Amazonポイント合戦始まる

こんばんは、中村裕紀です。
Amazonポイント合戦がかなり激しくなっているようですが
皆さんはいかがでしょうか?

私は価格の改定を任せていた部分もあるので
Amazonポイントに関してそんなに関心がなかったのですが
カート獲得率にAmazonポイントがかなり影響することが分かってきました。

ポイントだからと甘く見ると、かなり痛い目を見ますね。。

ポイントを使っているセラーと
ポイントを使っていないセラーだと
明らかにポイントを使ってるセラーの方がカート獲得率が高いです。
(当たり前のことですが)

ポイントだからと思わず
普通に販売価格を下げる時の金額と同じくらいの価値がある
と考えてもいいかもしれません。

新しい在庫管理画面だとポイントについてよく分かりますが
もし古い在庫管理画面を今も使っている方がいれば
他のライバルにポイントを使われてカートを獲得できていない可能性があります。

私も昨日価格改定を自分でしながら
他のセラーがポイントを使っているのに
全くポイントを使っていないセラーがいて
それでカート取れていないのだなと思う方が数名いらっしゃいました。

またメーカー直仕入商品などは
メーカー側から価格を一律にするよう言われているものもありますが
そこでもポイントを使ってカートを取ろうとするセラーが出てきました。

たぶん価格はメーカー側から言われたものをしっかり守っているので
ポイントを使ってもメーカー側は何も言えない状況に仕立てているのだろうと思いますが。。

ポイント合戦が始まっている商品は
ポイントを他のセラーに合わせる形で自分で付けたものの
これではいつまで経っても価格競争は終わらないな、と感じた次第です。

逆にAmazonはそこまで考えて
ポイント制度をつくったとしたら、すごいですね。

もしポイントについて今日の記事に思い当たる節がある方は
全くカート取れていない可能性があるので、カートの獲得率を確認してみてください。

カート獲得率の見方は下記です。

セラーセントラルトップページ

レポート

ビジネスレポート

(子)商品別詳細ページ 売上・トラフィック)

カートの獲得率を見られたことがない方は一度見てみてください。

自分が扱っている商品のことがよく理解できると思います。
本日の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です