Amazonでのカート獲得の意味と方法

こんばんは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

今回はAmazonでショッピングカートを獲得するための方法についてまとめてみました。

「カートを獲得する」ことは店舗を運営する上では重要な課題となります。

ぜひ参考にしてみてください。

Amazonでカートを獲得するとはどういうことか?

Amazonで物販をする際にとても重要な「カートを獲得する」について説明します。

Amazonのルールでは、同一商品は新たな商品ページは作成せずに、既存の同一商品のページに出品します。

そのため、その商品ページには複数のショップが販売していることになります。

そのページの目立つ位置に表示されるのは一つの出品者のみでそれ以外の出品者は表示されません。

この目立つ位置に表示される出品者になることをAmazonでショッピングカートを獲得すると言います。

Amazonで獲得するメリットとは

カート獲得することが出来ると商品ページの「カートに入れる」ボタンをユーザーがクリックするだけで自社の商品が注文されることになります。

カートを獲得しているときとしていない時とでは売上はかなり変わってきます。

また、カートを取れている場合は「Amazonスポンサープロダクト」の利用できるようになるため広告を使用しよりユーザーの目に止まる機会を増やすことが出来ます。

Amazonのショッピングカートを獲得することにより売上の大幅アップが期待出来るのです。

Amazonのカートを取る条件とは?

売上アップのためにはカートを取りたいですよね。

カートを獲得するためにはAmazonが設定した条件を満たさなくてはいけません。

※この条件を満たしていてもショッピングカートを絶対に獲得出来るわけではありません。

  • 出品形態が「大口出品」を選択していること
  • パフォーマンス指標(注文不良率、キャンセル率、出荷遅延率)の値が良いこと
  • 一定の注文数を満たしていること

Amazon「ショッピングカートボックス利用資格あり」を参考にしてみてください。

Amazonでカートを取る方法とは?

Amazonで設定された条件を満たしたからといってショッピングカートが獲得出来る訳ではありません。

ライバルたちもカート獲得を狙っている訳ですからAmazonから指定されている基準は必ず満たしていると思います。

そこで、自分だけがカートを獲得するにはどのような対策をとったらよいのでしょうか。

①ポイントを付与する

販売価格が安い所がカート獲得の重要要素と言われています。

そこでユーザーにお得感を与えるためにポイントを付与します。

付与したポイントは売上から引かれるため実際は値下げしているのと同じにはなってしまいますが、ユーザーにお得感を与え、リピート促進にも繋がります。

②発送を出来るだけ迅速に

注文を受けてから発送までの日数をリードタイムと言います。

Amazonで商品を買うユーザーは購入したらすぐに届いてほしいと考えている方が圧倒的に多く、リードタイムが短いという理由で購入する方がたくさんいます。

リードタイムを出来るだけ短くし、受注後は迅速に商品を発送するようにしましょう。

③FBAを利用する

FBAを利用することで注文を受けてからのパフォーマンスを上げることが出来ます。

梱包から発送、返品までもAmazonが代行してくれるため、受注体制をお任せすることでパフォーマンスが上がりカート獲得することができる可能性があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はAmazonでのカート獲得の意味と方法についてまとめてみました。

カート獲得は売上に大きく影響します。

出品したからにはカート獲得を狙ってしっかり頑張っていきましょう。

 

 

少しでも今回の情報がお役に立てると幸いです^^

今後も有益な情報を発信していきますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

メーカー仕入れに少しでも興味を持った方は、ぜひ✅メルマガ✅LINEにも、ご登録ください。

メルマガでは過去有料で開催した「メーカー取引完全攻略セミナー動画」を大公開!!

LINEでは「書籍を買った人だけに差し上げている超有料級の3特典」をプレゼント中です!!

より詳細にメーカー仕入れについてお伝えしていますので、本日の記事以上にあなたのお役に立つ情報をお届けしていきます^^

 

メルマガ登録はコチラから

 

LINE登録はコチラから

 

 

メーカー取引について興味を持った方は、ぜひ私の本も読んでみてください^^

 

無料試し読みキャンペーンは、コチラから

amazonからのご購入は、コチラから

 

メールマガジン登録は、コチラから

(過去有料で開催した【メーカー取引完全攻略セミナー動画】をプレゼント中!)

LINE@の友達追加は、コチラから

(amazonでの稼ぎを飛躍する17個の特典プレゼント中^^)

 

 

*ベストセラーにて増補改訂版発売中*

国内メーカー仕入れ

 

*海外メーカー仕入れ本も好評発売中*

海外メーカー仕入れ

 

 

 

 

Instagram・Twitter・youtubeも日々頑張っています!!

よければフォローください^^

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

ABOUT US

中村裕紀amazon物販コンサルタント
1984年生まれ。2022年現在37歳、二児の父。

介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。

2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。

その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。


現在は法人8期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。


同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab(現在会員数175名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

新刊キャンペーン

国内メーカー直取引を学ぶならこちら LINEのお友だち登録はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外輸出・輸入ビジネスへ

カテゴリー記事一覧

amazon物販ノウハウ

amazon物販ノウハウ
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

amazon物販ビジネスで使える全ノウハウをまとめています。これを見るだけでamazon物販ビジネスについての理解が深まるかと思います^^

輸入の知識・海外メーカー取引

輸入の知識・海外メーカー取引
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

海外から商品を輸入する際の知識や、海外メーカーさんとの取引について書いています。海外メーカー仕入れは輸入を経験したことのある方は、必ず通るべき道です。

コンサルティング(お客様の声)

コンサルティング(お客様の声)
実際にコンサル受講した方の生の声

私のamazon物販コンサルティングを実際受けて頂いたお客様の声です。全てありのままを書いてもらっていますので、よければご参考ください^^

副業・独立・起業

副業・独立・起業
amazon輸入転売とは?簡単なリサーチ方法も大公開!

amazon物販ビジネスは副業の方にも、そして独立起業したい方にも最適なビジネスです。まずここでamazon物販ビジネスについて、より深く知って頂きたいと思います。

資金繰り・融資関連

資金繰り・融資関連
amazon輸入はキャッシュフローを意識しなければ潰れる理由

あなたの目標利益を達成するために、資金繰りや融資の話は大事です。ぜひあなたの目標利益を達成するための行動をしていきましょう!

私の培ったAmazonビジネスノウハウを全てつぎ込んで
しかも過去有料で開催した内容を完全無料
公開しております。


合計約5時間にわたる大ボリュームの役立つセミナー動画


合計約5時間にわたる大ボリュームの
役立つセミナー動画です。

これを見るだけでamazonビジネスの基礎から応用までマスターでき実際に有料のセミナーに参加した方からは

「取引が決まった」
「利益が上がった」
「安定した仕入れ先が増えた」
「作業効率が上がった」
などなど、沢山の喜びの声を頂きました。是非あなたの利益アップにお役立てください!今のうちにゲットしてくださいね^^


期間限定プレゼント中!
「Amazonビジネスで
稼ぎを飛躍する
17個の特典」


LINE@お友達登録で22個の特典をプレゼント


LINE公式アカウントのお友だち登録で
Amazonビジネスの稼ぎを飛躍する
17個の特典を差し上げています!

コンサルティングにも触れる内容を
包み隠さず話しているので、よければご登録ください^^

「参考になった!!」
という方が多い、魅力的な特典満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。