最後に売上表で完成です

こんばんは、中村裕紀です。

本日は売上表の説明をしていきます。

この表は一日ベースで

今どのくらいの売上があり

いくら利益が出ているか

などを確認する表です。

最終的には

この売上表と在庫表は

外注さんに任せた方がよいです。

なぜなら

自分で管理するのが

大変になってくるからです。。

月に何千個以上の商品を

販売する方も出てくると思います。

そうなると

この表をつけるだけでも

かなりの時間を要します。

基本的なところは理解し

ゆくゆくは外注化していくことをお勧めします。

ただ初めから外注化するのではなく

しっかり各商品の売れ行きや売上管理を

マスターした上で行った方がいいと思います。

一日ベースの正確な売上なので

例えば30日後の売上や利益も大体ですが予想できます。

売上表の詳しい使い方は

下記よりダウンロードしてください。

http://bit.ly/2ftzqwn

(もしダウンロードできない方がいましたら直接ご連絡ください)

簡単に言うと

在庫表の商品が売れるごとに

売上表へ1個ずつ移行する感じです。

売上表に記載したら

1個売れたことになるから

在庫表の個数を−1します。

上記の繰り返しです。

売上管理の外注も

月5000円〜1万円くらいで可能です。

また興味がありましたら聞いてください。

引き続きよろしくお願いいたします。







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です