モノゾンのデータ取得が怪しい?!モノゾンより便利だと思う拡張機能ツールはこれ

こんばんは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

12月に入り、売上もいつもよりグッと伸びてきた!なんて方も多いのではないでしょうか?

当社も通常時期よりは、よく売れています。
そんなガンガンではないですが、1.2-1.5倍くらい。

この辺は扱っている商品によっても違いますよね。

やっぱり12月はおもちゃとかプレゼント系、年末年始に必要なもの、お掃除関連、そんな感じのものがよく売れてる気がします。

そこで本日は、そんなamazon内での売れ行きを把握するモノゾンより便利だと思う拡張機能ツール、についてのお話です。

amazon内での売れ行きを測るツール

amazon内での売れ行きを測るツールとして、わりと有名なのが「モノゾン」です。

モノレートの波を数値化してくれる、グーグルクロムの拡張機能ですよね。

【モノレートとは?】

【モノゾンとは?】

このモノゾンが現れたおかげで、いちいちモノレートの波を数えて、売れ行きを確認する必要がなくなりました。

モノゾンのおかげで仕入判断が簡単に

モノゾンの平均月間販売数を、FBAのライバル数で割り、それを初回の仕入個数として算出する、これが無難な仕入れ方法です。

一応こんな感じですww

ただここ最近モノゾンのデータが怪しいとか、合っていない、、という話も聞いたりします。

というかもともと、データは合っていない商品も多いので、そもそも無料のツールを信じるのが間違っているとも思いますが。。

まあでも参考にはなりますよね。

モノゾンより優秀な拡張機能はコレ

という感じで最近モノゾンよりいいな、と感じたツールがこれです。

【DELTA tracerとは?】

モノゾンのように売れ行きが数値化して出ますし、他の機能も優秀です。

(モノゾンより売れ行きは少なめに出るイメージ、やはりこのツールも信じ過ぎてはダメ。だけど参考にはなる、という感じです)

 

ただ、ツールは信じ過ぎたら絶対ダメです。

少量買って実際に売ってみて、その個数を徐々に引き上げるのが、最も無難な仕入れ方法です。

あくまでツールは売れるか売れないかの参考程度、かなり数値が間違っている商品も実際あります。。

 

そしてもしロットがあったりして少量買いが出来ない場合、この場合はライバルの在庫を定点観測するしかないですね。

今日付けのライバルの在庫数をエクセルに付け、1週間後に在庫の減り具合を見るなど、これだけでツールより確実な数字が算出できます。

(多販路販売している方もいて在庫の減りが早いかもなので、そこは注意する)

ちょっと面倒ですが、、実践するだけで結果に繋がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

稼げている人、稼げていない人の違いとして「ツールを信じ過ぎているか否か」というのがあるので、もしツールを信じ過ぎている方は、ツールの数字は間違っていると見て作業してみてください。

ランキングが悪くても、ツールのデータが反応していなくても、実際は売れる商品があります。

そこを買えている人、買えていない人でかなり差があるので、今日の話はとても大事なところです。

よければご参考ください^^

本日の記事が少しでもあなたの参考になれば幸いです。







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です