評価をうまくもらうコツ

こんばんは、中村裕紀です。
 
 
最近「評価」についての質問が多いです。
 
 
 
 
評価がなければ
 
商品は売れないのでしょうか?
 
 
 
評価はどのように
 
カート獲得率に関わってきますか?
 
 
 
 
などなど
 
 
 
評価が少ないと商品が売れない・・・
 
 
 
と思っている方が多いみたいです。
 
 
 
 
 
 
私自身は自社出荷も取り組んでおり
 
評価を大切にしていますが
 
FBAのみ行っている方は
 
そこまで気にする必要はないと思います。
 
 
 
 
 
 
評価が少ない場合
 
総合的に見ると
 
(ビジネスレポートで見れます)
 
カート獲得率は落ちると思いますが
 
ちゃんと自分にもカートが回ってきます。
 
 
 
 
その時に売れれば
 
他のライバルと大差はありません。
 
 
 
 
要は評価が多いと
 
売れる確率が高くなる
 
ということです。
 
 
 
 
評価が少ないと売れない・・・
 
というわけではないので
 
どうぞご安心ください^^
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ少ないより
 
多い方がいいですよね。
 
 
 
 
そこで今日は
 
 
 
・私の評価依頼文
 
・評価をもらうコツ
 
 
 
をお伝えしますね!
 
 
 
 
 
 
私の実際使っている
 
評価依頼文
 
はこれです。
 
 

 
 
http://bit.ly/2f2C63i
 
 
 
 
 
 
だいぶ前に作ったものですが
 
もしよければ使ってみてください。
 
 
 
 
 
 
 
一応評価をもらいやすくするため
 
商品到着後にこのメールを送っています。
 
 
 
これがコツです。
 
 
 
格段に評価もらえる率がUPします!
 
 
 
 
 
 
ちゃんと商品届きましたか?
 
すごく気になっています。。
 
もしよかったら評価で連絡ください。
 
みたいな感じです(笑)
 
 
 
 
 
FBA倉庫から商品発送して
 
お客さんの手元に商品が到着する
 
発送3日後ぐらいがベストタイミングです。
 
 
 
 
 
 
私はこれを外注さんにお願いしていますが
 
評価依頼ツールも最近出始めています。
 
(最近ではないかもですが・・)
 
 
 
 
 
もし忙しくて
 
評価依頼ができない方は
 
こういったツールを検討しても
 
よいかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
私も今評価依頼ツールを
 
試してるのですが
 
皆さんに紹介するほどのもの
 
ではないと判断したので
 
ここで書くのはやめときます。
 
 
 
 
 
個別で興味があれば聞いてください!
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

ネットショップ用に

「本」を卸してもらうことを

検討しています。

本の仕入れって変わっていて

メーカーと直接やり取りすることができず

「取り次ぎ」から仕入れる

という方法のみOKみたいです。

日本の2大取り次ぎ

東販
日販

ここから仕入れたい!

これが決まれば熱いのですが

かなり審査が厳しいみたいですね。。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP