amazonFBAの納品代行業者はどこがおすすめ?メリットデメリットもお伝えします

 

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

今回は、FBA代行業者のおすすめについて、私自身やコンサル生からの経験や情報をまとめてみました。

amazonで大きな売り上げを狙う場合は、FBAで販売を自動化する必要があります。

FBA倉庫への納品作業は、比較的外注しやすい作業なので、早いうちにFBA納品だけでも代行業者に依頼することをおすすめします。

amazon物販を半自動化して売上スピードアップしましょう^^

そもそもamazonのFBAサービスって何?

そもそもamazonのFBAとは?

amazonで出品して販売するのには2パターンあります。

 

amazon販売のパターン
  • 配送業者へ依頼をして自社から直接でお客様へ発送
  • amazonが出品者の代理としてamazonの倉庫からお客様へ発送

後者の、「amazonが出品者の代理としてamazonの倉庫(FBA倉庫)からお客様へ発送」するサービスがFBAサービスです

FBAを使えば、商品の保管から注文管理、購入者への商品の配送、購入者への問い合わせの対応などをすべて一任できます。

ただし仕入れた商品を商品登録して、FBA倉庫まで発送するまでの工程は、出品者側の作業(FBA納品代行含む)となります。

商品の量が少ないうちは、副業でも自分でFBA倉庫への納品ができます。

しかし、量が増えると納品の時間が作れず自宅が商品だらけになってしまうことに……。

副業であれ、本業であれ、納品を外注することができればその分、リサーチやメーカーとの交渉(メーカー仕入れの場合)に時間をあてることも可能です。自分や家族との大切な時間に使うこともできます。

ですので、納品FBAの代行業者を使ってもらいたいものです。

次は、そんな納品代行業者の種類についてお伝えしますね。

FBA納品の代行業者にはどんなものがある?

FBAの納品代行業者

FBA納品代行業者といっても様々あります。

Googleで「FBA 納品代行」と検索すれば、様々な納品代行業者が出てくるのがわかります。

そこで、主なFBA納品代行業者について解説します。

いずれにしても、FBA納品はamazon物販のルーティンになるので、長く付き合える業者と出会うことを目指しましょう。

FBA納品代行の専門業者

amazonのFBA倉庫への納品を専門としている業者です。

先にお伝えした通り、Googleで「FBA 納品代行」で検索して探すことができるのが、このFBA納品代行の専門業者です。

FBA納品代行の専門業者であれば、amazonの規約が変更してもすぐに情報が入り、こちらから何か言わなくても規約にのっとった対応をしてくれます。

物流代行業者がFBAについても対応

もう1つが、物流代行業者がFBA納品の対応もしてくれるパターンです。

しかし、FBA納品をしたことがない物流代行業者であれば、こちらから納品方法を教える必要があります。

また、amazon規約変更の際の情報は入らないので、依頼主が内容を伝える必要があります。

amazonの商品ラベル貼り付けサービス

FBA納品作業のうち、amazonの商品ラベル貼りを代行できるサービスです。

完全な納品代行ではありませんが、JANコードが一致すればamazonで商品ラベルの貼り付けをしてくれるので、大幅な労力軽減になります^^

就労継続支援A型やB型の(障碍者)施設での作業の一環として

近所の就労継続支援A型やB型の(障碍者)施設に、FBA納品代行作業をしてもらうパターンです。

配送業者ではないので、主にラベル貼りの作業を依頼することになります。

そのため、マニュアルを作って納品作業方法を伝える必要があり、また、FBA用のラベルは自分で印刷して用意するのはもちろんのこと、配送業者の手配もしなくてはなりません。

また、障碍者施設に通う方の訓練としての作業になるのでスピードは求められませんが、作業料は納品代行専門業者に比べて安くなります。

自分で配送業者を手配するのであれば、かなりおすすめの方法です。

なお、就労支援とは就労継続支援事業のことであり、一般企業への就職が困難な障碍者に訓練を行う施設となります。

A型は雇用契約を結んで施設を利用、B型は契約を結ばないで施設を利用というように種類が分かれています。

具体的には、就労継続支援A型の施設を探して納品作業の一部を依頼することをおすすめしますが、場合によってはB型の施設でも大丈夫です。

就労支援施設の探し方や、具体的な納品代行の活用方法は以下の記事に詳しく掲載しています。

amazon輸入ビジネスでFBA代行会社を使うと利益が出ないって本当?

 

プライスターのマッチングサービス

納品代行業者でなく、個人の納品代行と契約する場合はプライスターが便利です。

プライスター側で納品業務を教えている方々が登録されているので、こちらでマニュアルを作る必要がありません。

ただし、副業や家事育児の合間を縫って作業をする方が多数含まれており、どうしても納品作業が遅くなる傾向があります。

ランサーズやクラウドサービスで外注募集

経験者を求めることもできますが、経験者を選ぶであれば業者に頼んだ方が早いです。

業者に依頼する方法は、Googleで検索して探すだけでなく、クラウドソーシングサイトでも探すことができます。

ランサーズやクラウドサービスでは自分と気が合う外注さんを見つけることは大変ですが、良い人が見つかったら他の仕事も依頼できるメリットもあります。

【番外編】メーカーからFBA直送してもらう

FBA納品を代行業者に任せるメリット・デメリット

FBA納品を代行するメリットとデメリット

 

次に、amazon FBA納品を代行するメリットやデメリットを解説します。

作業を外注する際は自分の空き時間ができますが、コストがかかるので利益計算はしっかりと行いましょう。

メリット:外注する分、自分の時間ができる

FBA倉庫への納品代行業務を外注してしまえば、今まで納品に費やしていた時間を、リサーチなど他の作業に充てることができます。

売れる商品がないとそもそも仕入れることができないので、FBA納品を外注することで、自分の目指す利益を得るまでの時間を短くすることができます。

外注する工程については様々ありますが、FBAの納品作業は専門業者も多く、障碍者施設もラベル貼りを請け負ってくれるので外注しやすいです。

外注を検討する際は、一番最初に検討すべき事項となります。

外注作業の一連の流れや具体的なノウハウについては、以下の記事を参考にしてください。

せどりや転売について書かれていますが、メーカー仕入れでも商品を仕入れた後の工程は基本的に一緒なので参考になります。

なぜせどりを自動化して不労所得にするのが難しいのか?

せどり・転売作業の外注化のススメ!せどり・転売で外注化を始める方法は?

デメリット①:代行業者への費用が発生

当たり前のことですが、外注するわけなので代行業者へ支払う費用は発生します。

外注業者によっても送料は色々なので、そのあたりも見極めないと大型商品での送料が思ったよりもかかってしまったということも出てきます。

配送周りのコストを見直すだけでも、大きな仕入れになれば何十万単位で利益が変わることがあります。利益計算や在庫の管理、売上の管理はしっかりと行いましょう。

以下の動画を参考にしてください。

動画のなかで紹介している管理帳簿については、以下からダウンロードしてください。

自分ですでに活用しているものがあれば、そちらをカスタマイズして活用しても大丈夫ですが、売上、在庫、資金繰りすべて一元化できるので便利と評判です。

稼げる!神の管理帳簿

デメリット②:商品の状態を確認できない

海外輸入商品の場合、箱潰れ等、悪い状態で到着することがあります。

代行業者は判断して「これは新品で出品できる」とできれば良いのですが、自分と判断が異なる場合がありますので、誰でも判断ができるようなマニュアルは必要です。

FBA納品代行を依頼する時の流れ

FBA納品代行の流れ

代行業者との契約

仕入れ商品の送り先を代行業者の住所にする

代行業者の倉庫へ到着

作業指示書と商品ラベル配送ラベルを代行業者にメール

代行業者から発送済みメールが来る

 

基本は上記のような流れですが、FBAの納品プラン作成から依頼できるところもあります。

 

上記の一連の流れを外注する場合は、FBA納品代行業者にamazonアカウントのユーザー権限を与える必要がありますが、詳細は以下の記事をご覧ください。

amazonでのユーザー権限(副権限)付与方法と外注さん募集文面!

FBA納品代行業者おすすめランキング(障碍者施設含む)

FBA納品代行業者のおすすめ

 

では、amazon FBA納品代行業者のおすすめ(障碍者施設を含む)を紹介します。

私やコンサル生のおすすめなので、ぜひ参考にしてください。

1位:おりおんFBA (就労継続支援A型)

こちらの「おりおんFBA」では障害者の就労支援としてFBA納品代行を依頼することができます。

他のFBA代行業者と違い、「登録料なし」「月額料金なし」なので、気軽に試すことができます。

ユーザー権限付与をすることで、納品プラン作成も依頼できます

2位:タイシンFBA(就労支援B型)

タイシンFBA」も他のFBA代行業者と違い、「登録料なし」「月額料金なし」なので、気軽に試すことができ、納品プランの作成も依頼できます。

3位:福富サポート

福富サポート」は、対応が丁寧と評判の納品代行業者で、とてもおすすめです。

ただ、私のコンサル生の中には一部納品遅れにあったなどの話も聞きますので、実際に作業する方の対応に影響されることも覚えておきましょう。

ただ、多少の納品遅れはFBA納品代行会社には、わりとある話です。

福富サポートさんの場合は、納品遅れがあれば事前に連絡があるので、安心度は高いです。

4位:サポートBB

こちらの「サポートBB」もコンサル生が多く利用していますが、対応が良くないとの声も聞きます。

私の感覚として、福富サポートの方がコミュニケーションを取りやすいですし、報連相もしっかりとやってくれます。

ただ料金を比較すると福富サポートより、サポートBBのほうが少し安いです。

自分で納品すべきか代行業者か

FBA納品代行業者に頼むか自分でやるか?

最終的には代行業者か障碍者施設に依頼することをおススメします。

そうすれば、空いた時間をリサーチに使うことができます。

「最終的には」とあえて書いたのには理由があります。

まずは、自分で作業をやってもらいたいからです。

FBA専門代行業者に依頼をした場合でも、何かトラブルが起きた時に素早く対処できるためには、ある程度の知識が必要です。

近隣の障碍者施設に依頼をする場合は、FBAについて知識がないと教えることができません。

FBA専門業者の方は利用料が高いので、将来的に近隣の障碍者施設に依頼を考え、次の流れにすればスムーズです^^

 

FBA納品は自分でやるか? 納品代行業者に任せるか?
  1. まずは自分でFBA納品する
  2. 売上が上がってきたらFBA納品代行業者に依頼する
  3. マニュアルを作って近隣の障碍者施設に依頼する

最後に

本日は、FBA代行業者に納品依頼をするメリットとデメリットや、おすすめ代行業者に依頼する時の流れなどをお話しました。

自分の時間を作るために、FBA代行業者を活用してくださいね!

amazonFBAに関しては、次の記事も参考にしてください。
 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。