Amazonのメイン・サブの商品画像サイズの規則

こんにちは、Amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

Amazonの商品画像には規則があります。

メイン画像とサブ画像があり、それぞれに細かいルールがあり違反した場合は検索対象外に設定になってしまいます。

今回は商品画像について詳しく紹介していきます。

 

amazonメーカー仕入れ

商品画像の注意点について

Amazonで商品を出品する際の画像には基準・禁止事項が細かく定められています。

規約違反をしてしまった場合に「検索対象外」や「出品停止」などのペナルティを受けることになります。

しっかりと、規則を守りペナルティを受けることがないようにしなくていけません。

全カテゴリー共通の商品画像の基準

  • 画像は、販売する商品を正確に表している必要があります。
  • 画像は商品名と一致する必要があります。
  • 画像の85%以上を商品が占める必要があります。
  • 商品詳細ページで最適なズーム機能を使用するには、長辺が1600ピクセル以上必要です。ズーム機能を使用すると、売上げ促進に役立つことが判明しています。この要件を満たすことができない場合、ズームできるファイルの最小サイズは1000ピクセルで、サイトでの最小サイズは500ピクセルです。
  • 画像は、長辺が10,000ピクセルを超えないようにしてください。
  • 画像は、JPEG(.jpgまたは.jpeg)、TIFF(.tif)、PNG(.png)、GIF(.gif)のいずれかのファイル形式にする必要があります。JPEGを推奨します。アニメーションGIF(.gifs)は、サポートされていません。
  • 不鮮明な画像、画素化された画像、端がギザギザに加工された画像は使用できません。
  • ヌードや性的なものを示唆させるような画像は使用できません。子ども用および乳児用のレオタード、下着、水着を人間のモデルに着せないでください。
  • 画像には、Amazonのロゴや商標、およびAmazonのロゴや商標と類似した、紛らわしいいかなるバリエーションや修正も含めてはいけません。これには、AMAZON、プライム、ALEXA、Amazon Smileデザインが付いた用語やロゴが含まれますが、これらに限定されません。
  • 画像に、Amazonで使用されるマーク、およびマークと類似または紛らわしいいかなるバリエーションや修正を含めてはいけません。これには、「Amazon’s Choice」、「Premium Choice」、「Amazon Alexa」、「Works with Amazon Alexa」、「ベストセラー」、および「トップセラー」などが含まれますが、これらに限定されません。詳細については、商標使用ガイドラインを参照してください。

Amazonセラーセントラルヘルプ「商品画像要件」参照

  • メイン画像の背景には純粋な白を使用する必要があります。純粋な白とは、RGBカラー値が(255, 255, 255)で、Amazonの商品検索画面や商品詳細ページによく調和します。
  • メイン画像は、実際の商品のプロフェッショナルな写真でなければなりません(グラフィック、イラスト、モックアップ、代替品は許可されていません)。購入者の混乱を招く可能性のある付属品や小道具は表示しないでください。
  • 商品の上部または背景に、テキスト、ロゴ、縁取り、カラーブロック、透かし、その他のグラフィックが配置されているメイン画像は使用できません。
  • 1つの商品を複数のアングルから見た画像をメイン画像に含めることはできません。
  • メイン画像には、販売する商品全体が写っている必要があります。ジュエリー(ネックレスなど)を除き、商品が画像フレームの端に触れたり、画像フレームの端で切り取られたりしてはいけません。
  • メイン画像には、パッケージを外した商品が写っている必要があります。輸送箱、バッグ、ケースは、商品の重要な特徴でない限り、画像に表示しないでください。
  • メイン画像には、座っている、膝をついている、もたれかかっている、横たわっている人間のモデルは使用できません。ただし、補助技術(車椅子、義肢など)を用いてさまざまな物理的な動きを表現することは奨励されます。
  • セット品の服&ファッション小物、シューズ&バッグのメイン画像は、商品を平置きにした(モデルが着用していない)写真を使用します。
  • 服&ファッション小物のメイン画像では、マネキンの外観(透明、無地、肌色、フレームワーク、ハンガー)にかかわらず、マネキンの一部を写さないでください。
  • レディースおよびメンズ服のメイン画像では、商品を人間のモデルに着せる必要があります。
  • キッズ&ベビー服の全ての画像には、平置きの(モデルが着用していない)写真を使用してください。
  • シューズのメイン画像では、片方の靴を左向きに45度の角度で表示する必要があります。

メイン画像の注意点について

商品画像にはメイン画像とサブ画像があります。

メイン画像にも細かい規則がありますのでこちらも覚えておきましょう。

  • メイン画像の背景には純粋な白を使用する必要があります。純粋な白とは、RGBカラー値が(255, 255, 255)で、Amazonの商品検索画面や商品詳細ページによく調和します。
  • メイン画像は、実際の商品のプロフェッショナルな写真でなければなりません(グラフィック、イラスト、モックアップ、代替品は許可されていません)。購入者の混乱を招く可能性のある付属品や小道具は表示しないでください。
  • 商品の上部または背景に、テキスト、ロゴ、縁取り、カラーブロック、透かし、その他のグラフィックが配置されているメイン画像は使用できません。
  • 1つの商品を複数のアングルから見た画像をメイン画像に含めることはできません。
  • メイン画像には、販売する商品全体が写っている必要があります。ジュエリー(ネックレスなど)を除き、商品が画像フレームの端に触れたり、画像フレームの端で切り取られたりしてはいけません。
  • メイン画像には、パッケージを外した商品が写っている必要があります。輸送箱、バッグ、ケースは、商品の重要な特徴でない限り、画像に表示しないでください。
  • メイン画像には、座っている、膝をついている、もたれかかっている、横たわっている人間のモデルは使用できません。ただし、補助技術(車椅子、義肢など)を用いてさまざまな物理的な動きを表現することは奨励されます。
  • セット品の服&ファッション小物、シューズ&バッグのメイン画像は、商品を平置きにした(モデルが着用していない)写真を使用します。
  • 服&ファッション小物のメイン画像では、マネキンの外観(透明、無地、肌色、フレームワーク、ハンガー)にかかわらず、マネキンの一部を写さないでください。
  • レディースおよびメンズ服のメイン画像では、商品を人間のモデルに着せる必要があります。
  • キッズ&ベビー服の全ての画像には、平置きの(モデルが着用していない)写真を使用してください。
  • シューズのメイン画像では、片方の靴を左向きに45度の角度で表示する必要があります。

Amazonの商品画像は原則白背景のものしかないと思います。

また、白背景でも他のショッピングサイトでよく見かけるような画像周りに最新版!!や人気商品!!などテキスト付きの画像などもNGです。

すべての規則をしっかり守らなくてはいけないので他の商品と差別化するのは正直かなり難しいです。

サブ画像の注意点について

サブ画像とは2枚目以降のメイン画像以外の画像を言います。

サブ画像は白背景でなくてもOKです。

サイズはメイン画像と同じ規定がありますが、テキストで商品の魅力などを表示させることができます。

メイン画像で伝えきれないよう商品の強みや使い方、魅力などを盛り込めるように画像作成をしましょう。

Amazonの商品画像で大事なこと

Amazonの画像は規定がありますが、より商品が良く見えて売れるようにするために以下の点に気を付けて画像を設定しましょう。

①画像サイズ

Amazonの商品画像にはズーム機能があります。

カーソルを合わせると商品を拡大することができます。

ここにも規則があり、

「最長辺のいずれかか1000ピクセル以上」

でズーム機能を利用することができます。

手に取って見れない分、購入者はズーム機能を使い商品の細部をしっかりみたいと思っていますのでぜひこの機能を使い購入されやすくしましょう。

②スマホ版に向けた画像の最適化

Amazonのショッピングでは半数以上がスマホで商品を見ています。

スマホとPCでは商品の表示が違ってきます。

スマホではメイン画像+サブ画像が6枚になり、スクロールしないとすべての商品画像を見てもらうことができません。

サブ画像を最後まで見てもらうために、ストーリーをつくり購入者に興味を持ってもらえるように画像を作成していきましょう。

③薬機法に注意しましょう

ビューティーや食品などを扱う際に気を付けなくてはいけないのは薬機法です。

使ってはいけない表現や画像に注意しましょう。

このような商品を扱う方は薬機法を確認ししっかりと守るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Amazonのメイン画像、サブ画像についてご紹介しました。

Amazonで商品を売る際に一番大事なのは商品画像です。

ネットショッピングでは直接商品を触ったり近くで見られない分商品画像を参考に購入を決めます。

しっかりと画像で商品の魅力が伝わるように規則を守りながら商品画像を準備しましょう。

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

EC STARs Lab.代表の中村が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ


国内メーカー仕入れに特化したセミナーはコチラから↓↓

 

弊社が出版した書籍一覧はコチラから↓↓

 

シェアしていただけると光栄です!!

ABOUT US

アバター画像
中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。