国内メーカー取引のAmazonネット独占の取り方

こんばんは、中村裕紀です。

 
先日ご紹介したコチラですが
https://bit.ly/2Hc7gqe

私からは10名近くの方が申し込まれたようです。

面白い内容だと思うので
興味のある方は参加した方がいいと思います^^

 

 
さて本日は
国内メーカー取引のAmazonネット独占の取り方
についてです。

 
独占と言うと
海外メーカーをイメージしがちですが

国内メーカーでも
それに近い状態に持って行くことは可能で
コンサル生には、その方法をお伝えしています。

(全ての国内メーカーに対してうまくいくかはわかりませんが、メーカーと深く付き合うことができ、WINWINの関係になれることが多いです)

 
で、本日コンサル生の方より
下記のようなメールが
国内メーカーより来たと連絡頂きました。

 

 
———————————————————
お世話になっております。○○の○○です。
先日は、ありがとうございました。
また、弊社の○○に関して、いろいろ調べていただき、誠にありがとうございます。

今後、アマゾンの○○販売は、是非、御社のお力をお借りし、
御社のマーケットプレイスにて販売をお願いしたいと考えております。

つきましては、弊社が○○への卸を止め、
御社へ卸し、御社のマーケットプレイスでご展開いただく
今後の流れや、その前のシミュレーションなどを決めていきたいと思います。

弊社は、アマゾンの知識が浅いため、○○様にご指導いただきながら進めていきたく存じます。

お忙しいところ申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。
————————————————————

 
こういったメールが来たということは
ほぼほぼこの国内メーカーの商品を
Amazonで独占的に売ることができ、一人勝ちの状態になるでしょうw

あとは顧客の管理を
メーカーと組んで徹底することが大事だと思います、
卸業だと偽って、Amazonで販売する方もいますからね。

 
ここまで持って行くために
一番大事なのは
まず「Amazon販売」と
正直にメーカー側に伝えることです。

そこからがスタートです。

 
現状被せメーカー取引でも
十分な利益が見込めますが
やはりメーカーとWINWINの関係を築き
深く深く繋がることが大事だと思います。

 
その結果
こういったメールを頂くことは
この上なく嬉しいことですね^^

 
利益はもちろん伸びるでしょうが
今回このような返事を頂いたメーカーさんと
もっともっと仲良くなって
色んなビジネスの展開をしてもらえたらと思いました。

 

 
おめでとうございます!!!!!!!^^
 
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。
 

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

なかなか家を出ないことも多いので
今日から娘との散歩を取り入れてみました!

住宅街なので
あの旦那さんは・・・
みたいな目は少し気になりますが

今日は天気も良く、気持ち良かったです^^

あと今日は
コンサル生のOさんとお話しましたが
絶好調みたいで、
もうすぐ月利100ぐらいはいくのかなと思います。

もうあとはやるだけなので、継続していきましょう!!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP