【amazon物販ビジネス】国内メーカー取引のamazon不可オンライン販売不可はどうすべきか?

こんばんは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

 

緊急企画

チョイ見せ動画への登録が大大大人気です!!

現在143名ご登録!!
本日4/12の23時59分で完全終了です。

今後この動画は一切公開しません、
だってもともとコンサル生向けのものなので。

国内メーカー取引の最強教材に興味がない方も
ぜひ実際に私がコンサル生に行った
セミナー動画約3時間分を無料で受け取ってくださいね^^

このセミナーを受けて
「意識が変わりました!!」
というコンサル生が多数いて、大好評だったセミナーです。

このセミナー動画を無料で受け取りたい方は
下記にメールアドレスのみご登録ください。

【コンサル生に実際行ったセミナー動画を無料で受け取る】

国内メーカー取引の最強教材
チョイ見せセミナー動画は
明日4/13中に配布させて頂きます!

また国内メーカー取引の教材は「限定30名」で
先行案内はこちらに登録してくれている方だけにします。

先行案内で30名完売した場合は
4/17からの販売はしませんので、ご了承ください。

 

 

さて昨日、販売させて頂く教材の内容を初公開させて頂きました!

 

【amazon物販ビジネス】国内メーカー取引の最強教材の中身は?

 

見て頂けましたか?

何度も言いますが、費用対効果が高いものだと思うので、興味のある方はしっかり内容確認して、ご検討ください^^

 

では本日のお話「amazon不可オンライン販売不可をどうするか?」についてです。

amazonの国内メーカー取引はライバルが激増している

現状国内メーカー取引をしている方が激増している、というお話は先日させて頂きました。

が、激化していると言っても、まだまだメールを沢山送ればいい、と思っている方が圧倒的に多いように思います。

 

たしかにメールを沢山送ることは基本なので、少ないより多いほうが良いに決まっています。

メール数の母体が少ないと、取引できるメーカー数にも限りが出ますからね。

最低でも月300社以上は、メールを送ってもらいたいです。

 

1日換算するとたった10件メールを送ればいいだけです、10件メールすることぐらい意識高めて集中すれば、30分で出来ます。

それが忙しくて出来ないとなると、申し訳ないですが「稼ぐ意欲がない」「やる気がない」と見なされてもおかしくはないです。

言い訳するぐらいなら手を動かしてメールを送りましょう、言い訳する時間で何件もメールを送れるはずです。

 

特に本業の方で件数をこなせていない方は、ヤバいですよ。

もちろん他のビジネスで稼げていれば問題ないです。

でもメーカー取引だけ行っているなら、最低限の件数は自分に厳しくなって守るべきでしょう。

 

今私のコンサル生で一番頑張っている方は、外注さんなしで月1000件送っていますので、自分の作業量が足りていないことは自覚した方がいいです。

こんな簡単な作業で稼げなければ、何やっても稼げないですよ。

 

件数だけこなせばいい訳ではありません、メールの返信やメーカーへの対応は丁寧に行うべきです。

だけどメールの件数は大事。

要は「メールを沢山送って丁寧に対応できる方」が一番です。

 

これどっちかに集中すると一方が出来ない、、

って言い訳する方も多いように思いますが、それを両方丁寧に早くやれてる方が稼げているわけです。

 

 

あいつにやれてるなら
自分は出来ないはずがない!!

自分はデキル人間だ!!
あいつに稼げて
おれが稼げないわけがない!!!

こんな作業超簡単だ!!
自分なら余裕でこなせる!!!

 

 

と当然意識をもって
自己洗脳した方が良いです。

 

言い訳ばっかりしていると言い訳脳になって、何やってもダメになります。。

ぜひ意識を高くもって、このメルマガを読んでくれているコンサル生、メルマガ読者の方々、あなたには頑張ってもらいたいと思います^^

 

国内メーカーへはメールを送ることも丁寧にやり取りすことも両方大事

話がそれちゃいましたが、、

メールを沢山送ることはまず大事です、というのを伝えたくてこういったことを書きました。

ただそれだけではダメで、メーカーさんと丁寧にやり取りするスキルが今の国内メーカー取引の現状では必須です。

単純に商品を買って販売するだけではなく、メーカーの担当者とメールのやり取りをしたり、直接電話で話したり、メーカーの担当者や上司、社長と会ったりもするので、人との「コミュニケーション能力」が重要になってきています。

 

国内メーカーへのamazon不可オンライン販売不可への対応策は?

丁寧にと言っても、どの程度丁寧にすればいいか分からないと思いますので、その辺も教材では伝えていますが、あなたは「amazon不可オンライン販売不可」とメーカーから返信があったら、どのような対応をしていますか?

 

大体の方が諦めているかと思いますww

 

諦めている方は、そういう行動だったら生き残るメーカーとは付き合えないかもですね。

一旦なぜダメなのか理由を聞いて、相手の悩みを理解し、こちらが改善案を出せたら、取引できる可能性はまれにあります。

そのまれが通れば、もうあなたの勝ちです。

 

このまれを通すためには、やっぱりメールだけでなく、電話や会いに行くを実践した方がいいですが、電話ぐらいならお昼休みとかにメーカーに電話できるので、可能ですよね。

またメールだけでも通る場合もあります。

(けっこう文章の作り込みが大変だと思うので、電話の方が話は早いとは思います)

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

・amazon不可
オンライン販売不可

これらについての考え方や対応方法も、教材には詰め込んでいますので、その辺を意識して国内メーカー取引を実践するとあなたは他のライバルから一歩、いや2、3歩以上多く進めるかもです。

 

ではでは、本日は以上となります^^

明日から良い休日をお過ごしください!!

 

こちらの記事もオススメです。

【amazon物販ビジネス】国内メーカー取引の最強教材の中身は?

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。