amazon物販【国内メーカー仕入れ】利益率を上げる4つのポイント

amazon 利益率 国内メーカー仕入れ

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

 

【amazon物販】割賦販売法の審査について

先日取り上げた「割賦販売法の審査」が問題になっている件ですが、コンサル生全員が許可され、無事解決いたしました!!

https://gyazo.com/e263abdb918123379ddf819a7d1376ac

こんな感じで盛り上がって、ほんと良かったなーと思います。

 

正しいことやってるのに、解決しないわけないですからね。

だから、今もし同じように困っている人がいても、解決するので絶対大丈夫ですよ^^

少しでもこれが励みになればです!

 

利益率を上げる4つのポイント

ではでは、本日は「利益率を上げる4つのポイント」について、動画を送らせて頂きます。

物販を行うにあたって利益率を上げたいのは当然のことですが、メーカー仕入れにおいては利益率を上げるポイントは「4つ」のみです。

メーカー取引だけでなく、全ての物販がそうだと思うので、ぜひ最近の状況も含めた動画を見てください。

【国内メーカー仕入れ】利益率を上げる4つのポイント

 

目次:

① 新規の取引先を増やす
(より良い取引先開拓のため、量か質か自分の性格を考えて)

② 既存の取引先へのアプローチ
(追加発注時の価格交渉、zoomや会いに行くなどの差別化で信頼関係を構築する)

③ 配送回りのコスト削減
(代行会社に量を送れるよう工夫、障がい者施設の活用、amazonへの直送)

④ 利益率が低い取引先との関係を見合わせる

この4点を意識してみてください^^

何れも当たり前のようで、国内メーカー仕入れの作業に慣れてくると見落としがちなポイントになっています。

 

それぞれ関連記事も紹介しますので、興味のあるものからあわせてご覧になってみてください。

①新規の取引先を増やす

amazonメーカー仕入れはメールの数量を増やすだけではダメ!メーカー取引数と利益を増やすために重要なことは?

既存の取引先へのアプローチ

メーカー仕入れでライバルと差別化して長期利益安定する方法とは?

③配送回りのコスト削減

アマゾン転売(せどり)ビジネスは配送回りのコスト意識が意外と重要

④利益率が低い取引先との関係を見合わせる

【国内メーカー仕入れ】見積りをすぐくれるメーカーがダメな理由

 

最後に

本日はamazon物販の国内メーカー仕入れにおいて、利益率を上げる4つのポイントを動画で紹介いたしました。

頭が整理されたのではないでしょうか?^^

国内メーカー仕入れは継続していけば必ずと言っていいほど成果を出せるビジネスモデルになっています。

実際多くのコンサル生が成果を上げて、人生を豊かにすることができています。

【EC STARs Lab】コンサル生の声まとめ

少し実践しただけで「儲からない…」といってやめてしまうのは本当にもったいないです。

もし壁に当たっても、必ず乗り越えられますので引き続き継続してもらえればと思います
^^

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。