amazon輸入転売ビジネスの仕入れ個数はどうやって決めるか?

こんばんは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

今日は最新のamazon輸入・転売ビジネスの仕入れ個数の判断基準についてお話します。

いろんな方とお話していて、仕入れ個数の判断を迷いながらやっている方がかなり多いなぁ、、と感じています。

今回は実際に商品例をお見せしながら、仕入れ個数を判断するやり方をお話ししていきますね^^

 

コレがamazon転売の基本の仕入れ判断基準!

では早速ですが、メーカーからある商品の見積もりをもらって、利益が出る仕入れ表が作れたとします。

そうなると問題になってくるのが初回の発注個数だと思います。

商品が月にどれぐらい売れているか?というのを調べないといけませんよね。

よく売れているこの商品で、まずはモノレートを見てみましょう^^

 

モノゾンの機能も入れていると、こういう数字が一覧表で見れますね。

平均月間販売数が60.3個です。

この商品を売っている人が、例えば7人として、自分も入れると8人になりますから、60.3÷8=7.5で、ひと月あたり約7個ぐらい売れる計算です。

モノゾンの月間販売数をライバル数で割ると、初回は7個ぐらい仕入れようかな、という数字がわかります。

 

7個仕入れたとして、1週間で7個売れたとしたら、1ヶ月で4週として28個売れる計算、になりますよね。

そして、2回目の発注も少し用心して、2週間分の14個にしてみたとします。

それがちょうど2週間で14個売れたとなると、4週間で28日個売れることはほぼ確定だと思いますので、3回目の仕入れで28個発注してもいいですし、在庫切れを防ぐために11.5ヶ月分にして42個にしてもいいですね。

 

国内メーカーの場合ですと掛け売りにしてもらえるよう交渉してみてもいいと思います。

掛け売りになると、2ヶ月間支払いの猶予があることになるので、確実に商品は売れていくだろうから3ヵ月分の在庫を持ってみようかな、という判断もできます。

でも3ヵ月分と言っても掛け売り場合は月末締め翌月払いになるので、実質在庫を持つのは1ヵ月分だけで済むのです。

ある程度の資金がある人には、そんな負担にならないと思うので、売れる実績が確実にわかったら3ヶ月分の在庫を持つから安くして、といった交渉もアリです。

交渉方法としては「安くしてください!」よりは「数量を多めに買うと安くなる可能性はありますか?」というような聞き方が望ましいと思います。

 

モノレート頼みのamazon転売の仕入れは間違っている?

ただ、注意点があります。。

モノレート・モノゾンの数は間違っていると思ってください!!

驚きましたか?

下の画像は、モノレートと同じようなグーグルchromeの拡張機能で、「DELTA tracer」(デルタ)というツールなのですが、こういったモノレートやデルタの数字は間違っている可能性が非常に高いです。

 

データを信じ過ぎると、例えば月間販売数50個÷ライバルが60人としたら、割り切れないですよね。

月に1個も売れないという計算になります。

でももしその50個が間違っていて、実際は月に300個売れているとしたら、ライバルが60人いても売れていきますよね?

こういうツールのデータは便利ですが、実は100%間違っていると思ったほうがいいです。

 

また例えば、月に7個売れているというデータが出ているものが、実際はもっと売れていて30個以上売れている、ということがあり得ます。

そういう時は、ライバルの在庫数を「定点観測」し正確な販売個数を割り出し、ツールに頼ることなく仕入れ個数を判断することを心がけてください。

 

amazon転売仕入れの定点観測の方法とは?

「定点観測」する際に、便利なchomeの拡張機能があります。

それがこのAmzpecty(アムスペクチ)です。

これは制限の多い無料版と金額によって調べられるASINの数が異なる有料版とがあります。

 

私もこのツールを知る前までは、「定点観測」の方法として、下記の方法をセラー毎に行なっていました。

定点観測の方法

1:商品をカートに入れて
2:数量を999個にして
3:更新ボタンを押す

 

でもこの作業って面倒ですよね。。

ですが、アムスペクチを使って、例えば今日付けの在庫の数字を、セラー毎にそれぞれExcelなどに書き出しておきます。

その上で3日後とか1週間後に同じように数量を確認して差額を出し、どれぐらい減ったかをチェックします。

そうすると、「あっ、この商品は1週間でこれぐらい実際は売れてるんだ、となると、ひと月ではこのくらいかな?」ということが予測できるようになります。

 

この定点観測を試してみると、モノゾンやデルタのデータとだいぶ違う、ということが確認できるので、意外に面白いですww

アムスペクチは一番安い有料プランで月に9.99ドルで1000円ちょっとですので、リサーチ必須のamazon輸入・転売ビジネス実践者の方は導入してもいいと思います。

定点観測をしっかりするかしないかが「利益の出る人とでない人」の差だったりしますので。

 

私には毎週コンサル生からリサーチ表が上がってきます。

それを見るとAさんはこの商品を仕入れて利益が出ているけど、Bさんはライバルが多いと思って仕入れていない、という状況があるんですね。

そのような時にあえてBさんに「なぜこの商品を仕入れないんですか?」と尋ねると、「モノゾンのデータでは、売れてる個数に対してセラーが多いんです」って言ったりします。

そういう返事があった時に「定点観測してますか?」と聞くと絶対にやっていないのです。。

 

なので、ぜひモノゾン・デルタの数字は間違っているという前提を持って、必ず定点観測をするようにしてください!!

 

これまでも、もしかしたら「定点観測」せずに諦めていただけで、買える商品があったかもしれないですよね。

大変もったいないので、ぜひきちんとライバルの在庫数を定点観測するようにしてくださいね^^

 

amazon転売でロット数がある仕入れの場合は?

次にロット数や仕入れ金額が決まっている場合、例えば30万円以上や300個以上などを一度に買わないといけない場合もあります。

そういう時も、たくさんの方がモノゾン・デルタの平均月間販売数だけ見て、このロットは買えないって諦めちゃうんですよね(笑)

でもそれってどこで判断してるのかというと、モノゾン・デルタのデータだけを見ているわけです。

自分で勝手にこのデータの数量を信じてしまって、自分には多すぎて仕入れができないと思いこんでいるんですよね。

 

でも、例えば利益が出る商品でロットが決まっていて、モノゾン・デルタのデータ上では在庫の動きが少なすぎて売り切れるまで半年くらいかかるという目算だったとしても、ちゃんと「定点観測」したら、「意外と1ヶ月くらいでさばける数量かも?」「2ヶ月くらいあればいけるかもしれない!」ということもあると思うんですね。

 

1年くらいの期間がないと売れないと思っていたのが3ヶ月でさばける数量だったらどうしますか?

私だったら、他のセラーが1年だと思い込んで仕入れないなら自分は仕入れよう!と思うかもしれません。

もちろん在庫の持ちすぎは良くないですが、思い込んでいるだけかもしれませんよ、ということを言いたいのでぜひ「定点観測」をしてほしいです。

そして、仕入れたあとも、しっかり実際の数字を追って確実な数字を確認するようにしてくださいね。

 

あとは、無料で使えるモノサーチという拡張機能のツールも便利です。

 

アムスペクチのように在庫数を確認できるのですが、20個以上の在庫は反映されないようなので、数量が大きいとちょっとあてにならないところがあります。

ですので、比較をするとアムスペクチのほうが確実な数字に近いかと思います。

 

他には、有料のツールでNint(ニント)というサービスがあります。

 

調べられるASINが限られているようですが、こういったものも会員制のサービスとしてあるようです。

 

あとは、私も開発者の方をよく知っているのですが、在庫チェッカーという有料のツールがあります。

こんな感じの画面ですね。

 

ライバルの在庫数の変動が見られたり、在庫数の30日予測数など色々機能があります。

1年間使い切りで、確か4万ちょっとくらいだったかと思います。

新規のユーザー数を制限しているので、常に募集はしていないようなのですが、在庫チェッカーの件で知りたいことなどがあれば、個別に私の方にご連絡いただければと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

繰り返しになりますが、ある商品の月間販売個数がかなり少なく、ライバルの数が多くて割り切れないことがある場合やメーカーから大きなロットを提示された場合は、そこで諦めるのではなく、しっかりとライバルの在庫数を見て「定点観測」をしてみてくださいね。

何度も言いますが、もしかしたらせっかくの利益が出る商品なのに仕入れを無駄にしているかもしれませんので^^

 

仕入れ個数の判断基準についての動画もありますのでよかったら観てみてくださいね。

 

この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

 

こちらの記事もオススメです。

amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外輸出・輸入ビジネスへ

カテゴリー記事一覧

amazon物販ノウハウ

amazon物販ノウハウ
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

amazon物販ビジネスで使える全ノウハウをまとめています。これを見るだけでamazon物販ビジネスについての理解が深まるかと思います^^

輸入の知識・海外メーカー取引

輸入の知識・海外メーカー取引
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

海外から商品を輸入する際の知識や、海外メーカーさんとの取引について書いています。海外メーカー仕入れは輸入を経験したことのある方は、必ず通るべき道です。

コンサルティング(お客様の声)

コンサルティング(お客様の声)
実際にコンサル受講した方の生の声

私のamazon物販コンサルティングを実際受けて頂いたお客様の声です。全てありのままを書いてもらっていますので、よければご参考ください^^

副業・独立・起業

副業・独立・起業
amazon輸入転売とは?簡単なリサーチ方法も大公開!

amazon物販ビジネスは副業の方にも、そして独立起業したい方にも最適なビジネスです。まずここでamazon物販ビジネスについて、より深く知って頂きたいと思います。

資金繰り・融資関連

資金繰り・融資関連
amazon輸入はキャッシュフローを意識しなければ潰れる理由

あなたの目標利益を達成するために、資金繰りや融資の話は大事です。ぜひあなたの目標利益を達成するための行動をしていきましょう!

私の培ったAmazonビジネスノウハウを全てつぎ込んで
しかも過去有料で開催した内容を完全無料で公開しております。


合計約5時間にわたる大ボリュームの役立つセミナー動画


合計約5時間にわたる
大ボリュームの役立つセミナー動画です。

これを見るだけで
amazonビジネスの基礎から応用までマスターでき
実際に有料のセミナーに参加した方からは

「取引が決まった」
「利益が上がった」
「安定した仕入れ先が増えた」
「作業効率が上がった」

などなど、沢山の喜びの声を頂きました。

 

是非あなたの利益アップにお役立てください!
今のうちにゲットしてくださいね^^

期間限定プレゼント中!
「Amazonビジネスで稼ぎを飛躍する17個の特典」


LINE@お友達登録で17個の特典をプレゼント

LINE@お友だち登録で
Amazonビジネスの稼ぎを飛躍する
17個の特典を差し上げています!

コンサルティングにも触れる内容を
包み隠さず話しているので、よければご登録ください^^
「参考になった!!」という方が多い、
魅力的な特典満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です