【徹底比較】中国から輸入した商品はメルカリで出品する?amazonで出品する?

【徹底比較】中国から輸入した商品はメルカリで出品する?amazonで出品する?

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

中国輸入商品の販路は様々ありますが、今回は中国輸入した商品をメルカリで出品する場合とamazonで出品する場合で比較します。

中国輸入商品をどこで売ろうか考えている方に参考になれば幸いです。

中国輸入商品のメルカリ出品とamazon出品は何が違う?

中国輸入商品のメルカリ出品とamazon出品は何が違う?

そもそも、中国輸入商品の販売先が違うことで具体的には何が違うのでしょうか?

メルカリとamazonでは、具体的に以下のような違いがあり、性格がかなり違うことがわかります。

リサーチ、仕入れ、配送、出品までの流れ

【中国輸入✕amazon、メルカリ】リサーチ、仕入れ、配送、出品までの流れ

中国輸入商品のメルカリ出品とamazon出品のリサーチ、仕入れ~出品の流れは以下の通りです。

メルカリ amazon
売れている商品リサーチ メルカリ amazon
仕入れ先 アリババやタオバオなど中国のECサイト
仕入れ~配送まで 基本的には中国輸入代行業者に代行
出品 メルカリ amazon(FBA代行)

基本的にはメルカリ出品であれば、売れている商品はメルカリでリサーチし、amazon出品であれば、amazonで出品します。

やはり「売れている実績のある商品」を参考にすることになりますので、販売先に合ったリサーチをする必要があります。

【出品方法】フリマのメルカリ vs ECサイトのamazon

【出品方法】メルカリはフリマ vs amazonはECサイト

ご存知のとおり、メルカリは基本的にはフリマサイトです。一方でamazonは大型のECサイトという性格が強くなります。

これが具体的にどういう違いを持ってくるかというと……

メルカリは少量仕入れには向いていますが、amazonのように大量に出品することができません。

大きく稼ぐならamazonの方が有利ですが、メルカリはその分操作が簡単など初心者向きです。

ただ、中国輸入はそもそもビジネスとして取り組んでいる方がほとんどなので、フリマサイトのメルカリと相性が良いかは疑問です。

また、メルカリはフリマアプリサイトの性格上、基本的には中古を売ることに向いていますが、新品の場合は高値で売りにくい側面があります。

amazonは、基本的に新品でも中古でも売ることができますが、中古と新品が横並びで表示されるため、新品として売るほうが有利です。

中古の場合は出品できない商品カテゴリーがあるので注意が必要です。

たとえば、中国輸入の人気商品カテゴリーのひとつである衣料品は、amazonでは中古品として売ることができません。

まとめると、メルカリとamazonには、次の大きな違いがあることになります。

メルカリ amazon
個人間取引で商品を1つずつ出品 1度に大量の商品を出品できる
主に中古を売る 主に新品を売る

以上、特にOEM販売やメーカー直取引に取り組むのであれば、必然的にメルカリよりはamazonになります。

【取引・発送】メルカリは個人間 vs amazonはFBAが代行

【取引・発送】メルカリは個人間 vs amazonはFBAが代行

先ほども書いたように、メルカリは個人間取引であるため、出品者とお客さんがコミュニケーションを取る機会が多くなります。

そして取引が決まれば、出品者がお客さんに自ら商品を発送することになります。

「お客さんとの距離が近くて嬉しい」という人もいるかもしれませんが、当然ビジネスとして大量に売るには手間が多すぎます。

amazonの場合は、これら販売に関する手続きをFBAが代行することになります。

FBAに出品すれば、注文があれば、そのままFBAの方で消費者に配送してくれるのです。その間に値引き交渉のような余計なコミュニケーションは発生しません。

表にまとめると、次のような大きな違いがあるのです。

メルカリ amazon
お客さんとコミュニケーションが発生 お客さんと必要以上のコミュニケーションは発生しない
お客さんとの値下げ交渉も自分でやる 値下げ交渉のシステムはない
注文~配送まで自分が対応 FBAを利用すれば、自動で受発注が行われる
クレーム対応は自分でやる amazonが対応する場合がある

実際に物販をビジネスとしてやってみるとわかりますが、この違いはかなり大きいです。

なお、amazonの場合はFBA配送だけでなく自己配送を選択することができますが、一部の商品を除けば、基本的にはFBA配送を選択した方が楽です。

【販売手数料】メルカリ一律10% vs amazon8~15%+月額固定

【販売手数料】メルカリ一律10% vs amazon8~15%+月額固定

メルカリとamazonは手数料の仕組みも全然違います。

メルカリはどの商品に対しても、販売額に対して10%の手数料がかかり、その他の手数料はかかりません。

商品が売れない、そもそも出品していない状態であれば、月額で発生する手数料はかかりません。

一方でamazonは、商品のカテゴリーによって手数料が変わり、だいたい8~15%です。

この販売手数料に加えて、小口出品であれば商品ごとに100円の基本成約料がかかります。大口商品であれば、販売手数料とは別に、月額4,900円の固定の手数料が発生します。

そのため、手数料という点でいえばamazonの方が高くなります。

なお、amazonの場合は50個以上売れば大口商品の方が有利のため、amazonセラーの大半はアカウント開設時に大口出品を選択します。

そのため、amazonの場合は何も売らなくても、月額4,900円の手数料が発生することになります。

手数料という点でいえばメルカリの方が有利です。

【属性】メルカリは若い女性 vs amazonは全世代に対応

【属性】メルカリは若い女性 vs amazonは全世代に対応

ユーザーの属性もメルカリとamazonで全然違います。

メルカリを利用するのは10~30代の若い女性ユーザーです。メルカリせどりをする人で、比較的若い女性が多いのはそのためです。

一方でメルカリは男性の利用が少ないため、男性がメルカリで売れる商品をリサーチするのは少し難しいかもしれません。

amazonは言うまでもなく、世界最大のプラットフォームで、品揃えが抜群。老若男女関係なく利用しています。日本人がネットで買い物をするなら、だいたいはamazonか楽天ではないでしょうか?

「メルカリで商品を買ったことがない」という人がいても、「amazonで商品を買ったことがない」という人は珍しいでしょう。

その点で考えても、ビジネスとして大きく稼ぐなら、メルカリよりはamazonでしょう。

【売れる商品】メルカリはファッション系 vs amazonは全ジャンル

【売れる商品】メルカリはファッション系 vs amazonは全ジャンル

メルカリユーザーの属性が若い女性で、amazonは全人類が対象というユーザーの違いは、売れる商品にも影響を与えます。

中国輸入で若い女性向きの人気商品ジャンルといえば、ファッションやアパレル系です。

もちろん、amazonでも売れるジャンルではありますが、amazonの場合は先に書いたように衣料品の中古販売はできません。

ファッション・アパレル系の単純転売であれば、必然的にメルカリで売るほうが相性は良くなります。

一方でamazonではあれば、老若男女問わないので、様々なカテゴリーに対応することができます。

ちなみに、中国輸入でよく売れると言われる商品カテゴリーは、だいたい次のようなものです。

 

【中国輸入で人気の商品カテゴリー】

・ガジェット系

・工具、DIY商品

・生活雑貨

・カー用品、バイク用品

・防犯、防災グッズ

・ファッション、アパレル

・自転車用品

 

あわせて読みたい記事

次の記事に詳しく書いています。

中国輸入転売で売れる7つの商品の特徴と仕入れる場合の注意点を詳細解説!

【作業環境】メルカリはスマホ vs amazonはPC

【作業環境】メルカリはスマホ vs amazonはPC

メルカリの良いところは、スマホで個人間の取引や出品などの一連の作業を完結させることができることです。

つまり、外出中でもできますし、ベッドの上で寝転がりながら作業することができます。

スマホで簡単に操作ができるので、初心者の方には良いでしょう。

一方、amazonでもスマホでできないことはなく、いくつかのツールでもアプリが開発されていますが、基本PCでないとやりづらいです。

少なくとも私はスマホでamazon販売は勧めません。

【結論】ビジネスならメルカリよりamazonがおすすめ

【結論】ビジネスならメルカリよりamazonがおすすめ

結論としては、「小遣い稼ぎではなくビジネスとして大きく稼ぎたい」「将来会社を辞めて独立したい」ということであればamazonをおすすめします。

そもそもメルカリとamazonではフリマアプリとECサイトという大きな違いがあるので、どちらが良いということはありません。

しかし、中国輸入ビジネスという観点で言えば、圧倒的にamazonが有利です。

以下、今までのメルカリとamazonの比較をまとめましょう。

メルカリ amazon
大量出品
中古品販売
新品の販売
OEMやメーカー直取引
注文~配送までの代行
ユーザーの属性
販売手数料
スマホで作業

 

販売手数料の安さやスマホで作業できる気軽さからメルカリの方が初心者向きと言えます。

しかし、基本的には中古品販売と相性が良く、個人間取引が中心なので、大量出品には向いていません。

中国輸入に関しては大量に出品できた方が有利ですし、いずれOEMやメーカー直取引に取り組むのであればamazonは必須です。

まとめ

以上、中国輸入でビジネスとして大きく稼ぐならメルカリよりはamazonという話をしました。

たまに「初心者はメルカリで、慣れてきたらamazonに挑戦すると良い」という人がいます。

たしかに、これも一理あるのですが、私は初心者の方も最初からamazon販売に取り組んだほうが良いかと思います。

メルカリはたしかにスマホで楽に操作ができたり、手数料が安かったりして初心者の方には手頃です。

ただ、最初からamazon販売に取り組めば、仕入れから出品までの一連の流れに早く慣れることができます。

大量仕入れに挑戦することもできますし、早く実力をつけることができるでしょう。

ちなみに、amazonアカウント開設がまだの方は、次の動画を見ながら簡単に開設ができますので、参考にしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外輸出・輸入ビジネスへ

カテゴリー記事一覧

amazon物販ノウハウ

amazon物販ノウハウ
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

amazon物販ビジネスで使える全ノウハウをまとめています。これを見るだけでamazon物販ビジネスについての理解が深まるかと思います^^

輸入の知識・海外メーカー取引

輸入の知識・海外メーカー取引
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

海外から商品を輸入する際の知識や、海外メーカーさんとの取引について書いています。海外メーカー仕入れは輸入を経験したことのある方は、必ず通るべき道です。

コンサルティング(お客様の声)

コンサルティング(お客様の声)
実際にコンサル受講した方の生の声

私のamazon物販コンサルティングを実際受けて頂いたお客様の声です。全てありのままを書いてもらっていますので、よければご参考ください^^

副業・独立・起業

副業・独立・起業
amazon輸入転売とは?簡単なリサーチ方法も大公開!

amazon物販ビジネスは副業の方にも、そして独立起業したい方にも最適なビジネスです。まずここでamazon物販ビジネスについて、より深く知って頂きたいと思います。

資金繰り・融資関連

資金繰り・融資関連
amazon輸入はキャッシュフローを意識しなければ潰れる理由

あなたの目標利益を達成するために、資金繰りや融資の話は大事です。ぜひあなたの目標利益を達成するための行動をしていきましょう!

私の培ったAmazonビジネスノウハウを全てつぎ込んで
しかも過去有料で開催した内容を完全無料で公開しております。


合計約5時間にわたる大ボリュームの役立つセミナー動画


合計約5時間にわたる
大ボリュームの役立つセミナー動画です。

これを見るだけで
amazonビジネスの基礎から応用までマスターでき
実際に有料のセミナーに参加した方からは

「取引が決まった」
「利益が上がった」
「安定した仕入れ先が増えた」
「作業効率が上がった」

などなど、沢山の喜びの声を頂きました。

 

是非あなたの利益アップにお役立てください!
今のうちにゲットしてくださいね^^

期間限定プレゼント中!
「Amazonビジネスで稼ぎを飛躍する17個の特典」


LINE@お友達登録で17個の特典をプレゼント

LINE@お友だち登録で
Amazonビジネスの稼ぎを飛躍する
17個の特典を差し上げています!

コンサルティングにも触れる内容を
包み隠さず話しているので、よければご登録ください^^
「参考になった!!」という方が多い、
魅力的な特典満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です