amazon物販に取り組むならメーカー仕入れが断然オススメです

amazon メーカー仕入れ 物販

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

 

今回は数あるamazon物販の中でも私が特にオススメしている「メーカー仕入れ」についてお伝えしていこうと思います。

よく、せどり・転売と一緒にされてしまうことが多いメーカー仕入れですが、全く違う物販ビジネスです。

今回の記事を読んでいただければ、その違いもご理解いただけると思いますので最後までお読みいただけますと幸いです^^

 

私の拙書「Amazon国内メーカー直取引完全ガイド」でもメーカー仕入れについて、今回の記事では書ききれなかった魅力を余すことなくお伝えしています!興味をお持ちの方はぜひ一度ご覧ください。

 

amazon物販の魅力とは?

amazon メーカー仕入れ 物販

メーカー仕入れについてお伝えする前に、amazon物販ビジネスについてお伝えしたいと思います。

amazon物販はamazonのサイトを利用して、商品を販売するビジネスですが、amazonを利用することで一個人でもビジネスを展開することが可能です。

amazonの売上高は年々伸びており、2021年には2兆5,000億円という私たちには想像もできないくらいの売上を記録しました。

amazon メーカー仕入れ 物販

また日本人の3人に1人がamazonで購入したというデータもあり、日本最大級の集客力を利用しない手はないのです。

 

FBAの存在

物販をご自身で始めるとしたら・・・と想像してみてください。

まずは実店舗で始めるのか?ネットショップを立ち上げるのか?から始まり、ネットショップならサイトを構築し、出品するための画像やページを自分で作成しなければなりません。

商品が売れたら、梱包して発送、入金確認などさまざまな業務をこなさなければならず、ものすごく手間がかかります。

しかしamazonにはFBA(Fulfillment(フルフィルメント) by Amazon)という、とても便利な機能があり、本来なら自分たちで行う以下の作業をamazonが全部やってくれるのです。

 

amazonが代行してくれる作業
  • 商品の保管
  • 注文処理
  • 梱包
  • 出荷
  • 返品対応
  • 問い合わせ

 

こんな便利な機能をこれから物販を始めるのであれば、使わない手はありません。

FBAを使えばFBAの倉庫に納品するだけで、あとは売れるのを待つだけでいいのです。

一日に何十個、何千個と売れようと私たちの手間は一切増えません。

このような仕組みがあるので、物販未経験の初心者の方や時間がない副業の方でも利益を伸ばしていく事が可能になってくるのです。

 

メーカー仕入れのメリット・デメリット

amazon メーカー仕入れ 物販

メーカー仕入れにはたくさんの魅力がありますが、その反面注意しなければならない点も存在します。

この項では、メーカー仕入れのメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット

メーカー仕入れのメリットはいくつかありますが、今回は下記の3つに絞って解説していきます。

 

  • 最安値で仕入れが可能
  • 安定して商品を仕入れる事ができる
  • 利益率(利益額)のアップも狙える

最安値で仕入れが可能

メーカー→卸問屋・代理店→小売→消費者

上記の図が基本的な商流の流れですが、商流の最上流であるメーカーと取引する事で最安値で商品を仕入れる事が可能です。この点がせどり・転売とは大きく違う点ですし、大きなメリットです。

また、仕入れ先は1つなので卸値が安定する点も魅力的です。

安定して商品を仕入れる事ができる

商流の最上流であるメーカーから商品を仕入れるということは、メーカーが商品の生産を止めない限りは長期に渡って仕入れを続ける事が可能になってきます。

せどり・転売の場合、利益が出る商品を次も仕入れる事ができるかは不透明ですし、商品の価格も仕入れ先によって変わってきますので利益も安定しません。

その観点から見ても、メーカー仕入れならリピート発注はメール一つでできますし、常に量も仕入れ価格も一定です。

メーカーから仕入れるだけでこんなにも大きな違いが出てくるのです。

利益率(利益額)のアップも狙える

こちらもメーカー仕入れならではのメリットです。

先ほどメーカーと取引する事で、最安値で仕入れができるとお伝えしましたが、実は更に仕入れ価格を安くすることも可能なんです。

メーカー仕入れは、基本メーカーと信頼関係を構築して取引していくことになります。

簡単に言うと、信頼関係を構築できれば最安値よりもっと安い仕入れ価格で購入できるようになるのです。この場合、メーカーからはもっと多く買ってほしい!とお願いされるケースもありますが、自分だけの仕入れ価格を実現できるので他のライバルと差をつけることが可能になります。

 

メーカーとの信頼関係を構築については以下の記事でもお伝えしていますので、よろしければ参考にしてみてください^^

メーカー仕入れは儲からないの?そんなことはありません!!

 

デメリット

続いてデメリットについてです。

 

  • 資金がそれなりに必要
  • 副業の場合、電話や商談が難しい

 

資金がそれなりに必要

メーカー仕入れの場合、初回の取引では現金前払いを指定されることが多く、ある程度は資金が必要になってきます。こちらもメーカーと信頼関係を構築することで「掛払い」にしてもらえることも多いので、こうなれば資金繰りは良くなってきます。

私のコンセル生の方には最初に最低でも100万円の資金を用意してくださいとお伝えしています。

メーカーから安定した量を購入するためには、やはりある程度まとまった資金は必要になってくるでしょう。

物販は資金力勝負の面も正直言ってあるので、資金は多く用意できるに越したことはないと考えます。

副業の場合、電話や商談が難しい

この場合の「難しい」は経験が無いからということではありません。

メーカーとの電話や商談はどうしても平日の日中がほとんどになってきます。そのため時間的制約があるので難しいのです。

メーカーと信頼関係を構築するには電話で話したり、直接会うことが非常に大切になってきますが、副業の方はどうしてもできない方もいらっしゃると思います。

だからといって諦める必要は全くありません。

私は本業の休憩時間を使って電話をしたり、本業が終わってからすぐメーカーに向かい商談をしたりなど、自分が置かれている環境下で最大限工夫をして成果を出していった方を多く見てきました。

また、メールだけでも丁寧に対応することで信頼関係を構築した方もいらっしゃいます。

メーカーとの信頼関係を築くための方法は一つではありません。

大切なのは、メーカーに対してどれだけ真摯に丁寧に対応できるかです。

どんな方でもこれを忘れなければ、必ず信頼関係を構築できますので安心していただければと思います^^

メーカー仕入れは個人事業主でも全く問題ありません^^

 

メーカー仕入れは「win-win-win」のビジネス

amazon メーカー仕入れ 物販

メーカー仕入れは消費者やメーカー、そして販売者である私たちみんながメリットのあるビジネスです。

それぞれの視点から見ていきましょう。

消費者

消費者にとってはメーカーからの正規品が提供されるので、品質がしっかりした商品を購入することできます。転売の時のような不良品や偽物を掴まされる心配がないので、安心して商品を購入することが可能です。

メーカー

メーカーにとっては、amazon販売をすることによって販路拡大に繋がります。

また私たちがメーカーの悩みに対し、真摯に丁寧に対応することでamazon販売の管理を任せてもらえるケースもあります。仮にメーカーが自社でamazon販売を管理しようと思うと、社員にamazonを勉強してもらわなければいけませんので、そこに時間とコストがかかってきます。

しかし、amazonの事を知っている人に任せることで全く逆のことが起こってきます。

もうすでにamazonの事を知っているので、すぐに任せることが可能ですし、商品を卸すことでメーカーの売上に繋がるのです。まさに一石二鳥です^^

メーカーからすればこんなに嬉しいことはありません。

これはメーカーにとっても私たちにとっても喜ばしいことなのです。

販売者(私たち)

メーカー仕入れは最安値で仕入れができることはもちろんのこと、前項でもお伝えしたように安定して仕入れができるので、利益が積み上がるビジネスモデルです。

今月1万円の利益を得られるメーカーが見つかったら、翌月もその利益が残ります。

そして翌月には1万円の利益が得られるメーカーが4社見つかりました。

すると5万円の利益を得ることが可能です。

このように毎月5万、10万、15万と階段状に積み上がっていきます。

そして再三お伝えしているように、メーカーと信頼関係を構築できれば可能性はもっと広がります。

セラーの限定化や、さらに独占販売も可能です。

こうなればもう価格競争の心配は必要なくなりますし、誰も不幸にはなりません。

 

メーカー仕入れは誰に対しても胸を張って言える、本当に素晴らしいビジネスなのです!

 

最後に

ここまでメーカー仕入れのオススメな点についてお伝えしてきました。

 

メーカー仕入れの魅力については今回の記事で書ききれなかった部分もあり、まだまだお伝えしたいのですが、めちゃくちゃ長文になってしまうので今回はこのあたりで止めておきます(笑)

しかしこれは冗談ではなく、さらに発展性のあるビジネスですしメーカー仕入れはただ商品を仕入れて販売するだけではない、メーカーと信頼関係を構築するからこそできることもあります。

ぜひメーカー仕入れにチャレンジしていただき、この記事を読んでくださったあなたにもメーカー仕入れの素晴らしさを体感してほしいと思います^^

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。