Amazonで商品を販売する方法について徹底解説

ネットショッピング

こんにちはamazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

Amazonは世界的に有名なECサイトなので、あまり知られていない商品であっても多くのユーザーに見つけてもらえる可能性があります。

これから、自社の商品を売りたい方もAmazonへの出品を検討されている方も多くいるのではないでしょうか?

出品はとても簡単にできますが、ますはアカウントを作成したり出品方法、Amazonのサービスなどを理解しておく必要がありますので今回はAmazonで商品を販売する方法について徹底解説したいと思います。

Amazonへの出品方法

出品プランを決める

Amazonへ商品を出品する際に出品用のアカウントを作成しなくてはいけません。

その時に「小口出品」又は「大口出品」かの選択を求められます。

一般的には「大口出品」を選択することが望ましいです。

なぜなら、Amazonでは大口出品にしたら便利な機能を全て利用することが出来るからです。

またAmazonで利益を出すためにはできるだけたくさんの商品を売らなければ運用が難しい場合が多いので多くの商品数を出品するためには大口出品のほうが良いと思います。

月額4,900円と販売手数料がかかります。

 

小口出品は1ヶ月49点まで出品することが出来ます。

1出品ごとに100円と販売手数料が発生します。広告なども出せません。

少量の出品で広告なども必要ない方はコチラを選択すると良いです。

 

出品専用のAmazonアカウントを作成する

Amazon出品用のアカウントを作成します。

こちらを開きます。https://services.amazon.co.jp/

「さっそく始める」

「Amazonアカウントを作成」

必要事項を入力

すべて入力完了し審査結果を待ちます。(結果連絡まで数日かかります)

Amazonへ商品を出品する

商品ページがある商品は新たに違う商品ページを作成するのはルール違反になりますので、既存のページに出品します。

自社製品やAmazonではまだ販売していない商品はセラーセントラル画面から商品を追加していきます。

セラーセントラル画面の
「在庫」

「商品登録」

「Amazonで販売されていない商品を追加します」

新規登録画面が開きますので

  • 製品コード(JANコード等)
  • 出品する商品の情報(コンディション、数量、価格、配送方法等)
  • 出品する商品の詳細(商品名、画像、商品説明等)
  • 検索キーワード
  • メーカー情報

の情報を入力していきます。

Amazonサイトに広告を出してみる

Amazonの大口出品を選択した方は「Amazonスポンサープロダクト」という広告があります。
これを利用すると成約率が上がるといわれています。

「Amazonスポンサープロダクト」は自分の出品した商品と近いものを検索したユーザーに表示してくれます。

商品の発送をする

実際に商品が売れたら発送します。

自分で商品を保管している場合は梱包、発送、アフターなどを全てご自身で行っていきます。

商品数が増えたり、個人で運用している場合は自宅で在庫を保管したり発送、お客様対応はとても大変なのでAmazonの物流サービスを利用することをおすすめします。

Amazonの物流サービスを「FBA」と言います。

別途利用料が必要になりますが、在庫の保管、管理から梱包、発送、返品、お客様対応まで24時間365日代行してくれます。

別途料金はかかりますが、とても効率よく物販が出来ます。

レビューを集める

購入してくれたユーザーが感想などを☆の数で評価してくれる項目があります。

レビューををたくさん集めている商品は他のユーザーの購入意欲を促すことが出来ます。

商品を買ってくれたユーザーに後日Amazonからレビューの誘導メールを送ったり、レビュー投稿者にはクーポンやサンプルをプレゼントしたりと各社レビューを集める工夫をしています。

Amazonへ出品する際の費用について

Amazonへ商品を出品するには色々な費用がかかります。

その費用をしっかりと計算し、値段を決定しなければ赤字になってしまいますので、支払う費用は覚えておきましょう。

販売手数料

大口出品でも小口出品でも販売手数料はかかります。
カテゴリーによって金額は異なりますが概ね8~15%程度かかります。

配送料

大口出品の場合は、重量課金制、商品個数制、購入金額制のうちどれか1つの計算方法が個別に設定されます。
※梱包が特殊な場合は個別の配送料金になる可能性があります。

重量課金制は、「配送1件ごと」の配送料と「1kgあたりの重量」の配送料を合計した金額が配送料となります。

商品個数制は「配送1件ごと」の金額と「商品1点ごと」の金額を合計します。

購入金額制の場合は、1注文あたりの購入金額に応じて配送料が変動します。

オプション料金について

Amazonではオプションも様々用意されています。

それぞれ利用する場合に利用料金と手数料を支払います。

FBAやAmazonスポンサープロダクトなどが多く利用されています。

Amazon物販で成功するポイント

いくら大きなECモールだからと言って簡単に商品が売れるわけではありません。

たくさんのユーザーに商品を見てもらわなくてはなかなか成約に繋げることができません。

失敗しないためにいくつかのポイントをご紹介します。

やみくもに出品せずに戦略をしっかり立てる

色んな物をやみくもに出品し、コンセプトもあいまいなまま運営しているとユーザーからみると怪しいショップに感じてしまいます。

ある程度は、商品のカテゴリーなどを絞り込みターゲットを決めておきましょう。

商品はどれくらいの期間でいくつは売るという目標を立てしっかりスケジュール管理もしていきましょう。

集客対策を行う

Amazonユーザーは他のサイトと比べると多く集客するのは一見簡単そうに見えますが競合他社も多いので何も対策をしなければ商品は埋もれてしまいます。

商品登録をおこなっているのであれば商品情報を充実させましょう。

商品名、在庫、商品ページの表示回数などが検索順位に影響していると言われています。

また、FBAを利用すると優先度が高まるとも言われていますので集客対策として契約するのもおすすめです。

顧客満足度を上げる

カスタマーレビューで寄せられる意見を参考に業務改善を行いましょう。
レビューは良い意見ばかりではありません。
しっかりレビューを確認して、顧客満足度が低下しないよう改善する部分はしっかりと対応していきましょう。

AmazonFBAについて

この記事でも何度もお伝えしたFBAについてご紹介します。

AmazonFBAは物流業務を代行してくれるAmazon独自のサービスです。

納品された商品の管理、ユーザーから注文が入ってからの梱包、発送、カスタマーサポート、返品なども一括で代行してくれます。

カスタマーサポートについて

FBAのカスタマーサポートはサービスを利用した商品についてはクレームや返品についての業務を自分で行う必要がありません。

追加料金は発生しませんが、カテゴリーによっては追加料金がかかるものがありますので扱う商品に関しては事前に確認しておきましょう。

FBA利用のメリット

物販事業において物流の負担は重く、業務が拡大すればするほど対応しきれなくなってきます。

FBAは24時間365日サポートしてくれますので滞りなく行ってくれます。

物流業務を代行してもらうことで商品の生産や企画、マーケティングなどの業務により集中することができますので効率的な環境を整えることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Amazonへ出品するのはもしかすると敷居が高いと感じている方もいると思います。

しかし、結果を出せるチャンスは大いにあります。

しっかりと戦略を立ててぜひAmazon物販に挑戦してみてください。

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。