国内メーカーの電話対応テクニックについて

こんばんは、中村裕紀です。

お休み中失礼いたします。。

情報発信セミナーですが
明日の23:59をもって終了させて頂きます。

月利100万円以上:大勢
月利200万円以上:複数
月利500万円以上:2名

個人的にこれ以上いっていると思う方1名


かなり大きく稼いでいる方々が
参加してくれることになりそうです。

あと月利100万円いっていないけど
今年中には必ず達成するからぜひ参加したい!

月利60万円ほどですが
参加してはダメでしょうか?
早期に達成する見込みがあります!!

のようなメールが来て
熱い気持ちを頂いたので
その方々は参加して頂くことにしました。

そのため参加の基準を
現在月利50万円以上で
今年中には月利100万円を達成する自信がある方

に変更させて頂きます。

急遽のことで申し訳ないですが、、
そうした方がいいと思ったので、そうしました。

もし今回の条件に当てはまる方はご検討ください。

ご参加はコチラ
https://bit.ly/2xeYeot

参加フォームは
明日の23:59までとさせて頂き
参加希望者の方には6/4中に内容をメールいたします!

それまで返信はしないので、ご了承ください。

さて本日は
国内メーカーの電話対応について
お話いたします。

副業で国内メーカー取引を行っている方は
なかなか電話には出ることができませんが
専業の方は国内メーカーを実践すると、わりと電話が掛かってきますよね。

で、急に電話が掛かってくると
どういったメーカーかも
分からないことがあるので

私は先日お話したリサーチ表などに
そのメーカーの会社概要や
どういった商品かをざっと書いています。

メーカーの担当者も
自社の商品を少しでも理解してくれている人
理解してくれていない人だと
理解してくれている人の方が絶対いいです。

テクニックとして
御社の商品は~が良くて目を引いて売れているから
うちともぜひ取引させてほしい

など言うと、当然何も知らない人より印象が良いです。

なので、リサーチ表にちょっとした内容を
ざっと書いておくと
電話が掛かった時にすぐ対応できます。

相手のことを理解している、知っているよー
というのが電話応対のコツかなと感じますww

あと
国内メーカーから電話が掛かった時
すぐに対応しなければならないと思う方もいますが

すぐに対応しなくてもいいです。

私は自分の作業を電話で邪魔されたくないので
自分の作業が落ち着いた
例えば午後3時以降とか夕方に折り返すようにしています。

こうすることで
自分のやるべきことをやった後に
気持ちよくメーカー担当者と話すことができます。

電話が掛かると
すぐに出たい気持ちは理解できますが
それより自分の作業を優先させてもいいと思いますよ。

専業の方で
けっこう国内メーカーから電話が掛かり
なんか嫌だな、と思う方もいたので
そういう方は時間を決めて電話を掛ければOKです^^

以上、国内メーカーに対しての
電話応対ちょっとしたテクニックと
電話の時間は決めてもいいのでは、でした。

この土日でゆっくり休んで
また来週から頑張っていきましょう^^

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です