Amazon物販で大事なこと!メーカーへのメール送信スピードを上げよう

こんばんは、中村裕紀です。

先日のグループコンサルに興味がある方は44名おりました!

予想より多かったのでこのグルコンを迷いなく受けてもらうために
役立つ有料級の無料実践セミナー&説明会相談会を開催します。

明後日6日から案内をスタートしますので興味のある方は楽しみにしていてください^^

実践セミナーは今回もオンラインで行いますので
遠方の方でも誰でも気兼ねなく参加可能です。

なかなか時間が取れない方や副業の方にも参加しやすい時間帯を用意するので
ご都合が良い日時にご参加ください!

さて本日のお話
Amazon物販で大事な「メーカーへのメール送信スピードを上げる方法」についてご紹介いたします。

メーカーにメールを送るまでのスピードが重要です

https://bit.ly/2NLUoaf

この記事で他人とリサーチ速度を比較した結果
個々によってかなりのスピード差があることが分かりました。

あれ以来コンサル生にはセラーの商品をリサーチして
基準を満たしたメーカーをピックアップして
メーカーにメールを送るまでの時間を早めるよう徹底しています。

コンサル生に実践してしているスピードアップ法

毎日希望者のコンサル生からはリサーチ開始時と終了時に
開始報告やメール送信数のチャットが来るので
チャットが慌ただしい大変な感じになっております(笑)

まあこれでコンサル生の利益が伸びれば、全然良いのですがww

あとコンサル生には下記のような表を使いメーカー取引を行なっているセラーの輪の中で
正しくリサーチをしてもらっていますが

リサーチ表のダウンロードはコチラ
https://bit.ly/2oOeF4p

正しくリサーチを行うために必要なこと、パワーセラー蓄積法
https://bit.ly/2nzVwSA
(公開していないのに再生回数500回超え)

このリサーチ表に自分がピックアップした基準を満たしたメーカー名だけを素早く入れ

あとの諸々のリサーチ表の項目埋めやメールを送る作業を外注化したら
かなーりスピードアップするのでは、と思っています。

(前々からコンサル生には言ってますが改めて)

外注化をしてさらに効率アップをしよう

もちろんセラーをリサーチしてメーカーをリサーチ表にピックアップするのは自分ですが
ピックアップしたメーカーにメールを送るのは外注さん、という感じ。

というのもこのリサーチ表に丁寧に諸々の項目をコピペするのも大変だし

メーカーのお問い合わせ欄から色んな情報を入力し、送信するのも少し時間がかかります。

自動入力ツールを使えば簡単ではあるけど、数分かかります。

あとは例えば前日40社ピックアップして翌日に外注さんに渡す形を取ったら
強制力も生まれて無理にでも作業するのではとww

メーカーのピックアップ作業だけに集中しメールを送る作業は外注化すると
たくさんのメールをコンサル生は送れるのか?

また具体的なことはお伝えして、実践してもらおうと思っています!

簡単なコピペ作業とメールを送るだけの作業なら
外注費は月5000円〜1万円ぐらいでいけるでしょうし。

ゆくゆくはセラーリサーチ基準を満たしたメーカーのピックアップ作業や
メーカーとの交渉も外注化したい方が多いですがまずは今日話した内容からですね。

それからメーカーからもらった見積もりと
アマゾンの商品ページを見比べての仕入表へ利益が出るかの落とし込みや精査
この辺も意外に時間がかかるので今後の課題として何か取り組めたらと感じています。

外注化について細分化して考える
https://bit.ly/2wMgGSJ

自分の力をまず上げる必要がありますが上記リンクの全部を最終的には外注化できると良いですね。

初めは業務ごとに外注化すると良いです、
なかなか最初から全部は優秀な方でも出来ないので。

一人に任せず複数でやるのもポイントの一つです、
誰か居なくなっても業務が回るようにしておくべきですね!

ここは自分の課題でもある、頑張ろう!!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はちょっと話がわからない方もいるかもですが
コンサル生に向けて書いた記事のようになりました。

よければご参考ください^^

こちらの記事もおすすめ

→【アマゾン転売は果たして儲かるのか?アマゾン転売で儲かる方法を具体的に解説してみた







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です