amazon規制の厳格化でせどりの転売ビジネスはなくなる? メーカー取引が全てを解決!

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

せどりによるamazon転売の規制は年々厳しくなる一方ですね。

せどりでもメーカー仕入でも、安く仕入れて高く売るという点では、まったく同じ方法です。

しかし、その立ち位置はまるっきり違ってきます。

そこで本日は、amazonの規約変更によってどういうことがおこっているのか、対策法としてのメーカー取引についてなどをお話ししていきます。

 

 

amazonコンディションガイドライン、衝撃の変更

 

2017年9月12日、多くのamazon転売せどらー、つまりせどりで仕入れた商品をamazonに転売していた人たちに大きな衝撃がありました。

それはamazonに出品するためのコンディションライン(出品規約)が以下のように変更されたのです。

 

「新品」として出品できない商品

以下の商品は、amazonで「新品」として出品することはできません。
• 個人(個人事業主を除く)から仕入れた商品。
• メーカー保証がある場合、購入者がメーカーの正規販売代理店から販売された商品と同等の保証(保証期間など)を得られない商品(例えば、メーカー保証がある場合に、すでにメーカーが定める保証期間が始まっている、または保証期限が切れている商品など)。
• プロモーション品、プライズ品、おまけに関しては、出品自体は許可されていますが、「新品」としては出品できません。出品する場合は、コンディションガイドラインに沿って中古品として該当するコンディションで出品してください。
なお、中古品として出品する際は、プロモーション品、プライズ品、おまけなどである旨をコンディション説明欄へ明記してください。

amazonのコンディションガイドラインより引用(amazonへログイン後に見ることができる規約です)

 

この新品に対する規制により、今まで新品として、出品できていたものが、できなくなってしまったのです。

個々の規制を見てみましょう。

 

1、個人から仕入れた商品は「新品出品NG」の規制

例えば、オークションサイトであるヤフオクや、フリマアプリであるメルカリやラクマから新品未開封品を仕入れた時にその出品者が「個人」であった場合は、amazonで「新品」として出品ができなくなります。

この規制は、個人事業主からの仕入であれば出品OKなので、この人は業者っぽいなぁということを推測することはできますが、仕入れ前に確実に「個人ではない」と確認する必要があります。

ヤフオクにはストア出品というのがありますので、ストアであれば個人事業主か法人であることが多いでしょう。

しかし、個人事業主と個人の違いがわからない場合は確認しなければなりませんので注意が必要です。

 

2、メーカー保証がきちんと受けられない商品は「新品出品NG」の規制

例えば家電には、メーカー保証がついています。

もし何か故障したなどの場合、メーカーが保証対応をしてくれます。

そして、メーカー保証は保証期間があるのですが、購入してから一年間などメーカー保証の設定はメーカーによってまちまちです。

購入してから一年間ということは、小売店からせどり仕入れをした時点が保証開始日となるので、amazonへ納品して即売れしたとしてもamazonの購入者は保証期間が短くなってしまいますよね。

そのため上記のような出品商品は、メーカーの正規販売代理店から販売された商品と同等の保証(保証期間など)を得られないことになるので、せどり転売はやっちゃダメですよということなんですね。

 

3、販売促進を目的とされた商品も「新品出品NG」の規制

プロモーション品とは、販売促進のために作られた商品のことです。

無料で配ることが多いですね。

このようなプロモーション商品は新品として転売(せどり)できません。

おまけでもらった商品も同様で、新品として転売(せどり)できません。

 

 

amazon規制変更で大打撃を受けたせどらー

 

今までお話したコンディションガイドラインの変更による規制の中でも特に上記の1と2が、多くのせどらーを困らせました。

今までは、ヤフオクやメルカリで個人が出品している「新品未開封品」を仕入れて、amazonで新品として転売(せどり)することが普通に行われていたのですが、それが売ることができなくなったのですから、その影響は絶大なものであることは容易に想像できます。

また、保証期間の問題で「ヤマダ電機に行ってドライヤーを仕入てamazonで転売(せどり)して利益を得よう」といったことも、できなくなりました。

家電やゲーム機などは、せどり→amazon転売においていわば主流の商品であったため、こちらのジャンルを取り扱っていたせどらーは大打撃であったことでしょう。

 

「じゃあ、新品には規制があるなら中古品を扱おう」と考えることになりますが、今度は法的な問題が発生します。

法律では、中古品を扱う場合は古物商の許可を取得しなければならないからです。

古物商の許可は古物営業法に沿っているのですが、この古物営業法の改正により、ヤフオクやメルカリ、ラクマなどインターネット上のみのやりとりで取引が完了する「非対面式取引」の場合、本人確認が免許証のコピーを送ってもらうだけでは済まなくなり、確認方法のハードルが上がりました。

このようにせどらーが取り巻く環境は、amazon規制変更での締め付けだけでなく、法規制もより一段と厳しくなってきたと言えるでしょう。

 

 

規制強化の背景と今後は?

 

amazonの規制強化の背景には、不明瞭な流通形態の商品を排除したいという思いが伺えます。

新品未開封であっても、「ボロボロの箱が届いた!」というレビューを見たことはありませんか?

また、流通が不明瞭ということは、ニセモノも混ざることになり、amazonの信用は大きく毀損します。

 

せどらーの転売による迷惑行為がSNSで報告されることもありますので、世間から企業としての姿勢を問われるのは当然のことです。

せどらー達の間では、転売の規制強化と言われていますが、私から言わせれば強化でもなんでもありません。

むしろ今まで放置されていたことが問題であって、企業としては当たり前のことをしただけでしょう。

 

そして、今後この転売(せどり)規制はさらに厳しくなっていくことは間違いないと私は考えています。

そもそも個人が購入した商品は、たとえ新品であったとしてもその時点で一般市場に流通したものなので、古物営業法上においても新品ではありません。

つまり、個人から仮に新品未開封品を仕入れるにしても、古物商の許可を取って仕入れなければならないということなんです。

古物営業法の法規制強化の背景には、インターネット上での個人間取引の増大により、成り済ましなどが多くなったということが言えます。

盗難品の販売はもちろんのこと、模造品や偽物の販売も立派な犯罪でありますので、どこの誰と取引が行われたかを記録して転売(せどり)して行くことが義務となります。

 

規制を気にせずamazon転売するには、メーカー取引が最適!

 

ここでもう一度、新品のコンディションガイドラインを思い出してください。

個人からの仕入れた商品は、新品として出品できない。

メーカー保証がきちんとついていなければ新品として出品できない。

これらはメーカーとの直接の取引であれば、一切の問題ありません!

 

私がメーカー取引をオススメする理由は、こういったビジネス上のリスクを負う必要がないからなのです。

仮にこの先、amazonの転売(せどり)出品規制がさらに厳しくなったとしても、メーカー取引であれば、

新品

メーカー保証付き

であるので、全く問題ありません。

amazonが出品者とメーカーとの取引を規制したら、amazonの商売自体が成り立たなくなりますので、メーカーとの直接取引であれば、今後の規制強化も怖くはないのです。

それに対して、せどりによるamazon転売の将来は、今後もどんどん厳しくなっていくでしょう。

 

 

最後に

本日は、せどり業界に激震が走ったamazonのコンディションガイドラインの変更とその詳細、今後の規制の流れの予想、中古販売の場合の古物営業法について、そして、各規制がクリアできるメーカー取引についてお話をさせていただきました

確かにせどりによるamazon転売は、稼ぎやすいビジネスなので、副業にも最適です。

しかし、このようにamazon転売の規制強化の影響で、その将来は決して明るいものではありません。

だからこそ、あなたにも手遅れになる前に、メーカー取引をぜひ検討して欲しいと強く思うのです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

こちらの記事もオススメです。

あわせて読みたい記事

転売を続けるならメーカー取引も候補にいれてみてください^^

amazon転売を続けると潰れる理由。メーカー仕入れで転売から卒業し、安定収入を得る方法

 

メーカー取引について興味を持った方は、是非私の本も読んでみてください^^

無料試し読みキャンペーンは、こちら

amazonからのご購入は、こちら

メールマガジン登録は、こちら
(過去有料で開催した【メーカー取引完全攻略セミナー動画】をプレゼント中!)

LINE@の友達追加は、こちら
(amazonでの稼ぎを飛躍する17個の特典プレゼント中^^)

amazon国内メーカー直取引完全ガイドの表紙

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

新刊キャンペーン

国内メーカー直取引を学ぶならこちら LINEのお友だち登録はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外輸出・輸入ビジネスへ

カテゴリー記事一覧

amazon物販ノウハウ

amazon物販ノウハウ
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

amazon物販ビジネスで使える全ノウハウをまとめています。これを見るだけでamazon物販ビジネスについての理解が深まるかと思います^^

輸入の知識・海外メーカー取引

輸入の知識・海外メーカー取引
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

海外から商品を輸入する際の知識や、海外メーカーさんとの取引について書いています。海外メーカー仕入れは輸入を経験したことのある方は、必ず通るべき道です。

コンサルティング(お客様の声)

コンサルティング(お客様の声)
実際にコンサル受講した方の生の声

私のamazon物販コンサルティングを実際受けて頂いたお客様の声です。全てありのままを書いてもらっていますので、よければご参考ください^^

副業・独立・起業

副業・独立・起業
amazon輸入転売とは?簡単なリサーチ方法も大公開!

amazon物販ビジネスは副業の方にも、そして独立起業したい方にも最適なビジネスです。まずここでamazon物販ビジネスについて、より深く知って頂きたいと思います。

資金繰り・融資関連

資金繰り・融資関連
amazon輸入はキャッシュフローを意識しなければ潰れる理由

あなたの目標利益を達成するために、資金繰りや融資の話は大事です。ぜひあなたの目標利益を達成するための行動をしていきましょう!

私の培ったAmazonビジネスノウハウを全てつぎ込んで
しかも過去有料で開催した内容を完全無料
公開しております。


合計約5時間にわたる大ボリュームの役立つセミナー動画


合計約5時間にわたる大ボリュームの
役立つセミナー動画です。

これを見るだけでamazonビジネスの基礎から応用までマスターでき実際に有料のセミナーに参加した方からは

「取引が決まった」
「利益が上がった」
「安定した仕入れ先が増えた」
「作業効率が上がった」
などなど、沢山の喜びの声を頂きました。是非あなたの利益アップにお役立てください!今のうちにゲットしてくださいね^^


期間限定プレゼント中!
「Amazonビジネスで
稼ぎを飛躍する
17個の特典」


LINE@お友達登録で22個の特典をプレゼント


LINE公式アカウントのお友だち登録で
Amazonビジネスの稼ぎを飛躍する
17個の特典を差し上げています!

コンサルティングにも触れる内容を
包み隠さず話しているので、よければご登録ください^^

「参考になった!!」
という方が多い、魅力的な特典満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です