【amazonメーカー仕入れ】展示会の準備、メーカーへのアプローチ方法を詳細解説します

amazon-メーカー仕入れ-展示会1

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

本日はamazonメーカー仕入れにおける「展示会の活用方法」についてお話していきます。

なんとなく不安で展示会に行ったことがない方や、行ったことはあるけど思ったような成果を残せなかった方のお役に少しでも立てれば嬉しいです。

時間的にも体力的にも限りがありますので、有意義な展示会になるようにしていきたいですね^^

最近は展示会まで行って物販をする人は少ない傾向にあるので、ライバルとの差別化にも繋がります。

 

そもそも展示会とは?

amazon-メーカー仕入れ-展示会2

そもそも展示会とはどんなものかご存知でしょうか?

展示会とは、メーカーが自社の商品を卸業者や小売店にアピールするために行われるものです。

東京ビッグサイトや、ポートメッセなごやなどの大きな会場で数日間開催され、多くのメーカーがそれぞれ会場の一角にブースを開いて、実際に商品を展示しています。

そこには新商品や目玉商品などを並べていることが多く、ネットだけでは出会えないようなチャンスが転がっていることもあります。

しかし、会場はとても広く、準備せず無計画に回ってしまうと、何もできずにただ歩き疲れるだけになってしまうこともしばしばです。

逆に言えば、計画的に準備万端で臨むことで、1人で10社以上のメーカーさんと繋がることも可能です。

amazonメーカー仕入れの実践者で展示会に行く人はまだまだ少ないので、ぜひチャレンジしてライバルセラーに差をつけましょう!

展示会が開催される主な場所と情報の入手方法

展示会の主な場所

展示会の開催については、下記の会場のホームページなどから情報を確認できます。

見たことない方は、一度覗いてみてください^^

またジェトロ(日本貿易振興機構)のホームページでは、世界の展示会情報が載っていますので、条件の開催地を日本にして検索することもできます。

JETRO

 

 

 

展示会に行く前に準備するべきこと

amazon-メーカー仕入れ-展示会3-1

先ほどもお伝えした通り、展示会は準備が命です。

どんな準備が必要なのかを具体的に解説します。

名刺を作っておく

展示会に行く場合、名刺は必須です。

現場では必ずメーカーさんと名刺交換しますので、忘れずに作りましょう。

会社名、屋号・名前・連絡先は最低限記載して、自分の顔写真もつけておくと覚えてもらえやすくなお良いでしょう。

ラクスル

amazon-メーカー仕入れ-展示会6

ラクスルなどを使えば簡単に名刺を作成することができます。

当日の服装

目的はメーカーさんとの取引なので、ビジネス寄りの清潔感のある服装にしましょう。

スーツでも構いませんが、当日はかなり歩くことになるので、動きやすさも重視してください。

出展一覧を見て事前にリサーチをする

前項でご紹介したホームページから行きたい展示会を見つけたら、事前登録申請を行います。

登録を行うことで、展示会が開催される約1~2ヵ月前から出展企業一覧を見ることができます。

出展企業一覧には、企業のホームページが載っていますので、出展する企業がどのような商品を扱っているかをリサーチします。

具体的には、amazonに企業の商品の商品ページがあるかどうかを調べて、エクセルなどで展示会専用のリストを作成しておきます。

amazon本体が出品している場合でも、メーカーが直で取引しているのか、はたまた卸業者等から仕入れて販売しているのかわからないため、リストに印をつけて当日事実確認をしましょう。

<リスト記載例>

ローテ ブースNo. 出展企業名 代表商品名 本社 その他
1 A001 株式会社○○ ○○クリーム 東京
2 C012 □□株式会社 ○○ 茨城
3 B003 有限会社▲▲ ○○ 岩手 amazon直販有り

膨大な量の出展企業がありますが、あらかじめリサーチすることで、当日は効率的に目的に合ったメーカーと繋がることができます。

どうしても大変な場合は、外注することも検討してください。

以下の記事も合わせてご覧ください。

【Amazonビジネス】展示会、ギフトショーに参加する前に事前リサーチは必須です

基本的な専門用語を押さえておく

展示会に行ってメーカーさんに会いに行く方は、メールや電話の交渉以上に専門用語は理解しておくようにしてください。

展示会に行くような方は物販中級者以上の方が多いと思いますが、在宅作業と違って知らない用語を調べながら交渉するということができません。

専門用語で話が噛み合わなくなるとメーカーさんの印象が良くないので、最低限の用語は押さえておいてください。

詳細は、以下の記事をご覧ください。

amazon転売(せどり)からステップアップのメーカー仕入れを始める場合に必要なものとは?

その他必要なもの

その他必要なものとしては、展示会の招待状や申込書、ボールペンや、ルート表なども忘れずに持っていきましょう。

展示会の効率的な回り方とメーカーとの交渉方法

amazon-メーカー仕入れ-展示会4

さて、名刺と展示会用のリストを作成したら、あとはどのように回り、メーカーにアプローチするかを考えます。

そして展示会当日は実際にメーカーのブースに行って繋がりますので、実際のアプローチ方法も解説します。

事前にアプローチしたいメーカーのブースを押さえておく

各ブースの配置は、開催の約2~3週間くらい前に閲覧可能になる場合が多いので、それとリストを照らし合わせて、めぼしいメーカーさんのブースの位置は押さえておきましょう。

また、開催の2週間前くらいになると、新規の出展企業が増えていることもありますので、あらためてリサーチしてみてください。

人目のつきにくい場所に狙い目のメーカーが多い

会場によって異なりますが、人目につきやすい場所はブース代も高いため、ある程度大きな企業が入っている場合が多く、逆に立地が良くない場所に中小企業が出展している傾向にあります。

amazonメーカー仕入れの場合、大企業よりは比較的規模が小さい中小企業が狙い目なので、一応この仕組みは覚えておいて損はないでしょう。

大企業であれば取引できれば大きいですが、交渉難易度が非常に高いです。

メーカーへのアプローチ方法

では実際に展示会でメーカーさんへアプローチする流れをご説明します。

最初から取引の話をするのはあまり印象が良くないので、展示されている商品をまずは手に取ったりカタログを見たりして、興味があることをメーカー側に示します。

メーカー側から声を掛けてくださる場合も多いので、最初は相手の話を聴いてあげて、徐々に取引の話に持っていきます。

展示会のために接客用のアルバイトを雇うメーカーさんも多いので、話のわかる方かを判別する必要があります。

そのため、「ECサイトを運営しておりまして、御社の商品も販売させて頂きたいと思っているのですが、直接取引させていただくことは可能ですか?」などと聞いてみてください。

仮にアルバイトだった場合、「わかる者を連れて参りますので少しお待ちください」となるはずです。

そして社長さんや担当者の方が来たら、より具体的な話を展開していきましょう。

メールや電話などと違い、展示会はメーカーさんと対面で話すことができるので、より熱を伝えることができます。

この瞬間のために展示会に来たと言っても過言ではありませんから、精一杯想いを伝えましょう!!

展示会終了後

展示会の終了後には、必ずメーカーさんへお礼のメールをしましょう。

展示会の来場者はとんでもなく多いため、メーカーさんも来場者をいちいち覚えきれていないはずです。

そこでメールを送っておくことで「あー、あのときの〇〇さんか」とメーカーさんも思い出してくれるので、今後の取引交渉を円滑に進めることができます。

その際には、会社概要や自社ホームページなども添えておくとより良いです。

会社概要やホームページについては、以下のブログ記事や動画を参考にしてください。

あらかじめ会社概要を作成する際に自分の想いをしっかり考えておけば、展示会当日のメーカーさんとの交渉もスムーズです。

メーカー仕入れにホームページは必要? 作るならどんな内容を載せる?

また、次回の展示会に備えて、忘れない内に今回の展示会での反省点と改善点をメモしておくとベストです!!

 

最後に

本日は展示会の活用方法と準備、メーカーへのアプローチ方法についてお話ししました。

メーカー仕入れの場合、メールや電話などで済んでしまうことが多いため、展示会のような対面でのコミュニケーションに苦手意識を持つ方も多いかもしれません。

しかし苦手意識があっても、勇気を出して一度行ってみると、意外と楽しかったりします^^

ただ、誤解してほしくないのは、初心者の方はまずは日々メールを送り、メーカーと取引する交渉を怠らずにやっていることが前提です。

展示会では必ずしも良いメーカーが見つかるとは限りませんし、なんだかんだ時間を取られてしまいますので、コスパが悪いこともあり得ます。

なので今回の話は初心者の方というよりは、中級者向けのお話です。

基礎があっての応用ですので、まずは目の前のやるべき作業に没頭しましょう!!

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。