メルカリ転売(せどり)で初心者でも効率的に稼ぐコツとは?

メルカリ 転売 コツ

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

メルカリ転売(せどり)には、大きく分けて次の2種類があります。

①amazonや楽天などで安く商品を仕入れ、メルカリで販売する

②メルカリで安く仕入れ、amazonや楽天などで販売する

どちらにしても、効率的に稼ぐためにはちょっとしたコツが必要です。

そこで今回は初心者でもメルカリ転売(せどり)で効率的に稼ぐコツについてお伝えします。

他にも元手0円で手に入るものをメルカリで販売したり、ハンドメイド商品を販売したりする方法がありますが、今回は仕入れが発生する①②に絞って見ていきましょう。

 

 

「メルカリのシステムがメンドクサイ」「メルカリでもう少し稼ぎたい」方は、「せどり転売はamazonとメルカリどっちがいいの? 家事育児でも月40万円」をご参考にしてくださいね。

 

メルカリ転売(せどり)のメリット・デメリット

メルカリ メリット デメリット

冒頭でお伝えしたように、メルカリ転売(せどり)には大きく分けてamazonなどで安く仕入れてメルカリで高く販売する方法と、その逆があります。

この2つの方法には、各々メリットとデメリットがあります。

代表的に、

①amazon仕入れ→メルカリ出品

②メルカリ仕入れ→amazon出品

を例にしてメリット・デメリットをまとめると、次の表のようになります。

 

①amazon仕入れ→メルカリ出品 ②メルカリ仕入れ→amazon出品
メリット ・利用者が多い

・価格破壊があれば安く仕入れ可能

・スマホで完結しやすい

・販売手数料がamazonより安い

・現金化がamazonより早い

・利用者が多い

・値付けの甘い出品者から安く仕入れやすい

・値下げ交渉で安く仕入れられる

・FBA利用で梱包などの手間がない

・amazon購入者とのやり取りがない

デメリット ・転売ヤーは敬遠されやすい

・大量出品ができない

・無在庫販売が禁じられている

・写真撮影や梱包などの作業が手間

・値下げ交渉など消費者とのやり取りが手間

・値付けの甘い出品者が多くて相場が安い

・転売ヤーは敬遠されやすい

・大量出品が難しい

・販売手数料がメルカリより高い

・値下げ交渉など仕入れ時の出品者とのやり取りが手間

 

このように、各々共通するメリット・デメリット、相反するメリット・デメリットがありますが、おすすめは②メルカリ仕入れ→amazon出品です。

メルカリはガチのせどらー・転売ヤーの参入者は少なく、ライトユーザー層が多いです。

そのため値付けの甘い出品者が多く、メルカリから仕入れる際には有利に働くことが多いのですが、出品となると不利に働きます。

それでいて、メルカリ出品は写真撮影が必要で、amazonのFBAのようなサービスもなく、梱包などが手間なので費用対効果が低いです。

 

amazon仕入れ→メルカリ出品で効率よく利益を得るコツ

amazon仕入れ→メルカリ出品で効率よく利益を得るコツ

先ほど「amazon仕入れ→メルカリ出品」はあまりおすすめしないとはいえ、まったく利益が得られないわけではありません。

場合によっては、非常に高い利益率で稼げる可能性があります。

どういうことかというと、amazon転売(せどり)では価格破壊がよく起こりますが、そのような商品を仕入れてメルカリでは適正価格で販売するのです。

 

amazonで価格破壊している商品を見つけてメルカリで出品

転売ヤーの多くが恐れていることが、ライバル過多で価格競争に陥り、挙句の果てに価格破壊してしまうことではないでしょうか?

特に初心者はこの価格競争の巻き込まれやすいです。

実際に転売(せどり)商品はライバルが非常に多く、需要と供給のバランスが崩れ価格破壊を起こすことは少なくありません。

最悪まったく売れなくなり、赤字でも損切りして売らないといけなくなることがあります。

たとえば、amazonで検索していくと、数千円単価の商品が数円程度で売られている商品を見つけることがあります。

しかしamazonで価格破壊が起きても、メルカリで同様の価格破壊が起きているわけではなく、普通に数千円で売られています。

amazonで商品リサーチをしていて、このような商品が見つかったら、仕入れてメルカリに出品し、適正価格で売ると良いでしょう。

ただし、送料や手数料も考慮して、十分な利益が確保してくださいね。

また、メルカリでは値下げ交渉が当然のように起こるので、値下げを見込んだ価格設定をしておくと良いでしょう。

 

仕入れた商品がamazonで価格破壊したときにメルカリで出品

なお、ご自身でamazon転売(せどり)をやっている場合、国内の他サイトや中国から仕入れた商品が価格破壊を起こしてしまうことがあります。

それだけ、単純転売(せどり)は価格破壊が頻繁に起こります。

また、amazonの販売規制はどんどん強くなってきていますから、今まで販売できたのに、販売が難しくなってしまったケースもあります。

不良在庫を抱えるのは当然嫌なことなので、滑り止めとして販路を変えてメルカリなどで売ると良いでしょう。

国内の他サイトや中国輸入商品から仕入れた商品が価格破壊を起こした場合は、滑り止めとなる販路を用意しておくと安心です。

詳しいことは、メルカリを使ったせどりって?の記事で書いています。

 

 

あわせて読みたい記事

「メルカリでもう少し稼ぎたい」方はこちらを参考にしてくださいね^^

amazonでは評価をもらわなくても入金されますし、値下げ交渉もありません。

「せどり転売はamazonとメルカリどっちがいいの? 家事育児でも月40万円」

 

メルカリ仕入れ→amazon出品で効率よく利益を得るコツ

メルカリ仕入れ→amazon出品で効率よく利益を得るコツ

先ほどお話ししたように、メルカリ転売(せどり)では「メルカリ仕入れ→amazon出品」がおすすめです。

具体的に効率よく利益を得られるコツについてお伝えしていきます。

 

検索して同じ商品をいくつかリサーチする

メルカリは、amazonのように同じ商品ページでセラーが横並びしているわけではなく、しかもライトユーザーが多いです。

そのため、適正価格を正確に判断して値付けしている出品者は少なく、同じ商品でも値段がバラバラなことがあります。

値付けが甘い分、出品者によって価格が違うのです。

そのため、1人の出品者だけでなく、複数の出品者を見て安く仕入れられる出品者を選ぶようにしましょう。

 

品質が良い商品を探す

メルカリから商品を仕入れる以上、amazonでは新品では売ることはできませんが、中古品であっても、品質の良い商品を仕入れたいもの。

amazon転売(せどり)の場合、状態の悪い商品を売るとクレームが出るだけでなく、amazonアカウント閉鎖のリスクを伴います。

商品が届いてから検品するのは当然ですが、極力不良品をつかむリスクを減らすようにしましょう。

たとえば、出品者によっては商品タイトルに「ほぼ新品」「未使用」「引越し」「在庫処分」などのキーワードを含めている場合があります。

「ほぼ新品」と言いながら使い込んだ商品を出品する不誠実なユーザーもいるので確実なことは言えませんが、品質が良い商品の確率は多少高くなります。

 

目当ての商品を見逃さないようにフリマアラートを活用する

メルカリ仕入れでは、いかに安くて、しかも品質の良い商品を売るかといったことが重要ですが、このような商品は当然ながら人気です。

しかもこのような人気商品は、メルカリでは24時間以内で売れてしまいます。場合によっては10分で売れてしまうことも。

メルカリで欲しい物を買おうとしたら、すでに売れてしまっていたという経験をした方はたくさんいるでしょう。

そのため、欲しい商品のキーワードに合致した商品をプッシュ通知で教えてくれるアプリ「フリマアラート」を使うと良いでしょう。

常にメルカリで商品チェックするわけにはいきませんから、フリマアラートは、メルカリ仕入れの場合はかなり重宝するはずです。

メルカリ仕入れでは、安く、品質の良い商品を、いかに素早く手に入れるかが重要になってきます。

 

値下げ交渉する

メルカリのメリットでもあり、デメリットでもあるのが、値下げ交渉です。

メリットは、誠実な姿勢で値下げ交渉することで、安く仕入れることができる点。

デメリットは、値下げ交渉のやり取りが時間的に負担であること。

値下げ交渉は、メルカリ出品者側も仕入れる側(消費者)も試行錯誤していますが、基本的には誠実な姿勢で相手とメールのやり取りをすることがコツです。

値下げ交渉や、フリマアラートについては、メルカリ転売のやり方 メルカリ仕入れの具体的方法の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

最後に

以上、

①amazon仕入れ→メルカリ出品

②メルカリ仕入れ→amazon出品

の場合で効率よく稼ぐコツについてお伝えしました。

他に、メルカリでは元手0円で、しかも普段ならゴミ箱に行くようなものが意外と売れたりします。

なかなか意外なものが売れたりするので興味のある方は、フリマアプリのメルカリ転売で稼ぐ・儲かる・売れるもの【おすすめ商品10選まとめ】の記事もご覧になってみてください。

 

ただしメルカリ転売(せどり)は、いずれの方法を取るにしても中古品販売が前提となり、しかも大量出品が難しく、継続的に利益を得るのは難しいです。

基本的には常にリサーチを続けなければいけませんし、必ずしも利益率の高い商品に出会えるとも限りません。

しかも、私は「メルカリ仕入れ✕amazon出品」がおすすめと言いましたが、そもそも単純転売(せどり)はレッドオーシャンです。

記事中にも書きましたが、常にライバルとの価格競争に晒されることになり、なかなか商品が売れません。

ライバルとの差別化を図り、リピート仕入れで安定した利益を得たいという方は、やはりメーカー直取引をおすすめします。

 

あわせて読みたい記事

「メルカリでもう少し稼ぎたい」方はこちらを参考にしてくださいね^^

amazonでは評価をもらわなくても入金されますし、値下げ交渉もありません。

「せどり転売はamazonとメルカリどっちがいいの? 家事育児でも月40万円」

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。