【副業初心者必見】amazon物販の初期費用とランニングコストはいくらかかるのか?

副業-物販-リスク1

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

本日は「amazon物販を始めるにあたっての初期費用」についてお話しをしていきます。

どのビジネスにも言えますが、せどり・転売でもメーカー仕入れでも、副業でこれからamazon物販を始めようと思っている方にとって、「どれだけの資金が必要か?」ということは非常に重要なことです。

ここを考えずに始めても、すぐに躓いてしまう可能性が高くなります。

 

本日の内容が、副業からamazon物販をしようと考えている方や、始めたての方などの参考になれば幸いです^^

 

 

副業からamazon物販をするにあたっての初期費用は?

副業-物販-初期費用3

結論を言ってしまうとamazon物販を始める上で「初期費用」というものは存在しません。

「なんだよそれ」といってこの記事を閉じてしまうのは少しお待ちください(*_*)

初期費用はありませんが、「商品の仕入れ」をするための軍資金は必要です。

またamazon物販ならではのランニングコストもありますので、最後までお付き合いください。

 

amazon物販の軍資金

物販ビジネスはどれだけの成果をあげたいかで必要な資金の額は変わります。

私の推奨しているamazonメーカー仕入れであれば、仮に30万円の月利を目標とした場合、必要な資金は以下の通りです。

利益率10%でamazon手数料40%と考えた場合、売上300万円-amazon手数料120万円-利益30万円=在庫150万円

最低でも150万円分の在庫を買える資金が必要なのがわかります。

さらに、全ての商品が都合よく一ヵ月で売りきれてはくれないので、150万円の1.2倍~1.5倍がより現実味のある数字となります。

よって、在庫150万円×1.2倍~1.5倍=在庫180万円~225万円

甘く見積もって、225万円の軍資金があれば、月利30万円を達成できることになります。

 

ただし、amazonの入金サイクルは2週間に一度なので、実際はここまでなくても月利30万円達成可能です。

またメーカーへの支払い方法などを掛け売り、月末締めの翌月末払いなどにすると、さらに資金繰りはよくできます。

ここでお伝えしたいのは、あくまでこれぐらいの現金は準備しておいたほうが良い、といった理解です。

 

軍資金がそこまで用意できない。。。

月利30万円は達成したいけど、225万円なんて用意できないよ、、、という方もご安心ください。

あくまでも利益率10%でamazon手数料40%の試算なのでかなり甘い見積りです。

加えて私のコンサル生は、ある程度売上を上げることができたら途中で融資を行う方がほとんどです。

日本政策金融公庫や、信用金庫(保証協会付き)などの借入可能額は、月の売上の2倍~3倍と言われています。

仮に225万円の融資を受けようと思うと、単純計算で75万円~112万円の売上を3カ月程度維持する必要性があるということです。

例えば100万円の売上を上げようと思うと、先ほどの計算式にあてはめた場合、以下の通りです。

月売上100万円-amazon手数料40万円-利益10万=在庫50万円

例によって在庫の1.2倍~1.5倍を計算すると、在庫50万×1.2倍~1.5倍=60万円~75万円となります。

つまり、手元の資金が60万~75万円あれば、売上を100万以上出すことことができ、融資に繋げられる可能性がグッと高まるのです。

もちろん融資を受けるには他にも条件があり、必ずしも受けられるというわけではありませんので十分ご注意ください。あくまで目安です。

また、60万円~75万円の手持ち資金がない方は、メーカー仕入れはオススメしません。

私のコンサルを希望される方も、100万円以上の手持ち資金がない方はお断りしています。

 

融資は怖い・・・

融資は怖いものではありませんので安心してください。

借入の種類にもよりますが、例えばリボ払いやキャッシングはダメです。

年利18%を平然とむしりとる悪魔の契約です。

なぜ合法なのかがわからないぐらい最悪なので、確かにこれは怖いと言えます。

仮に300万円を年利18%のリボ払いにした場合、3,000,000円×18%=540,000円が年間で支払う利息となります。12ヵ月で割ると、540,000円÷12ヵ月=45,000円、もはや家賃ですw

 

一方、事業を行う上で日本政策公庫や銀行から借入をする場合は、利率も低く返済期間も長いケースが多いです。

たいてい利率は1%~2%程度ですので、上記と同じように300万円にかかる利息を計算すると、年間で3,000,000円×1%~2%=30,000円~60,000円になります。12カ月で割ると、2,500円~5,000円で済むことになります。

地域ごとにお得な融資があることも多いので、近くの商工会議所で話を聞いたり、ネットで調べてみたりすると良いです。

キツイ言い方にはなりますが、事業を伸ばすための借入に二の足を踏む方はビジネスに向いていないのでメーカー仕入れは諦めた方がいいでしょう。

 

融資については、こちらの動画もぜひご覧ください^^

 

 

副業で取り組むamazon物販の初期費用以外のランニングコストは?

副業-物販-初期費用4

次は、初期費用以外に考えるべきamazon物販で必要なランニングコストについて見ていきましょう。

 

小口出品と大口出品の違い

amazon物販を始める際、小口出品か大口出品かを選択することができます。

小口出品は、商品1点につき100円(税込110円)の手数料が引かれるのに対し、大口出品は、月4,900円(税込5,390円)と固定されています。

つまり、月に49個以上販売する場合は、大口出品の方がお得になります。

また、大口出品の方が検索結果で上位に表示されたり、広告を出せたりなど小口出品よりもはるかに恩恵を受けられるため、普通に事業としてやる場合は、大口出品一択と言えます。

 

下記の動画でも解説していますので、合わせてご確認ください。

 

amazon手数料(出品手数料・配送手数料・保管手数料)

こちらに関しては、毎月一定額かかる費用ではなく、売れた商品一個あたりに計算されます。

出品手数料は、商品のカテゴリーによって変動し、ほとんどは8%~15%の間です。

配送手数料は、商品の大きさによって変動し、小型から特大型まで細かく決められています。

 

詳しくご覧になりたい方は、以下のリンクをご確認ください。

amazon手数料

 

効率化ツールで副業でもamazon物販を加速させる

副業-物販-初期費用6

基本的にamazon物販をする際にかかってくる初期費用やランニングコストは、前項に挙げた仕入れ資金や手数料がほとんどです。

もちろん、通信費や消耗品費などありますが、今回はamazon関連の費用に限定します。

amazon物販をやる上で効率化ツールの導入は欠かせません。

効率化ツールを入れているのと入れていないのでは大きな差が開きます。

 

プライスター

副業-物販-初期費用6

プライスター

言わずと知れた有能ツールです。

自動価格改定機能や、利益が一目でわかる仕様など、使えば使う程に良さを実感できます。

amazon物販をしていてプライスターを入れていない人がいましたら、すぐ入れた方がいいでしょう。

価格は月々4,800円(税込5,280円)です。

 

Keepa

物販-副業-初期費用7

Keepa

閉鎖してしまったモノレートの代替ツールとして、keepaを導入し始めた方も多いです。

keepaはモノレートと同じように商品の売れ行きなどが分かるツールです。

価格は月々19ユーロで、日本円にすると約2,500円です。

初期設定では言語が英語になっているので、日本語に変更しなければなりませんがかなり便利なツールですのでオススメです。

 

ツールについての詳細は下記の記事で紹介していますので、合わせて確認してみてください^^

amazon転売(せどり)のお役立ちツール12選を大公開します

 

 

最後に

今回は、副業から始めるamazon物販にかかる初期費用についてお話ししました。

結論、amazon物販を始めるのに初期費用は掛かりませんので、かなり始めやすい副業だと思います。

また、ランニングコストもそこまでかからないので、続けやすくもあります。

もちろん軍資金は必要ですが、その気になれば集められない金額ではありません。

今回ご紹介したプライスターやKeepaも全て導入したとしても月1万円もしないため、必ず入れた方が良いと思っています。

ぜひ参考にしてみてください^^

 

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。