リスクのないAmazon輸入転売

こんばんは、中村裕紀です。
 
 
明日はHIRAIさんの差別化物販戦略塾
の講師として、セミナーを開催する予定です^^
 
 
内容も少し変わった
面白い内容に仕立てました(笑)
 
 
塾の皆さんに役立ってもらえたら、と思います。
 
 
 
 
さて本日は
 
「リスクのないAmazon輸入転売」
 
についての話をします!
 
 
 
私たちは
 
商品を買って、それを売る
 
というビジネスを行っているので
 
少なからずのリスクは毎回つきものです。
 
 
 
ただリスクをいかに少なくするか?
 
 
ということが、とても大切で
 
 
 
私のコンサル生には
 
 
最小ロット購入

FBA納品

販売の実績値を計る

その実績値に基づき仕入れる
(在庫切れを防ぐため、前回の1.5倍を目安に)
 
 
この流れを徹底してもらっています。
 
 
 
上記の流れは
 
メーカー取引
単純転売
 
いずれのケースでも行ってもらっています。
 
 
 
もちろん商品の売れ行きは
 
プライスチェック
モノレート
 
などのツールで前もって調べてもらいますが
 
 
最初はどんなに売れ筋商品であろうと
最小ロットで必ず絶対に売り切れるであろう個数を仕入れます。
 
 
 
私の場合はツールに
頼りきりになるのではなく
 
あくまで実績値を計る、ということの方が
大切だと考えているので、
 
 
 
最小ロット購入

FBA納品

販売の実績値を計る

その実績値に基づき仕入れる
(在庫切れを防ぐため、前回の1.5倍を目安に)
 
 
 
これを守った上での購入を、今でも心掛けています。
 
 
 
 
人によっては
売れ筋商品だからガツっと仕入れてしまって
 
あとで失敗してしまった、、
なんてケースも経験あるのではないでしょうか?
 
私は何度も経験ありですw
 
 
 
すぐに稼ぎたい、利益を出したい!
 
という気持ちでガツっといく気持ちも分かりますが
それで失敗してしまっては、ビジネスとして成り立ちません。
 
 
 
私もつい焦って
大量の商品を買ってしまいがちですが
 
万が一のことを考え
自分の取れる範囲のリスクを取った方がよいと思います。
 
 
またツールはとても便利なものですが
 
信じきったり、頼りきりになるのは
あまりよくないことだと思うので
 
 
最小ロットで商品を購入し
 
販売の実績値を計り、その上で正しい数量を仕入れる!
 
ことを意識してもらえたら嬉しいです。
 
 
 
ご参考いただけたら幸いです。
 
 
 
ちなみに最小ロットで商品を買うと
最初は海外送料に利益が圧迫されることも考えられます。
 
が、それよりも怖いことが他にあるので
やはり私としては最小ロット購入をオススメします!
 
 
たしかに利益がトントン、薄利みたいなこともありますが
次の仕入れではしっかりとした販売個数、利益が見込めるはずです。
 
 
徐々にステップアップすることが大事だと思います!
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

明日から家を空けるので
今日は午前中で仕事を終え
家族で買い物に行ってきました!

久々に名古屋の栄に行き
楽しいショッピングができました^^
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP