amazonで転売するせどりは長期的なビジネスになるのか?

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

このブログを読まれている方は、本業の給料だけでは生活が大変だったり、年金だけでは老後が心配といった、様々な理由で物販ビジネスをご検討されていると思います。

理由は何にせよ短期的な収入よりも長期的に得られる収入の方がいいですよね?

今回はせどり(転売)が長期的な収入を得るのに適しているのかを書いていきますので、ぜひ最後までお付き合い頂ければ幸いです。。

 

 

せどり・転売は規制だらけで長期的なビジネスとしては怪しい

近年、地球の環境変化などによる自然災害がとても多く発生しているように思います。

農家や漁業、交通機関などの停止で、生活そのものや経済的な被害は相当なものでしょう。

床下浸水などでお店の商品が廃棄処分になり、運転再開までにとても時間がかかったりと、経営のリスクは高まっていくばかりです。

最近ではコロナの影響もあり、これはどの業態の方々もかなりの損失が出ているかと、、

 

そんな中でもインターネットを使って行うビジネスというのは、どこにいてもパソコンがあれば仕事を行うことが出来ますし、どこかに出勤する必要もありません。

例えば自然災害の発生で多少売上の変動はあるかもしれませんが、仕事が出来なくなるような被害を受けることはないと思います、固定費もかかりません。

 

このインターネットを使ったビジネスでとても人気なのが、「せどり」ですが、転売先はほとんどの方がamazonヤフオクの2択です。

(メルカリもありはしますが、ビジネス用途はNGなので、ここでは省きます)

他に自社サイトを作成し運営することも可能ですが、販売どころかショップを認知してもらうだけでもかなり苦労します、、これは私が経験したことです。。

 

amazonやヤフオクというプラットフォームを活用してビジネスが出来るということは、大型ショッピングモールにいきなり出店させてもらえるようなもので、集客の必要がまずありません。

そういった意味でも、こういったamazonやヤフオクなどのプラットフォームを用いたビジネスを私はオススメしています。

 

あわせて読みたい記事

 

せどり(転売)や物販ビジネスを行う上での一番の懸念は、各プラットフォームのルールに従って販売をしなければいけないという点です。

私はamazonで大きな利益を出せるようになりましたが、スタートした時から現在に至るまで数え切れないほどの規約変更が行われてきました。

 

その変更に対応できずに消えていったせどらー、転売屋さん方を数多く知っています。

 

せどりを行うこと自体はとても簡単で収益スピードも再現性も高いのですが、例えばamazonだと転売品は規約に触れる部分も多いです。

新品として出品する場合の規約もございます。

 

「新品」として出品できない商品の規約

以下の商品は、amazonで「新品」として出品することはできません。

個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品。

メーカー保証がある場合、購入者がメーカーの正規販売代理店から販売された商品と同等の保証(保証期間など)を得られない商品(例えば、メーカー保証がある場合に、すでにメーカーが定める保証期間が始まっている、または保証期限が切れている商品など)。

 

上記はamazonサイトから抜粋したものです。

 

個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品や、購入者がメーカーの正規販売代理店から販売された商品と同等の保証(保証期間など)を得られない商品は、新品として出品できないと明記してあるので、ネットフリマやネットオークションで仕入れた商品は完全にNGです。

 

amazonを使ったせどり・転売は本当に儲かるのか?」にも書いていますが、私の個人的な結論としては、「プラットフォーム側のアカウントリスクがあるため、せどりや転売は長期的なビジネスにはならない」です。

 

せどり・転売はビジネスとして協力を得ることができない

ネットフリマやネットオークションがダメということは、メルカリやヤフオクからの仕入れができないということになりますね。

となると、必然的にちゃんとした業者からの仕入れのみとなるわけですが、じゃあどこから仕入れたら良いのか?というわけで、せどり(転売)の仕入れ先に「せどり・転売ができる仕入れ先をまとめてみました!」にまとめておりますので、よければご参考ください。

 

またせどり(転売)は初心者であればあるほど規制が多いビジネスです、実は初心者の方は出品できないメーカーも数多く存在します。。

 

出品申請が必要なおよそのメーカー一覧

・エプソン

・キャノン

・カシオ

・ディージェイアイ

・キャプテンスタッグ

・ブラザー

・ベンキュージャパン

・オリンパス

・ソニー

・パナソニック

・富士フイルム

・ペンタックス

・リコー

・タムロン

・シグマ

・エルゴベビー

・バンダイ

・タカラトミー

・レゴ

・セガトイズ

・ジブリ

・コールマン

 

今わかるだけでもこれだけあって、実際はまだまだあります。。

 

はっきりとしたことは公にされてませんが、上記のような出品規制をクリアするには継続年数や売り上げ、アカウント健全性が大きく影響していると言われています。

 

私の場合ですが、転売をはじめて間もない頃にクリアできなかったメーカーが、売り上げが高くなった段階で申請してみると解除することができました。

通常これらの申請をクリアするためには、正規ルートからの仕入れであることを証明するための書類を提出して、それが認められれば出品可能となります。

 

しかし家電量販店に証明してもらったり、家電量販店の請求書などでは認められません。

卸問屋の請求書や、正規のメーカーからの請求書である必要があります。

 

ネットフリマやネットオークションの仕入れが認められていないのは分かりますが、業者であっても量販店などの請求書でクリアできない時点でそういったところからの仕入れは認められていないことと同じですよね?

 

ちなみに出品申請を解除するためにお金を支払って書類を作成するサービスがあったりしますw

正直どうかと思っちゃいます、、

 

せどり(転売)を実践されている方がこういったサービスを利用するケースもあると思いますが、当然amazonが認めているはずはありません。

 

人によって考え方は様々ですが、こういったところをうまくすり抜けながら売り上げを伸ばすことを、果たしてビジネスと言えるのでしょうか?

過去の私はずっと疑問視していました、アカウントが閉鎖されるまでは・・・

 

せどらーや転売屋を締め出すかのようにamazonの規約が変更されて来ているのは事実です。

そのうちそういった裏のサービスではクリアできない条件が追加されるはずです。

 

 

補足として、自分が仕入れようとしている商品に対して申請が必要かどうかを調べる方法をお伝えしておきます。

今回お伝えする方法はモノレートを使って調べるやり方です。

 

モノレートについて知らない方は、amazonビジネスで使えるツールについて書いた記事「amazon転売のお役立ちツール15選を大公開します」をご覧いただければと思います。

 

________________

【お知らせ】
モノレート(モノゾン)は、終了しました。
最新のおススメリサーチ方法は以下の動画をご覧ください^^

(10分58秒付近から)

 

________________

 

まず、電脳せどりであれば調べたい商品をモノレートで検索して下さい。

店舗せどりであれば調べたい商品をバーコード読み取りアプリを使って読み取ってください。

 

アプリで商品を読み取ると下の画像のような表示画面を確認できると思いますので、赤枠内のあるグラフマークをクリックしてください。

 

 

そうすると画像のようにモノレートのページに飛ぶことができると思います。

 

 

次に、赤枠で囲われた「出品制限」をクリックするとamazonの商品登録ページに変わります。

 

 

赤枠内にある「出品制限が適用されます」をクリックすると次の画面が表示されます。

 

 

今回は制限のない商品なので「出品する」と表示されましたが、制限がある場合は「出品許可申請」と表示されます。

出品許可申請をクリックするだけで出品が可能になることもあるので、一度はクリックするようにしてください。

クリックして書類の提出を求められた場合は諦めるか、書類を用意するしかありません。

 

 

せどり・転売を長期的なビジネスとして実践するにはメンタルが問われる

今回のテーマである「せどりは長期的なビジネスになるのか?」ですが、個人的にはamazonの規約などを考慮するとアカウントリスクもずっと付きまといますし、個人的には長期的なビジネスには再三言いますがならないと考えています。

 

アカウント停止、アカウント閉鎖のリスクと常に隣り合わせの状態だと、売り上げが大きくなればなるほど精神的に疲れるのではないでしょうか?

 

私自身せどり(転売)を実践していたときはそういった精神状態に陥り、アカウントの閉鎖がきっかけで、メーカー取引という手法に取り組むようになったのですが、せどりとは逆にアカウントリスクの心配をすることなく、安心したビジネスが出来ています。

このメーカー取引は、せどりや転売と違い、家族にも友人にも胸を張ったビジネスが出来ています。

 

全ての商品がメーカーから直接仕入れた商品なので、amazonに隠さなければいけないことなど何一つなく、万が一問題が起きてもすべてオープンに話をし解決するに至っています。

 

メーカー仕入れはamazonとか関係なく世間的に確立されたビジネスですし、変な話小売店に卸す側の立場になれたりも可能です。

そういった意味では、amazonだけに頼らずとも事業拡大をすることができますし、せどり(転売)のデメリットはほとんど解決できる手法でもあります。

 

メーカー取引については私自身も本を出版していますし、下記の記事をぜひ読んでください、具体的なメーカー取引の方法が理解できます!!

 

あわせて読みたい記事

転売を続けるならメーカー取引も候補にいれてみてください^^

amazon転売を続けると潰れる理由。メーカー仕入れで転売から卒業し、安定収入を得る方法

 

あなたが長期的なビジネスを求めていたら、上記に解決策が書いてあります。

それからここでは書けなかったですが、、メーカー取引にはアカウントリスクがないこと以外にもっと重要なメリットがあるのです。

だから、読んでみてくださいね^^

 

最後に

本日は、amazonで転売するせどりが長期的なビジネスになるのか、長期的に作業するならば何が必要なのかなどお話しました。

なんだか今回はせどり(転売)のデメリットな部分ばかりになってしまいましたね、、

私が過去痛い目をみたので、それもあってかと思いますが。。

 

ただ何かにチャレンジする前からマイナスなことばかりをならべてしまい行動しなくなるのは良くないので、せどり(転売)を実践される方がいてもいいと思います!

が、、個人的にはせどり(転売)をするならメーカー取引です、海外メーカー仕入れは少し敷居が高いですが、国内メーカー仕入れなら大丈夫です、長期的なビジネスになります。

 

私が実際に書いた本もぜひ見てください、一応過去amazonでベストセラーになっていて、今もわりと売れていますので(笑)

 

カテゴリー1位が見事取れました、嬉しいです!!!!!

 

【重版決定!!】Amazon国内メーカー直取引完全ガイドは全て狙って動いたものである

 

あとは現状せどり(転売)を実践されている方も、せどりで経験したことは必ずメーカー仕入れにも活かされるので、もしせどりに対して思うことがあればメーカー取引を検討してみてください^^

 

それでは、本日もありがとうございました!!

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いですm(__)m

 

メーカー取引について興味を持った方は、是非私の本も読んでみてください^^

無料試し読みキャンペーンは、こちら

amazonからのご購入は、こちら

メールマガジン登録は、こちら
(過去有料で開催した【メーカー取引完全攻略セミナー動画】をプレゼント中!)

LINE@の友達追加は、こちら
(amazonでの稼ぎを飛躍する17個の特典プレゼント中^^)

amazon国内メーカー直取引完全ガイドの表紙

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外輸出・輸入ビジネスへ

カテゴリー記事一覧

amazon物販ノウハウ

amazon物販ノウハウ
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

amazon物販ビジネスで使える全ノウハウをまとめています。これを見るだけでamazon物販ビジネスについての理解が深まるかと思います^^

輸入の知識・海外メーカー取引

輸入の知識・海外メーカー取引
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

海外から商品を輸入する際の知識や、海外メーカーさんとの取引について書いています。海外メーカー仕入れは輸入を経験したことのある方は、必ず通るべき道です。

コンサルティング(お客様の声)

コンサルティング(お客様の声)
実際にコンサル受講した方の生の声

私のamazon物販コンサルティングを実際受けて頂いたお客様の声です。全てありのままを書いてもらっていますので、よければご参考ください^^

副業・独立・起業

副業・独立・起業
amazon輸入転売とは?簡単なリサーチ方法も大公開!

amazon物販ビジネスは副業の方にも、そして独立起業したい方にも最適なビジネスです。まずここでamazon物販ビジネスについて、より深く知って頂きたいと思います。

資金繰り・融資関連

資金繰り・融資関連
amazon輸入はキャッシュフローを意識しなければ潰れる理由

あなたの目標利益を達成するために、資金繰りや融資の話は大事です。ぜひあなたの目標利益を達成するための行動をしていきましょう!

私の培ったAmazonビジネスノウハウを全てつぎ込んで
しかも過去有料で開催した内容を完全無料で公開しております。


合計約5時間にわたる大ボリュームの役立つセミナー動画


合計約5時間にわたる
大ボリュームの役立つセミナー動画です。

これを見るだけで
amazonビジネスの基礎から応用までマスターでき
実際に有料のセミナーに参加した方からは

「取引が決まった」
「利益が上がった」
「安定した仕入れ先が増えた」
「作業効率が上がった」
などなど、沢山の喜びの声を頂きました。

是非あなたの利益アップにお役立てください!
今のうちにゲットしてくださいね^^


期間限定プレゼント中!
「Amazonビジネスで稼ぎを飛躍する17個の特典」


LINE@お友達登録で22個の特典をプレゼント


LINE@お友だち登録で
Amazonビジネスの稼ぎを飛躍する
17個の特典を差し上げています!

コンサルティングにも触れる内容を
包み隠さず話しているので、よければご登録ください^^

「参考になった!!」
という方が多い、魅力的な特典満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です