なぜせどりを自動化して不労所得にするのが難しいのか?

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

せどりや転売である程度の金額を稼げるようになると誰もがこんな壁にぶつかります。

 

「働く時間を増やせば収入を増やせるけど、副業でそれには限界がある」

「仕入れを増やしたいけどこれ以上の時間をせどりに当てるのは厳しい」

 

そんな時間的な悩みを解決するためにせどりの自動化(いわゆる外注化)を検討する方が多いですが、とある事情によりせどりを完全に自動化することは難しいです。

 

そこで今回はせどりを自動化する方法を紹介し、なぜ完全な自動化が難しいのか解説していきます。

 

せどりの自動化・外注化をする主な作業とは?

せどりで自動化すべき作業とは?
せどりの自動化とは、以下の工程の一部または全部を自分以外の外注先に作業を任せている状態を指します。

 

せどり(転売)の一連の工程
  1. リサーチ
  2. 仕入れ
  3. 検品・納品
  4. 販売
  5. 梱包・配送
  6. 顧客対応
  7. 事務作業

実店舗販売の場合は従業員を雇って1から7までの全工程を教えていくことが多いですが、せどりの場合は工程ごとに外注先を分ける場合が多いです。

上記の工程ごとに一つひとつ解説します。

1、 リサーチ

仕入れる商品を探す工程(リサーチ作業)です。

せどりの肝とも言える部分で、ノウハウを伝えて教育する時間が必要なので、外注が難しい工程です。

外注化するためには自分自身のリサーチノウハウや仕入れ基準を明確化し、文字や動画で意図を伝えながらマニュアル化する必要があります。

 

2、 仕入れ

リピート仕入れしている商品のリスト(商品名や値段など)を作成し、リストに載っている商品の仕入れを第三者に依頼します。

 

1のリサーチ作業とセットで依頼し、商品リストに載っている商品をリサーチで見つけたらそのまま仕入れもしてもらうという場合もあります。

 

3、 検品・納品

仕入れた商品を検品し、指定の場所に納品してもらいます。

 

amazonのFBAを利用している場合は、仕入れた商品を外注先に送り、外注先がラベルシールを貼ってFBA倉庫に納品するという工程になります。

 

仕入れ量が増えてくると作業時間が膨大になるので、まず初めに外注化を考えたい工程です。

 

4、 販売

仕入れた商品をお客に販売します。

 

せどりであればamazonやヤフーショッピングなどの通販サイトでの販売がメインなので、お客を探す工程はもともと自動化されていると言えます。

実際、amazon FBAを利用している場合は、4~6はFBA側に委託でき、すでに自動化されています。

 

5、 梱包・配送

売れた商品を梱包し、相手先に配送します。

 

仕入れ量が増えると販売量も増えるため、納品作業と同様に早い段階から外注化を考えたい工程です。

 

しかし、amazon FBAの場合は売れた商品を自動的に梱包・配送してくれます。この作業が最初から自動化されているのは嬉しいですね。

 

6、 顧客対応

商品を購入したお客からの質問やクレームなどに対応します。

 

販売量が少量であれば自分でも対応可能ですが、仕入れ量・販売量が増えてきたら外注化を考える必要があります。

 

しかし、先にもお伝えした通り、amazon FBAであれば、顧客対応はamazonが対応してくれるので安心です。

 

なお、たまにamazonのカスタマーサポートではなく、出品者に消費者から連絡が来ることがありますが、基本はカスタマーサポートに誘導すればOKです。

「FBA使って良かった(泣)」amazonの副業でFBAを使うべき理由の体験談

7、 事務作業

1-6に該当しないその他作業です。備品の購入や経理作業などがあります。

 

上記の通り、amazon FBAを利用していれば4-6はすでに外注化されています。

 

そのため、せどりの自動化は1-3および7を「誰に」「どのように」依頼していくかという話になります。

 

せどり作業の外注先の探し方と報酬の支払い方法

せどりの外注先の見つけ方と報酬の支払い方
せどりや転売の自動化のため、外注先を見つける方法は大きく2つに分けられます。

 

外注先の探し方
  1. 家族や知人友人に依頼する
  2. 見知らぬ人に依頼する

①家族や友人知人に依頼することは、基本的におすすめしないので省略します。

おすすめしない理由は以下の記事を参考にしてください。

amazon物販ビジネスにおいて身内を外注化すべきかどうか?

②見知らぬ人に依頼する場合について、以下詳しく解説します。

クラウドソーシングサイトを活用して探す

見知らぬ人にせどりの作業を外注化する場合は、インターネット上のマッチングサービス(クラウドソーシングサイト)を利用します。

 

利用者数が多いサイトはクラウドワークスランサーズの2つです。

 

主婦の外注さんが多いシュフティもおすすめですね。

 

例えば、納品作業の外注化を考えている場合は、クラウドワークスにすでに出されている同様の募集内容を探します。

 

せどりの自動化はクラウドワークス

今回は「納品代行」というキーワードで検索すると145件の求人がヒットしました。

この中から依頼したい内容と近いものを探して募集要項作成の参考にしてください。

 

以下、外注する際に考えなければいけない報酬支払いについてもまとめておきます。

基本的な支払い方法は2通りです。

 

【外注の報酬支払い方法①】作業量に応じて払う

作業1件あたりの単価を決めて積み上げて支払います(例:リサーチ1件あたり10円など)。

 

つまり、作業者がたくさんリサーチすれば支払いが増え、サボった場合は支払いが減ります。

 

発注側には無駄な時間に対して支払うことがないというメリットがありますが、外注さんの作業量によっては想定以上の支払いが発生するリスクもあります。

想定以上の支払いを避けるならば、契約で作業量の上限を決めるようにしてください(必要ならば下限も)。

 

外注さんにとっては自分の努力次第で時間単価を上げられるメリットがありますが、効率よく作業できない場合は時給換算で低賃金になる可能性もあります。

 

そのため、外注さんは必然的に努力して効率的に作業しようとします。

 

【外注の報酬支払い方法②】作業時間に応じて払う

もう1つの外注さんへの支払い方法は、時給ベースで支払うことです(例・時給1000円など)。

 

発注側は支払額の見込みを立てやすいメリットがありますが、外注さんがサボった場合も時給が発生するデメリットがあります。

 

一方、外注さんは時給ベースで確実に稼げますが、効率よく作業しても時間単価を上げられません。

 

①②どちらの支払い方法にもメリットとデメリットがあるため、お互いが合意する方法を探って適材適所で契約していく必要があります。

 

支払い方法や金額についても、クラウドワークスなどにすでに出ている既存の募集要項を参考にしてください。

 

せどりを完全に自動化・外注化できない理由とは?

せどりの自動化が難しい理由
もう一度せどりの全工程をまとめます。

  1.  リサーチ
  2.  仕入れ
  3.  検品・納品
  4. 販売
  5. 梱包・配送
  6.  顧客対応
  7.  事務作業

このうち、4〜6はFBAで外注化できます。

 

また1〜3および7についてもクラウドワークスなどを利用して外注先を見つけることができます。

リサーチや仕入れを外注するとノウハウを盗まれてしまう

しかし実際には、特にせどり作業の1(リサーチ)および2(仕入れ)を外注するのは極めて難しいです。

その理由は、せどりの仕入れノウハウや仕入れ商品リストを教えると、教えてもらった側が自分でせどりを始められるからです。

 

つまり、ノウハウを盗まれて自分の物販ビジネスに悪影響がでます。

 

なぜかというと、せどりや転売は仕入れ先とお金があれば誰でも再現できるビジネスモデルの物販だからです。

お金についてはアルバイトで貯めたり、融資を受けたりと色々と方法があります。

また用意できた資金の範囲内で仕入れればいいので、あまり問題にはなりません。

 

せどりを始めようと思って挫折する人は、儲かる仕入れ商品や仕入れ先を見つけられずに挫折します。

 

せどりで最も重要な要素は、自分が見つけた自分だけの美味しい仕入れ先・商品リストです。

 

仕入れ先・商品リストを他人に開示しなければ、せどりの完全な外注化は実現しません。

 

そのため、商品リサーチや仕入れだけは外注化しないで自分でやっているせどらーが多いという現実があります。

 

実店舗であれば上述の1〜7をまとめて従業員に教えるのに、せどりはそれぞれの工程で分ける理由も同様です(工程で分けた方が苦手な作業を外注しやすい、安価に外注できるというのもあります)。

特に電脳せどりはリサーチと仕入れを教えると真似されやすい

せどりの外注化は真似されやすい

店舗せどりはどんなにノウハウを教えても、近くに店舗がなければ再現できません。

外注さんの近所に店舗があることが大事な要素なので、外注さんに教えても再現しづらいビジネスです。

 

一方、電脳せどりの場合は再現が容易です。

 

特にamazonを販路とするせどりの場合は、4(販売)以降はamazonのFBAを利用するという共通があり、仕入れさえ真似できれば、先行者との差はレビュー数しかありません。

販売者が増えれば値崩れし、値崩れした商品リストは使えなくなり、いずれ自分の物販ビジネスが破綻してしまうリスクを孕んでいます。

 

このような理由からせどりの完全な外注化は難しいですし、不労所得にするのも厳しいでしょう。

メーカー仕入れならノウハウを盗まれにくい

そこで私は、メーカー仕入れという方法をすすめています。

 

簡単に説明すると、せどりのような小売店からの仕入れをやめて、メーカーから直接商品を仕入れて販売する手法です。

 

この方法であれば、リサーチや仕入れを外注しても真似されるリスクが低いです。

 

メーカーと直接取引を始めるためには事前準備がいくつかあります。

また同じメーカーの同じ商品であってもこれまでに築いた関係性によって仕入れ値(卸値)が違うからです。

 

最後に

せどり作業の自動化・外注化を工程ごとに解説しました。

それぞれの作業を部分的に外注化することは難しくないので、FBAやクラウドソーシングサイトを利用して外注化していってください。

ただし、ノウハウを盗まれる危険があるため、せどり作業の全工程の完全な自動化・外注化は難しいです。

もし全工程を自分以外に任せられるビジネスに興味があれば、メーカー仕入れについて確認してみください。

 

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です