Amazonマケプレプライムについて

こんにちは、Amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

FBAを利用せずに自社出荷してもAmazonプライム対象商品として販売することができる「マケプレプライム」について解説いたします。

マケプレプライムとは

出品者が自社出荷する商品でもアマゾンプライムの対象として販売することができるプログラムです。

本来、Amazonプライム対象商品として販売するにはFBAを利用することが必須でした。

しかし、自社出荷を希望する事業者が多いため、条件を定めクリアすることができた場合に対してAmazonプライム対象商品として認められます。

マケプレプライムの参加条件とは

マケプレプライムに参加するためにはトライアル期間中にAmazonが定めた条件をクリアする必要があります。

  1. お急ぎ便の提供
    プライム対象地域として任意の地域にお急ぎ便を提供します。
  2. プライム会員に対して配送無料で提供
    任意の地域外を除き、プライム会員に対して配送を無料で提供します。
  3. 追跡可能な配送方法の利用
    自社出荷する事が可能ですが、配送会社や配送方法は条件を満たす必要があります。
    ・ヤマト運輸:宅急便、宅急便コンパクト、ネコポス、宅急便タイムサービス
    ・日本郵便:ゆうパック、レターパック(ライト/プラス)
  4. 返品・返金対応はAmazonのポリシーに基づく
  5. 配送品質基準
    ・期日内配送率が96%以上
    ・追跡可能率が94%以上
    ・出荷前キャンセル率が1.0%未満

マケプレプライムのメリット

  • Amazonプライム対象商品になる
  • ショッピングカートを優先的に獲得できる
  • FBAで取り扱い出来ない商品でもプライムマークを付けることができる
  • Amazonカスタマーサービスが利用できる

などです。

マケプレプライムのデメリット

  • 即日発送や翌日到着に条件を満たさなくてはいけないので出荷・配送でのミスがおこる
  • プライム会員に対しての無料配送サービスで送料を負担することになり利益率が下がる
  • 条件クリアのための基準が高く、社内の労力の負担になる可能性がある

などです。

マケプレプライムは導入するべきか

プライムマークはAmazonユーザーにとっては浸透度、信頼度の高さもありプライムマークの有無で購入を決める人も多いと言われています。

プライムマークは売上に大きく影響するといっても過言ではないと思います。

マケプレプライムは配送関係の条件なのでクリアできれば売上が増加する可能性は大いにあり導入することをおすすめします。

しかし、社内の負担が大きかったり、数字の変化を感じないということでしたら再度検討してみるといいと思います。

まずはトライアルに参加して条件クリアに挑戦してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はマケプレプライムについて解説いたしました。

  • Amazonで売上が伸びない
  • FBA対象の商品ではないものを扱っている

などの方はまずはマケプレプライムに参加してみましょう。

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です