もう単純転売やめます

こんばんは、中村裕紀です。
 
 
 
最近中国輸入の稼ぎ方について
 
改めて考える時間をつくりました。
 
 
 
 
結果
 
労力に対して
 
利益が伴っていないのでは?
 
という決断にいたっています。
 
 
 
 
私は中国輸入のみ
 
自社出荷(メール便)を多用し
 
かぶせ(いわゆる単純転売)でも
 
商品を販売していますが
 
もうそれをやめようと思います。
 
 
 
 
たしかにまだまだかぶせでも
 
商品を売って利益を出すことはできます。
 
 
配送回りなどのコストも
 
かなり整えているので
 
今のままでも十分利益は伸びるでしょう。
 
 
 
 
 
ただ中国輸入やるなら
 
OEMもっとやるべきだし
 
中国人スタッフにも月10万円ほど渡しているなら
 
その人にしかできない仕事をしてもらおう!
 
と思い立ちました。
 
 
 
(商品リサーチなども自動化しているので
 
もったいないですが
 
それでは先が見えてる気がします。)
 
 
 
 
よって今後の中国輸入展開は
 
・OEM(自社オリジナル商品作成)
・中国メーカーへの交渉
 
です。
 
 
 
 
OEMは既に以前から実践していて
 
近々成果が現れてくるでしょう。
 
 
 
 
そして
 
中国メーカーへの交渉
 
ですが、これは面白いですw
 
普通ではないです。
 
 
 
 
中国人にしか交渉できない
 
中国メーカーへの交渉を仕掛けています。
 
英語での交渉ではダメなんです。
 
中国語で直接電話しないと!
 
なので、中国現地にパートナーがいないと無理ですね。
 
 
 
中国代行業者使ってとかでも
 
できるかもしれませんが
 
中国の人って価格をふっかけてきたり
 
商品の質や保証についてもよく詰めないといけません。
 
けっこう交渉が大変なイメージです。
 
そこを中国人パートナー使ってしっかりやってもらいます。
 
 
 
 
 
昨日時点で
 
そんなメーカー2社に
 
見積もりをもらうことができました!
 
 
 
 
現在1社、上記のようなメーカーを
 
Amazonで販売していますが
 
ライバル少なく、価格も全く崩れません。
 
 
 
たぶん他の人は
 
どこに交渉かけていいのか
 
わからないのだと思います。
 
なにせHPもしっかり作られていないので。
 
中国語のHPしかありません。
 
 
 
 
というわけで
 
狙いどころの中国メーカーにアタックします!
 
 
 
 
 
 
あ、最後に
 
私の中国人パートナー紹介してもらいたい
 
って方いますか?
 
もし興味があれば下記にメールください。
 
 
info@nakamura03.com
 
 
 

それでは、本日もありがとうございました。

このブログを読んで頂いている方々に
少しでも役立つ情報が配信できるよう頑張ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
 

メルマガ登録はこちら
http://bit.ly/2eL4qau
 

感想、質問、相談はこちらへお気軽にどうぞ
info@nakamura03.com

 
 
〜編集後記〜

先日ヤマト運輸から

「うちを使ってくれませんか!」

と電話が掛かってきました。

一番初めに

私が見積もりを依頼した時は

こんな数量ではだめですね、、

と蹴られたのに、今更ですよね。。

ただ料金的にはかなり頑張ってくれました。

佐川との付き合いを大切にすべきか否か、、、

考え中です!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ブログランキング参加中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■無料レポート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ハイブリッドアマゾン転売で利益160万円!
(現在月収200万円以上を毎月継続中です)
~最も効率よく100万円を突破するアマゾン転売手法~

http://bit.ly/2eXcGDI
 
 

□■□━━━━【迷惑メールになっていた場合】━━━━□■□
 

万が一このメールが迷惑メールフォルダに入っていた場合は
フォルダ分けの設定をしていただくことをオススメいたします。

フォルダ分け設定方法
http://46mail.net/index.php?e=info@nakamura03.com

一度ご設定いただくと
今後は私から配信されるメールが迷惑フォルダに入ることはありません。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

発行者:中村裕紀
 

本ブログの著作権は中村裕紀にあります。
文章の引用、他メディアへの掲載を禁じます。
当ブログによって生じた損害についての責任は一切負いません。


PAGE TOP