メーカー → 卸・代理店 → 小売

こんばんは、中村裕紀です。

先日のメーカー交渉文添削ですが

かなりの量の添削依頼がきましたので

ここで一旦ストップさせて頂きます。。

随時返信していますので

メールがまだという方は今しばらくお待ち下さい。

さて本日ですが

メーカー → 卸・代理店 → 小売

についてお話します。

昨日下記のご質問がございました。

(適宜修正しております)
———————————————–
中村様

いつもメルマガ拝見させていただき、大変参考になっております。
◯◯ともうします。

質問したいことがあるのですが、
Amazon.co.jpで販売する場合、仮に単純転売(Amazon.comやebayなど)から仕入れて利益がとれる商品だとしても
中村さんの場合は、まず、そのメーカーに交渉をし、ダメなら卸や代理店などへ交渉するという流れをとりますでしょうか?

また、国内転売においても、今やネットで卸業者も多数でてきておりますが、なかなかそういう仕入れがしやすいところは価格競争になりやすく難しいことも多いと考えております。

中国輸入は単純転売をしていると年末くらいのメルマガでおっしゃっておりましたが、基本的にはメーカーや卸などから少ない種類で、1商品のボリュームをだして販売されるような手法なのでしょうか?

長くなりましたが、回答のほどいただけましたら、幸いです。
—————————————————–

この質問内容の

Amazon.co.jpで販売する場合、仮に単純転売(Amazon.comやebayなど)から仕入れて利益がとれる商品だとしても
中村さんの場合は、まず、そのメーカーに交渉をし、ダメなら卸や代理店などへ交渉するという流れをとりますでしょうか?

ここが一番大切で

再度

メーカー

卸・代理店

小売

の流れを理解してもらえたらと思いました。

読者様への返答がかなり長くなりましたので

質問内容に対する答えを見たい方は、下記をクリックしてください。

http://bit.ly/2enIHZT

あなたのご参考になれば、大変嬉しいです!







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です