英語ができる人の探し方

こんばんは、中村裕紀です。

本日は

英語ができる人の探し方

をお話します。

海外の

セラー
ネットショップ
メーカー

などと交渉する際は

必ず英語でのやり取りですよね。

これは

皆さん気になることで

英語の交渉文や

メールのやり取りを

より精度の高いものへと

仕上げたい!と思うはずです。

私自身も簡単な英文は

Google翻訳
http://bit.ly/1ADNNq1

などで作成し、送ったりしていますが

力が入る交渉などには

英語ができる人にしっかりした文

を作ってもらい、それを相手に送っています。

私がオススメする

英語ができる人の探し方は

下記のサイトを通じて見つけます。

ランサーズ
http://bit.ly/1n8KXMC

クラウドワークス
http://bit.ly/1pkppG7

@SOHO
http://bit.ly/2fCrl8Z

特に

私が一番イイと思っているのは

ランサーズ
http://bit.ly/1n8KXMC

です。

募集数も多く

安心して取引可能です。

とても簡単に見つかります。

なぜ

英語ができる人

が簡単に見つかるか?

というと、、、

今の時代

英語ができる人は

たくさんいるからです。

私は英語がデキないので

初めの募集時は

1翻訳あたりの料金を

高めに設定していましたが

あまりの募集の多さに驚きました。。

こんなにもたくさん居るのだと、、

募集をかけると

ビックリされるはずです。

それだけ英語って

すでに浸透しているのですね。

そう言えば

私の中国スタッフも外注さんも

普通に話せますし

自分からしたら話せるだけですごい!

と思いますが

もう特別なことでもないかもしれません。

よって

私の経験上

1翻訳あたり

20〜50円と安い価格

で募集をかけても

仕事をしたい方はいる

と判断しています。

私の場合だと

文の長さにもよりますが

10円で

翻訳してもらったり

英文を作成してもらったり

していました。

(ここまで安いと逆に申し訳なかったですが、、)

注意点としては

英語を勉強したいから

そういった仕事を請け負う方

などがいるので

事前に話した上で

仕事をお願いするとよいでしょう。

また英訳などの

文章の長さに対する価格設定

はトラブルの元なので

事前にハッキリ決めておくとよいです。

ビジネス英語まで求めると

今日お話したことはイマイチかもですが

私はこれで交渉できています。

もしよければご参考ください。

ちなみに

ビジネス英語は

コニャック翻訳
http://bit.ly/2fioV0Z

あと少し違いますが

クラリー
http://bit.ly/2fWlkrE

というサービスを使っています。

料金は少し高めですが

場面に応じて使われると

よいかもしれません。

どちらも反応が早く、イイです!







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です