという流れをとりますでしょうか?

また、国内転売においても、今やネットで卸業者も多数でてきておりますが、なかなかそういう仕入れがしやすいところは価格競争になりやすく難しいことも多いと考えております。

中国輸入は単純転売をしていると年末くらいのメルマガでおっしゃっておりましたが、基本的にはメーカーや卸などから少ない種類で、1商品のボリュームをだして販売されるような手法なのでしょうか?

長くなりましたが、回答のほどいただけましたら、幸いです。
—————————————————–

大切な交渉の流れを理解しよう

この質問内容のAmazon.co.jpで販売する場合、仮に単純転売(Amazon.comやebayなど)から仕入れて利益がとれる商品だとしても中村さんの場合は、まず、そのメーカーに交渉をし、ダメなら卸や代理店などへ交渉するという流れをとりますでしょうか?

ここが一番大切で

再度

メーカー

卸・代理店

小売

の流れを理解してもらえたらと思いました。

流れに関するご質問メールの返答はこちら

読者様への返答がかなり長くなりましたので質問内容に対する答えを見たい方は、下記をクリックしてください。

http://bit.ly/2enIHZT

まとめ

今回はAmazon物販、転売をする上では大事な交渉の流れについてお話させていただきました。

メーカー → 卸・代理店 → 小売で交渉すると良いと思います。

★こちらの記事もおすすめです。

→【amazon輸入コンサル生の成果報告【独立し利益135万円】

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です