【Amazon転売】長期的な目線での決断

こんばんは、中村裕紀です。

先月は少し売上が下がりましたが徐々に売れ行きもよくなってきています。

今日12:00時点での売れ行きはこんな感じです。

FBA在庫画面(1ページ目)

http://bit.ly/2g59nPn

http://bit.ly/2erbDjE

http://bit.ly/2ftC2dA

FBA在庫画面(2ページ目)

http://bit.ly/2fLgo7q

自社出荷もあるので

1日250〜300個くらい発送している感じですね。

私の強みは現在進行形で皆さんと同じ土俵に立ってAmazon転売を行っているということです。

なので安心してメルマガ読んでください^^

本物だ!って思ってもらえるよう今後も実績公開していきます。

——————————————

さて本日ですが2メーカーで月収100万円いくための私のとった決断をお話します。

2メーカーで月収100万円いくために実践したこと

私のとった決断それは取引するメーカーを減らしたということです。

2メーカーに資金を全力投球するため利益の出ているメーカー(利益率的に低いとこを選びましたが)との取引をやめました。

この決断はけっこう悩みました。。

利益が出ているメーカーとの取引をやめる

かなり大きいことですよね。。

ただ資金的なことを考えるとこれ以外ないと思いメーカーに頼みこむ形で今の仕入価格をゲットしました。

当時そして現在も課せられている私に対してのノルマは下記のようなものです。

現在私に課せられているノルマ

1メーカー:

*毎月300万円以上仕入れること*

この状態が半年、1年程度続けばさらによい割引きを与えてくれるようです。

2メーカー:

*毎月200万円以上仕入れること*

さらによい仕入値にするためもう少し様子を見たら交渉を仕掛けようと思っています。

合計500万円は最低でも毎月必要ということになります。

今後より長期的に安定して稼げるかを考える

この数字をどう見るかは人それぞれですが大きな金額だと思いませんか?

私は今でもそう思います。

だけどこの決断をしたことでより安定的にビジネスできている正しい判断だったと今は心底思います。

資金が限りなくあるって方ならともかく普通の方なら資金量の限界が見えてくるのが当たり前です。

そのときに長期的に見てどうやったら安定的に継続して稼げるか?

このことを考えるのが重要なのかなと思っています。

まとめ

今日の話は金額が大きくてわからないって方もいるかもしれません。

しかしアマゾン転売を続けていればいつかこういった決断を迫られます。

そのときに今日のことを思い出してくれたらとても嬉しいです。

★こちらの記事もおすすめです。

→【amazon輸入ビジネス初心者が稼ぐために歩む道のりを公開

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。