amazonメーカー仕入れをオススメする3つの理由

amazon メーカー仕入れ おすすめ

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

ここ最近、副業に取り組み始める方が多くいらっしゃいます。

その背景には、副業を認める会社の増加や、先の見えない現代社会に対する漠然とした不安、さらにはいくつもの稼げる副業情報の氾濫などがあると思います。

たくさんの副業情報があり、何が一番いいのか迷いに迷っている方も多いのではないでしょうか?

今回は、選択肢の一つとして「amazonメーカー仕入れを副業であなたにおすすめする3つの理由」をテーマにお話ししていきたいと思います。

あなたの迷いが少しでも晴れたら嬉しいです^^

 

 

amazonメーカー仕入れとはどのようなビジネスか

amazon メーカー仕入れ おすすめ

まずamazonメーカー仕入れのビジネスモデルについて、簡単にご紹介します。

一言で言いますと、「メーカーと直接仕入れをさせていただけるよう交渉し、直接仕入れた商品をamazonで販売する」というシンプルなビジネスです。

図でいうと下記のイメージです。

amazon メーカー仕入れ 商流

卸や問屋・小売店を介さず、流通の最上流であるメーカーから直接仕入れることで、安く正規品を正規ルートでお客様にお届けできる方法です。

同じ物販というジャンルでも、せどりや転売との大きな違いがメーカー仕入れにはあるんです。

 

より詳細の概要については下記の動画でもお話ししていますので、合わせてご確認いただければと思います。

 

ではなぜ副業をこれから始める方にとって、せどりや転売ではなくメーカー仕入れがおすすめなのか、その理由を3つ紹介していきます。

 

【amazonメーカー仕入れおすすめ理由その1】リピート性が高く長期的に商品の仕入が可能

amazon メーカー仕入れ おすすめ

amazonメーカー仕入れのおすすめ理由一つ目は、リピート性の高さです。

せどりなどでは利益が出る商品を見つけても、一度仕入れてしまえばその場限りで終わってしまいます。

メルカリなどから仕入れてamazonで販売するような電脳せどりでも、コストコなどの店舗に出向いて直接仕入れるせどりでも、どちらもリピート性に欠けます。

上記のことから、転売ビジネスの場合、毎月毎月利益の出る商品がないかを探し続けなければならず、結果的に日々リサーチに追われる「リサーチ地獄」に陥ってしまうのです。

amazon転売(せどり)を続けると潰れる理由。メーカー仕入れで転売から卒業し、安定収入を得る方法

私のコンサル生の中にも、「せどりのリサーチ地獄に疲れた・・・」と言って、メーカー仕入れに転身された方が多くいらっしゃいます。

リサーチが大好きで大好きでたまらないという方はそのままで結構ですが、ほとんどの方はできるならやめたい、、と思っているのではないでしょうか。

「amazonでの転売はもうやめたい・疲れた」と考えてしまう理由と対策とは?

 

一方、amazonメーカー仕入れの場合、メーカーさんと取引できることが決まったら、そのメーカーさんからいつでも商品が仕入れられるようになります。

利益の出るメーカーさんと何社も繋がることができれば、次第にリサーチする数も減っていき、利益額のゴールを自分で決めさえすれば、将来的にリサーチせずに、在庫がなくなりかけたらメーカーさんにメールで発注をかけるだけになります。

 

リサーチした努力が毎月階段式に積み上がっていくのは、メーカー仕入れの大きな特徴です。

車で店舗に出向いて仕入れに行くこともなく、メルカリでいちいち価格交渉することもなく、ただ家に居ながらメールを送るだけなので、ストレスはかなり少ないです。

自分の時間や家族の時間を大切にしたい方にはうってつけの仕事です。

 

ただ、リサーチして利益の出るメーカーさんと取引できたとしても、その後に何も対策していなければ、そのメーカーさんに何人ものライバルセラーが群がり、出品者数が増え、価格競争が起こり、赤字になってしまいます。

取引できたら、必ず限定化等の働きかけをすることを忘れてはいけません。(おすすめ理由その3で詳しく説明させて頂きます)

 

あとは、すぐに見積りをくれるようなメーカーさんと繋がっても、今はあまりメリットないです。

こちらの記事に理由を書いてますので、良ければご覧ください。

【国内メーカー仕入れ】見積りをすぐくれるメーカーがダメな理由

 

 

【amazonメーカー仕入れおすすめ理由その2】アカウント閉鎖のリスクが低い

amazon メーカー仕入れ おすすめ

amazonメーカー仕入れのおすすめ理由2つ目は、アカウント閉鎖のリスクが低いことです。

こちらもメーカー仕入れにおける大きな利点です。

 

せどりの場合、気づかぬうちにニセモノをつかまされる可能性が大いにあります。

これは、amazonによる真贋調査の実施によって最悪アカウントの閉鎖になりかねない大きなリスクを孕んでいると言えます。

アカウント閉鎖になった場合、売り上げは一定の期間amazon内で留保されてしまい、自分の口座に入金されるのは数か月先になってしまいます。

こうなってしまってはお手上げ状態なので、時の経過を待つしかありません。

副業の方ならまだしも、本業の方であれば大きな打撃となります。

【2022年版】amazon転売(せどり)で通報されてアカウント停止・閉鎖にならないためには?

 

一方、メーカー仕入れの場合、この心配はほとんどありません。

メーカー本体から仕入れるわけなので、当然ニセモノをつかまされることもありませんし、請求書もきちんと発行してもらえます。

amazonメーカー仕入れは、後ろめたい気持ちが一切ない状態でできるので、正々堂々と長期的に自分のビジネスを作り上げたいと考えている方にはとてもお勧めです。

 

現在せどりや転売をされている方は、アカウント停止になってしまう前に以下の記事もご覧ください。

少しでもお役に立てれば幸いです^^

amazon規制の厳格化でせどり転売ビジネスはなくなる?メーカー仕入れが全てを解決!

 

【amazonメーカー仕入れおすすめ理由その3】メーカーへ卸値等の交渉を直接行える

amazonメーカー仕入れ-おすすめ4

さて、最後のおすすめポイントは、メーカーさんへ卸値等の交渉を直接行えることです。

 

せどりや転売の場合、その場限りの仕入となるため、交渉の余地がない場合がほとんどです。

一方、メーカー仕入れの場合はガンガン交渉することができます。

何度か取引を繰り返すことによって信頼関係が構築され、卸値を下げてもらったり、販売者を限定化してもらったりと、交渉が通りやすくもなるのです。

 

ただ、待っているだけでは勝手に卸値が下がったりしないので、ある程度取引したらこちらから交渉を持ち掛けます。

交渉というと難しいイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、メーカー仕入れでの交渉はとてもシンプルで決して難しいものではありません。

「交渉ってことは営業?」「営業なんてしたことないから不安です」という声もたまに聞きますが、我々はメーカーさんに商品を売る側ではなく、メーカーさんから商品を仕入れる側です。

なので営業ではありません。

下手に営業っぽく交渉を持ちかけると、そりゃあメーカーさんも嫌です、私でも下手な営業電話が来たら嫌なので断りますw

営業っぽさを出さずに、ビジネスパートナーとして対等の立場であることを忘れずに堂々としていればすんなり聞いてくれます。

 

もちろんメーカーさんによっては交渉をしても、卸値が下がらなかったり、限定化してもらえなかったりすることもありますが、少し期間を開けて再度アタックしてみたらOKをもらえた事例もあります。

それでもダメなら次のメーカーを探せばいいだけです、メーカーはいくらでもありますから^^

 

具体的な交渉方法などはこちらの記事に書いていますので、よければご覧ください。

amazonメーカー仕入れでの交渉方法を紹介します

 

 

最後に

本日は、amazonメーカー仕入れをおすすめする3つの理由をお話ししました。

この他にもメリットはありますが、話し出すと切りがないので今回は絞ってお伝えしました^^

 

冒頭でも触れたように、今の時代さまざまな副業情報で溢れかえっています。

どんな副業も楽して稼ぐことは絶対にできません。

仮にできたとしても、再現性のない一過性のものに過ぎないでしょう。

人それぞれ性格や環境が違うので、必ずしも「今すぐメーカー仕入れをやった方がいい」とは言いきれませんが、今回の話を聞いて、少しでもメーカー仕入れの魅力を知っていただければ嬉しいです^^

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。