利益率を上げるには? せどりの利益率vsメーカー取引の利益率

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

せどりに限らず、自分で副業やビジネスをしようと思った時に気になるのが「利益率」ですよね。

 

本日は、せどりとメーカー取引の利益率の違いを説明し、利益率を上げるにはどのようなことをすべきかも説明しています。

是非、最後までお読みいただき、利益率を上げるなどあなたのビジネスに役立ててくださいね^^

 

どんなビジネスでも気にしなければならない「利益率」とは?

 

利益率の計算は、とても大切です。

なぜなら、どんなに売上が良くても、ちゃんとした利益を出すことができなければ、ビジネスとして成り立たないからです。

利益率を理解すると自然に「利益率を上げる!」が目標になってきます。

せどりとメーカー取引の利益率を比較する前に、利益率の計算方法について、少し説明しますね。

 

利益率の計算方法

「利益÷販売価格×100」が利益率の計算方法です。

ここで問題です。

●商品A
販売価格10,000円 利益2,000円

●商品B
販売価格20,000円 利益3,000円

2つの商品のうち、あなたはどちらの商品を取り扱いたいですか?

 

利益額だけを見るなら、商品Bの方が、より多くの利益を得られそうですよね。

では、2つの商品の利益率を計算してみましょう。

●商品A
2,000円÷10,000円×100=20%

●商品B
3,000円÷20,000円×100=15%

 

いかがでしょうか?

実際に利益率を計算してみると、実は商品Aの方が効率よく稼げる商品だったことが分かります。

 

利益率を上げる=効率よく稼ぐ でもありますから、計算は大切です。

 

ちなみに、利益額とは、売上から仕入原価や諸費用を引いた残りを指します。

売上 ― 仕入 ― 諸経費 = 利益額

 

こういった利益額や利益率の計算は、せどりをするなら絶対的に大切な部分なので、覚えておきましょう。

 

開始1年目の利益率は?

 

それでは、実際に「せどりの利益率」と「メーカー取引の利益率」を比較していこうと思います。

タイトル「開始1年目の利益率は?」をお読みになって「1年目?2年目とは違うの?」と思われたかもしれません。

 

継続年数によって経験値がたまってきますので、まずは1年目だけをご説明します。

きっと今はピンとこなくて「???」な方も多いと思いますが、読み進めていくにつれて、「そういうことかー」と納得できるはずです。

 

せどりの利益率(1年目)

【せどり1年目の利益率の相場】

・新品せどり10%~15%

・中古せどり40%~50%

 

なんだか、新品と中古の利益率にすごく差がありますよね?

理由は、中古せどりは、ライバルがなかなか手に入れられない「掘り出し物」を扱うからです。

ただ、中古せどりは利益率こそいいですが、一点物である可能性も高く、継続的に利益を得続けたり、利益率を上げることは難しいです。

そして、中古である特性上、商品ページに商品の状態や写真等を詳細に記す必要があり、これを怠ってしまうと売れにくくなります。

これらの手間を考えると、時間単価として中古せどりは決して良いビジネスではないことが分かります。

 

合わせて読みたい記事

新品せどりと中古せどりの利益率については、こちらでも詳しく説明しています。

amazonを活用したせどりや転売の利益率ってどのくらい?

 

メーカー取引の利益率(1年目)

中古せどりに対して、メーカー取引の利益率はどのくらいか見てみましょう。

【メーカー取引1年目の利益率の相場】

10%~15%

 

ピンときたあなたは冴えています!

新品せどりと同じぐらいの利益率ですよね。

それなら、せどりとメーカー取引の利益率をわざわざ比較しなくてもいいやん!というツッコミをもらいそうですが…面白いのは、ここからです^^

 

開始2年目以降のそれぞれの利益率は?

 

せどりの利益率(2年目以降)

せどりに限らず、物販をしているとどんどん目利きになってきて利益の出る商品を見つけやすくなります。

作業に慣れて効率的に行動することができるようになるので当然ですよね^^

ですが、だからといって利益率が上がるわけではありません。

【せどり2年目以降の利益率】

・新品せどり 10%~15%

・中古せどり 40%~50%

 

1年目と変わりませんね。

それどころか、個人的には1年目より利益が出なくなる可能性すらあると思っています。

その理由は、このブログでも何度もお伝えしていますが、「ライバルの参入が多いから」です。

 

最初は利益の出ていた商品でも、ライバルがたくさん参入してくると、販売スピードが落ちます。

みんな在庫をどうにかしたくて、どうしても価格を下げてでも売ってきます。

そのため、個人的には、「せどりの利益率は年々、不安定になるのではないか・・・」と思っています。

 

メーカー取引の利益率(2年目以降)

せどり2年目以降に対して、メーカー取引の2年目以降の利益率はどうでしょうか?

実は、メーカー取引の利益率は、読めないのが本音です。

これは後ろ向きな話ではなく、メーカーに交渉して卸値を下げてもったり、メーカーからamazonの独占販売を任せられるまでになったりすることで利益率を上げることができる=利益率が未知数 だからです。

 

もちろん、メーカー取引でも利益率が下がる可能性は全くゼロではありませんが、一般的には徐々に利益率を上げることができるのが、メーカー取引です。

間違いなく言えることは、メーカー取引はせどりよりも利益率が安定していて、堅実なビジネスだということです。

長期的な利益率は「メーカー取引>せどり」になる可能性がとても高いといえます。

1年目のせどりとメーカー取引の利益率比較

 

2年目以降のせどりとメーカー取引の利益率比較

 

利益率を上げる方法

せどりとメーカー取引で、具体的にどうしたら利益率を上げることができるのかみてみましょう。

 

作業量を多くする

利益率を上げるために、一番てっとり早い方法が「作業量を多くする」ことです。

誰よりも商品リサーチをして、ライバルが目をつけていない商品を見つけることが大切です。

ライバルが多くなると、たちまち利益が出なくなってしまうので、誰よりも早くライバルが少なくて利益が出る商品をみつけることで、利益率を上げることができます。

せどりで利益率を上げる方法は、おそらく「作業量を多くする」以外にないでしょう。

そのため、せどりでは「行動力」がとても大切になってきます。

そして、その「行動力」を「継続する力」も大切です。

 

合わせて読みたい記事

何を使って、何を見て、何を仕入れるべきかの参考にしてください^^

せどり初心者がやるべき行動はコレ

 

合わせて読みたい記事

がむしゃらにやると時間の無駄になっちゃいます。

知っていれば簡単?せどりの仕入れにはスキルが必要

 

合わせて読みたい記事

電脳せどり&実店舗せどりの仕入れ先が載っています。

せどりができる仕入れ先をまとめてみました!

 

相手の立場に立って考える

 

利益率は、どうしても気になってしまうポイントではありますが、そればかりを追い求めていては成功できません。

ビジネスをする上で、利益率と同じくらい、もしかしたらそれ以上に大切なことがあります。

 

それは「相手の立場に立って考える。」ということです。

 

世の中には便利なサービスがたくさんありますが、その経営者が利益のことだけ考えて行動していたらどうでしょうか?

きっとその会社は一時的に利益を出すことはできても、長続きしないでしょう。

健全な経営をし、「顧客の立場に立ってサービスを考えた」結果、とても大きな利益を生み出すということが多々あります。

物販でも同じことです。

 

amazonで販売する場合は、お客様と直接やりとりすることがないため、「顧客の立場に立ってサービスを考える」ことは見落としがちです。
でも、「顧客」を「仕入先」に置き換えたらどうでしょうか?

「仕入先の立場に立ってサービスを考えた」結果、とても良いことが自分にも訪れそうな気がしませんか?

具体的に言うと、メーカー(仕入先)はamazon物販に詳しくない人が多く、amazonで販売することに対してメーカー特有の悩みを持っていることが多いです。

 

せどりでもメーカー取引でも、amazonで物販をしている私達には、その知識がありますよね?

その知識を活かして、メーカーの悩みを一緒に解決していくことで、メーカーとの信頼関係を築くことができます。

その結果、私達のビジネスがどう伸びていくのか・・・これは、もう言わなくてもわかると思います。

残念ながら、せどりは手軽な反面、仕入先とこういった信頼関係を築くことはできません。

是非、利益率を追い求めるだけでなく、相手の立場に立って行動することも検討してみてください。

それが、利益率が上がるきっかけになることもありますよ^^

 

合わせて読みたい記事

メーカーとの取引は、個人事業主でも可能です!

副業はせどりよりもメーカー取引の方が「楽」

 

合わせて読みたい記事

メリットの方が大きいと考えています^^

【amazon物販ビジネス】国内メーカー仕入れのメリットデメリット

 

最後に

本日は、せどりとメーカー取引について、1年目の利益率と2年目以降のそれぞれの利益率の説明をさせていただきました。

利益率を上げることが「できる」手法と「難しい」手法があることがご理解いただけましたでしょうか?

 

物販始めたての方や、これから始める方なら、せどり・メーカー取引どちらでもいいと思います。

きっと、どちらを選んでも、貴重な物販の経験を積むことができるはずです。

 

でも、もしあなたが長期的なビジネスを考えているのなら…。

是非、メーカー取引に挑戦してみてください!

相手の立場に立って行動するのも、とても楽しいですよ^^

 

合わせて読みたい記事

せどり・転売をやるならメーカー取引も候補にいれてみてください^^

amazon転売を続けると潰れる理由。メーカー仕入れで転売から卒業し、安定収入を得る方法

 

メーカー取引について興味を持った方は、是非私の本も読んでみてください^^

無料試し読みキャンペーンは、こちら

amazonからのご購入は、こちら

メールマガジン登録は、こちら
(過去の有料メーカー取引セミナーの動画をプレゼント中!)

amazon国内メーカー直取引完全ガイドの表紙

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 海外輸出・輸入ビジネスへ

カテゴリー記事一覧

amazon物販ノウハウ

amazon物販ノウハウ
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

amazon物販ビジネスで使える全ノウハウをまとめています。これを見るだけでamazon物販ビジネスについての理解が深まるかと思います^^

輸入の知識・海外メーカー取引

輸入の知識・海外メーカー取引
amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

海外から商品を輸入する際の知識や、海外メーカーさんとの取引について書いています。海外メーカー仕入れは輸入を経験したことのある方は、必ず通るべき道です。

コンサルティング(お客様の声)

コンサルティング(お客様の声)
実際にコンサル受講した方の生の声

私のamazon物販コンサルティングを実際受けて頂いたお客様の声です。全てありのままを書いてもらっていますので、よければご参考ください^^

副業・独立・起業

副業・独立・起業
amazon輸入転売とは?簡単なリサーチ方法も大公開!

amazon物販ビジネスは副業の方にも、そして独立起業したい方にも最適なビジネスです。まずここでamazon物販ビジネスについて、より深く知って頂きたいと思います。

資金繰り・融資関連

資金繰り・融資関連
amazon輸入はキャッシュフローを意識しなければ潰れる理由

あなたの目標利益を達成するために、資金繰りや融資の話は大事です。ぜひあなたの目標利益を達成するための行動をしていきましょう!

私の培ったAmazonビジネスノウハウを全てつぎ込んで
しかも過去有料で開催した内容を完全無料で公開しております。


合計約5時間にわたる大ボリュームの役立つセミナー動画


合計約5時間にわたる
大ボリュームの役立つセミナー動画です。

これを見るだけで
amazonビジネスの基礎から応用までマスターでき
実際に有料のセミナーに参加した方からは

「取引が決まった」
「利益が上がった」
「安定した仕入れ先が増えた」
「作業効率が上がった」

などなど、沢山の喜びの声を頂きました。

 

是非あなたの利益アップにお役立てください!
今のうちにゲットしてくださいね^^

期間限定プレゼント中!
「Amazonビジネスで稼ぎを飛躍する17個の特典」


LINE@お友達登録で17個の特典をプレゼント

LINE@お友だち登録で
Amazonビジネスの稼ぎを飛躍する
17個の特典を差し上げています!

コンサルティングにも触れる内容を
包み隠さず話しているので、よければご登録ください^^
「参考になった!!」という方が多い、
魅力的な特典満載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です