中国輸入でおすすめのECサイトはどれ?アリババ?タオバオ?それとも……

中国 輸入 サイト

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

中国輸入のECサイトと言えば、アリババやタオバオがもっともお馴染みです。しかし、実際に調べてみればわかりますが、他にもたくさんのECサイトがあります。

ただ、あれもこれも中国のサイトを押さえておかなければいけないわけではなく、必要最小限だけ押さえておけば十分です。

そこで今回は、中国輸入ビジネスで比較的有名なサイトを中心に紹介し、特徴を紹介していきます。

【中国輸入なら一番おすすめ】1688.com(中国アリババ)

1688.com(中国アリババ)

中国輸入ビジネスをするなら外せないのが、何と言ってもアリババです。中国輸入をするなら、アリババを活用しない手はありません。

amazonが主流となっている日本では実感は湧かないかもしれませんが、アリババは世界的にはamazonと並ぶシェアとなっています。

中国にもamazon.cnというのがありますが、中国amazonのEC市場のシェアは1%未満なので、まず活用する機会はないでしょう。

中国輸入ビジネスでは、仕入れはアリババ、販売はamazonというのがベースとなると考えて間違いないでしょう。

ただ、アリババと言っても、中国国内向けの1688.comと、海外向けのAlibaba.comがあります。

まずは、アリババのECサイトでも、1688.comからお伝えしていきます。

中国輸入するならまずは1688.comを使おう

いきなり結論を言ってしまうようですが、中国輸入をするなら、特にOEM販売を視野に入れるのであれば1688.comを活用することをおすすめします。

最初中国輸入でアリババの話をすると、後述するAlibaba.comを想像する方も多いのですが、価格が1688.comより高く、おすすめできません。

一方、1688.comは安く仕入れることができる分、Alibaba.comに比べるとロットで仕入れることが前提となります。

ただ、実際にリサーチしてみればわかりますが、業者の選定次第で少量仕入れが可能な場合が多く、初心者でも不安なく取り組めるでしょう。

また、1688.comは、基本的にOEMも転売も前提として出店している起業が大半のため、交渉も容易です。

以上のことから、中国輸入の初心者の方は、まずは1688.comから仕入れるものと考えれば間違いありません。

1688.comのメリット

1688.comのメリットは、なんといっても、日本のamazonと同じ規模で、安く仕入れることができ、OEMができるという点です。

以下、具体的に解説します。

安く仕入れられる

1688.comは、何と言っても、価格が他の中国のECサイトに比べて安く仕入れられます。

アリババの世界向けサイトであるAlibaba.comに比べれば安いのはもちろん、これから紹介するサイトよりも安価な傾向があります。

圧倒的な品揃え

1688.comは、日本で言うところのamazonと同じくらいの規模になるので、とにかく商品の種類が豊富です。

基本的には、amazon中国輸入の場合、amazonでリサーチして見つけた中国商品を仕入れることになります。

その場合は、やはり品数の多いサイトから探すほうが見つけやすいのは言うまでもありません。

少量仕入れできる業者が多い

1688.comはロット仕入れが前提となる点をデメリットと指摘する人もいますが、先ほど書いたように、実際には少量仕入れできる業者を見つけやすいです。

なかには1個からでも仕入れられる業者もあるので、探してみると良いでしょう。

取引できる業者が多い

1688.comは、同じ商品を販売している業者がたくさんいます。

そのため、過去の取引実績や卸価格、最小ロットなどを見ながら信頼できそうな業者を選定することができます。

OEMができる

将来的にOEMに取り組みたいのであれば、1688.comに出店している企業はOEMを前提としている業者も多く、面倒な交渉がいらないので楽です。

将来単純転売だけでなく、ライバルと差別化して自社ブランド化した商品を売りたいのであれば、やはり1688.comはおすすめです。

1688.comのデメリット

以上の理由から、中国輸入に取り組むのであれば1688.comをおすすめしますが、デメリットもあります。

デメリットを認識して商品を仕入れるようにしましょう。

問い合わせへの返答が遅い

Alibaba.comのように個人消費者向けのECサイトではないので、問い合わせをしてもレスポンスが遅いことがあります。

ただ、1688.comについては、業者に評価が付いているため、信頼できそうな業者を選ぶことで、ある程度リスクは軽減できるでしょう。

とはいえ、特に国内の物販に慣れた人は、レスポンスの遅さは覚悟しておいた方が良いです。

△返品が難しい傾向がある

これも企業間取引ゆえの特徴かもしれませんが、不良品があっても、比較的品質の返品を受け付けない業者が多いです。

ただ、これについては中国輸入代行業者に検品も代行してもらうことで、解決できます。

代行業者を選ぶときは、手数料にもよりますが、検品を代行してもらう業者の方が安心です。

【中国の海外向きサイト】Alibaba.com(アリババ)

Alibaba.com

中国国内で流通するBtoBサイトである1688.comに対して、Alibaba.comは中国の企業が世界に向けて販売するCtoCサイト。

そのため表記は英語になっています。

参考程度に紹介しますが、中国輸入でAlibaba.comを使っている人は、多くありません。

CtoCサイトなので1個から商品が買えますが、中国商品というよりは、世界からの輸入品が集まっているので価格が高めだからです。

Alibaba.comはもともと海外向きのサイトなので、中国輸入代行業者を挟まなくても直接買えますが、それでも1688.comの方が安く済む傾向にあります。

そのため、Alibaba.comは中国輸入ビジネスには向いていません。

【日本で言うところのamazon】淘宝網(タオバオ)

タオバオ

中国輸入でアリババの他に有名なサイトといえばタオバオです。

タオバオもアリババ系列のECサイトですが、1688.comは中国企業が出店していることに対し、タオバオは個人出店も可能です。

1688.comがスーパーデリバリーなどの卸問屋のイメージならば、タオバオはどちらかというとamazonのイメージです。

タオバオも品揃えが豊富で、1点からでも購入できるため利用者が多いのですが、私としては1688.comをメインにすることをおすすめします。

理由は、1688.comに比べて商品価格が高めで、個人出店も多いため、商品の品質が劣ることが多いためです。

1点からでも購入できるので、「少量ならばタオバオ、大量仕入れなら1688.com」という意見もたまにあります。

しかし、1688.comでも業者の選定次第では1個から買えることも多いです。

また、テスト仕入れでも3点以上購入するような場合は、最初から1688.comをメインに利用するようにすると良いでしょう。

ただ、無在庫販売を取り入れるようなときは、タオバオも視野に入れておいても良いでしょう。

【品質は良いが高い】天猫(TMALL)

天猫

こちらもアリババ系列の天猫。

タオバオと同じく、個人も出店できますが、タオバオと違って出店基準が厳しく、品質が良いことが多いです。

しかし、その分値段が高いので、やはり1688.comよりは不利な条件で仕入れることになります。

天猫を使う機会は、そんなに多くないでしょう。

【日本語利用可】アリエクスプレス(aliexpress)

アリエクスプレス

アリエクスプレス(aliexpress)も、アリババ系列の中国国外向けのECサイトです。

上の画像を見てもわかるように、日本語利用可能で、クレジットカードで簡単に購入できます。

国外向けのサイトなので輸入代行業者は不要であるため、比較的初心者に向いていると言えるかもしれません。

しかし、

  1. 1688.comより価格は高め
  2. 商品点数が少なめ

というデメリットがあり、中国輸入、特にamazon販売には向いていません。

【日本の100円ショップの仕入れに活用】イーウー(義烏)

イーウー

これまでアリババ系列のECサイトを紹介しましたが、もちろん有名なECサイトはアリババ系列だけではありません。

アリババ系列以外で有名なECサイトが、イーウー(義烏)です。

ただ、なぜイーウーが有名かというと、日本の100円ショップが、ほとんどイーウーから仕入をしているためです。

それだけに、日用品やアクセサリー、文具をメインに扱っていますが、1688.comでも多く扱っており、品質もさほど変わりません。

イーウーに関しては、実際に現地で買付に行く人がリサーチで見るために利用することが多いそうです。

まとめ

以上、中国輸入転売でお馴染みの有名ECサイトについていくつか紹介しました。

今回紹介したECサイト以外にも、あまり知られていないものを含めて、たくさんのECサイトがあります。

ただ、結論としては、まずは初心者の方は1688.comを利用することで問題ないでしょう。

1688.comは日本で言えばamazonのような規模で、商品も安く、しかも将来OEMに取り組むなら必須です。

「ロット買いが前提になるので少量仕入れや無在庫販売ならタオバオ」という声も多いですが、1688.comでも少量仕入れは可能です。

なお、中国輸入OEMに取り組む際に、amazonと1688.comを使ったリサーチ方法については、以下の記事で詳しく書いています。

実践的な記事で、中国輸入OEMのイメージが明確に湧くと思いますので、ぜひ参考にしてください。

1688.comの使い方、活用方法について参考になるでしょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外輸出・輸入ビジネスへ

カテゴリー記事一覧

amazon物販ノウハウ

amazon物販ノウハウ
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

amazon物販ビジネスで使える全ノウハウをまとめています。これを見るだけでamazon物販ビジネスについての理解が深まるかと思います^^

輸入の知識・海外メーカー取引

輸入の知識・海外メーカー取引
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

海外から商品を輸入する際の知識や、海外メーカーさんとの取引について書いています。海外メーカー仕入れは輸入を経験したことのある方は、必ず通るべき道です。

コンサルティング(お客様の声)

コンサルティング(お客様の声)
実際にコンサル受講した方の生の声

私のamazon物販コンサルティングを実際受けて頂いたお客様の声です。全てありのままを書いてもらっていますので、よければご参考ください^^

副業・独立・起業

副業・独立・起業
amazon輸入転売とは?簡単なリサーチ方法も大公開!

amazon物販ビジネスは副業の方にも、そして独立起業したい方にも最適なビジネスです。まずここでamazon物販ビジネスについて、より深く知って頂きたいと思います。

資金繰り・融資関連

資金繰り・融資関連
amazon輸入はキャッシュフローを意識しなければ潰れる理由

あなたの目標利益を達成するために、資金繰りや融資の話は大事です。ぜひあなたの目標利益を達成するための行動をしていきましょう!

私の培ったAmazonビジネスノウハウを全てつぎ込んで
しかも過去有料で開催した内容を完全無料で公開しております。


合計約5時間にわたる大ボリュームの役立つセミナー動画


合計約5時間にわたる
大ボリュームの役立つセミナー動画です。

これを見るだけで
amazonビジネスの基礎から応用までマスターでき
実際に有料のセミナーに参加した方からは

「取引が決まった」
「利益が上がった」
「安定した仕入れ先が増えた」
「作業効率が上がった」

などなど、沢山の喜びの声を頂きました。

 

是非あなたの利益アップにお役立てください!
今のうちにゲットしてくださいね^^

期間限定プレゼント中!
「Amazonビジネスで稼ぎを飛躍する17個の特典」


LINE@お友達登録で17個の特典をプレゼント

LINE@お友だち登録で
Amazonビジネスの稼ぎを飛躍する
17個の特典を差し上げています!

コンサルティングにも触れる内容を
包み隠さず話しているので、よければご登録ください^^
「参考になった!!」という方が多い、
魅力的な特典満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です