価格競争で困っている方へ

こんばんは、中村裕紀です。
 
 
 
メーカー直取引の商品は
 
価格の下落が少ないように思います。
 
 
 
販売価格がメーカーより決められている
 
場合もありますが
 
 
決められていないものにおいても
 
価格の下落が少なく
 
一定の価格で販売される傾向にある
 
と私は感じています。
 
 
 
 
 
なぜそんな現象が起きるかというと
 
メーカーから直接商品を買う方々は
 
 
自分が最安値で仕入れている
 
 
と知っているからです。
 
 
 
 
 
一番安い価格で買っている自信
 
があるからこそ
 
わざわざ価格を下げたりしません。
 
 
 
 
 
ライバルがいる場合もありますが
 
その方の情報を見れば
 
一目で「メーカー仕入れだ!」
 
とわかるので
 
価格を下げることに意味がありません。
 
 
 
 
ライバルもメーカー仕入れだとわかれば
 
仕入れ価格は同じ
 
ということになるので
 
 
価格競争が起こった場合は
 
お互いが赤字になり、メリットがありません。
 
そのため価格が保たれているケースが多いです。
 
 
 
 
 
 
例えば
 
ebay
Amazon.com
 
などで商品を買った場合
 
自分が最安値かどうかの判断は難しいです。
 
 
 
 
 
A:メーカー

B:卸・問屋(代理店)

C:小売(ebay、Amazon.comセラー)

D:私たち
 
 
 
 
上記のように商品は流れていきますが
 
BかCで商品を買った場合は
 
その方々がいくらマージンを取るか未知です。
 
多いとこもあれば少ないところもあるでしょう。
 
 
 
 
逆にメーカーから直接買ってしまえば
 
そのようなことは起きません。
 
 
 
購入金額や個数によって
 
割引率は違うかもしれませんが
 
上限はどこまでなのかを教えてくれます。
 
なので最安値はいくらか明確にわかります。
 
 
 
 
 
 
B、Cで商品を買った場合
 
自分が最安値かどうかの判断ができないため
 
「いかに早く売るか」
 
が一つのポイントとなってきます。
 
 
 
クレジット期限を用いた
 
販売方法ならなおさらですよね。
 
そのため価格競争が起こってしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
B、Cなどでしか
 
買えない商品も存在しますし
 
そういったものを扱うことで利益も出ます。
 
 
 
 
 
ただ手っ取り早く
 
長期的に稼ぎたいなら
 
やっぱり断然メーカー直仕入れです。
 
 
 
 
価格競争を避ける手段としても
 
「メーカー仕入れ」
 
考えてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
ちなみに
 
メーカー仕入れの最安値を
 
もっともっと徹底的に下げることが
 
「メーカー交渉」であると私は考えています。
 
 
 
自分一人だけの価格を手にする
 
これが最終目標ですよね!
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

今月中旬に横浜へ行きます!

景色がすごくきれいみたいなので、今からワクワクしています^^

来月はいとこの結婚式で愛媛にも行きます。

愛媛は何が有名なのでしょうか?

もし読者さんで愛媛在住の方がいれば教えてください!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP