amazonの売れ筋ランキングの仕組みについて

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

amazonで物販をしている方にとって、商品のランキングは重要な情報であり、仕入れるかどうかの判断などで参考にしている人がいらっしゃると思います。

しかし、amazonランキング上位なのに全然商品が売れていかなかったり、逆にランキングはそれほど高くないのに商品が動くなんてことがよくあります。

今回はamazonランキングの仕組みについて解説していきます。

amazonランキングの仕組みを知ることはこの先の売上に影響してきますのでぜひ参考にしてみてください。

 

「Amazonランキング」とは

amazonにはカテゴリーごとの売れ筋ランキングが存在します。

買い手の人もこのランキングを見て商品を選んでいる人もたくさんいると思います。

amazonランキングは1時間ごとに更新されていると言われています。

商品カテゴリー別のamazonランキングの確認方法

商品カテゴリー別の、amazonランキング順の商品を確認する手順について解説します。

(パソコンでご覧になる場合)トップページの左上の三本線の「すべて」をクリックし、「カテゴリー」をクリックしてからさらに「小カテゴリー」を選択します。

「(三本線)すべて」をクリック
カテゴリーをクリックします(ここでは、パソコン・オフィス用品をクリックします。)
小カテゴリーをクリックします(ここでは、「キーボード・マウス・入力機器」をクリックします)

次に、「Amazonランキング」をクリックします。

「Amazonランキング」をクリックします。

「大カテゴリー」のランキングが表示されます。

大カテゴリーのランキングが表示されます。

さらに、左側のメニューをクリックすると、小カテゴリーのランキングがご覧いただけます。

小カテゴリーのランキングが表示されます。

 

またはKeepaというツールを使用することで、すぐに確認することもできます。

Keepaについての詳細は下記の記事を参照ください。

amazon物販に必須のKeepa(有料版)とキーゾンの登録方法と便利な機能を図解で詳細解説!

 

 

ではamazonランキングはどのようにしてランキングを決めているのでしょうか?

amazon公式のヘルプページを見てみましょう。

ランキングがどのように決められているかの仕組みについては、詳しくは開示されていないようです。

amazonランキングには5つの種類があります。

  • 売れ筋ランキング
  • 急上昇ワードランキング
  • 新着ランキング
  • 欲しいものランキング
  • ギフトランキング

せどり・転売にせよメーカー仕入れにせよ、amazon物販を行なっている人が売れ行きを確認するための情報となるのは「売れ筋ランキング」です。

amazonが公表しているのは商品が売れればランキングは上昇し、売れなければ下がり、1つも売れていない商品に関してはランキング対象になっていないということです。

 

amazonランキングが決まる仕組みについて

amazonからはハッキリとした公表がないので憶測になってしまいますが、ある程度の予測は立てることができます。

①最後に売れてからの時間で決まる

売れた数ではなく、最後に売れてからの時間によってランキングが動いています。
1つの商品が売れるとランキングは上昇し、またすぐに売れればさらに上昇していきます。
しかし、それから数時間売れずにいると緩やかに順位は下降していきます。売れれば上昇、時間がたつにつれ下降していくというのを繰り返しているのです。

しかし、全商品でこのようなランキングでは変動が激しすぎてわかりにくいですよね。

実はそうならないためにさらに仕組みがあるのです。

②ランキングは3段構造

ランキングは「上位」「中位」「下位」の3段構造になっています。

上位:1時間以内に2つ以上売れた商品
中位:24時間以内に2つ以上売れた商品
下位:24時間以内に0~1つ売れた商品

このような仕組みが存在しています。

ですので、実際はたまたま1時間以内に数個売れただけでも上位表示されてしまうことや在庫状況などで実は普段はめちゃくちゃ売れる商品が下位表示であったりする現象が起きていたのです。

 

amazonランキングは信用できないのか?

先ほどの内容からamazonランキングは売れ筋商品が分からないということがわかりました。

実際、amazonランキング1位を取ろうと思えば、メルマガなどで●日に商品を購入すればプレゼントがありますと宣伝した場合、その時だけでも瞬間的に1位を獲得することができてしまいます。

もちろんそのあとはランキングが下がっていきますが、そんな風にランキングを変動させることも可能なわけです。

ランキングが信用できないと言われても仕方ありません。

 

またランキング以外に、「Amazonおすすめ」マークなども1つの指標にはなります。

「Amazonおすすめ」マークはamazonが判断して付けているマークですので、全然売れていない商品でこのマークが付くことは考えにくいことが推測できます。

「Amazonおすすめ」マークについては、下記の記事も参考にしてみてください。

Amazonおすすめマーク(旧:Amazon’s choice アマゾンチョイス)とは何か?マークが付く条件考察

 

amazonランキングからわかることは?

順位はあてにはならないのですが、ランキングでよく利用されているのはランキングの変動数です。

定期的にランキングの順位を記録していき、ランキングが上昇した回数を計測していきます。

売れた個数の詳細を知ることはできませんが、1時間ごとに更新されているのである程度上昇を続けている商品なのかたまたま突発的に上がってきた商品なのかを判断する材料になります。

慣れてくると売れ行きなどの予想も立てられるようになるので、他の判断材料と合わせて参考にすると良いでしょう。

ツール等を導入するとより情報を得られますので、興味のある方は下記の記事も参考にしてみてください。

amazon転売(せどり)のお役立ちツール12選を大公開します

 

またamazonには中古品での販売もあります。

中古品が売れてもこのランキングは変動しますのでそこは注意が必要です。

 

最後に

ここまでamazon売れ筋ランキングの仕組みについて解説していきました。

amazonのランキングがあまり信憑性がないことはおわかりいただけましたでしょうか?

売れ筋ランキングだけの情報で判断するのは非常に危険です。

ランキングやツールなどを活用し、出品者数の変動などをよく分析しながら商品需要を図るようにしましょう。

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です