せどり・転売初心者がやるべき行動はコレ|仕入れ検証手順から上級者になるまでの具体的方法を解説

せどり・転売初心者がやるべき行動はコレ

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

本日は、これからせどり・転売をはじめたいとお考えの方へ向けて、まずは何から行動を起こすべきかお伝えしたいと思います。

 

初心者の方は、今必要な情報だけに集中して経験を積むことが重要です。

せどりや転売は、今は情報が溢れすぎていて、何が正しいのかわからなくなっています。

情報がたくさんありすぎて、結局、何から始めればいいのかわからなくなってしまっている方はぜひお読みください。

 

 

せどり・転売初心者におすすめの仕入れ先と店舗は? その理由は?

せどり・転売初心者が知っておくこととは?

まず、せどりや転売初心者の方が、最初にやるべきことは、仕入れ先と販路を決めることです。

ただ、仕入れ先と販路は、様々な選択肢があるので、おすすめをお伝えします。

せどり・転売初心者のおすすめの販路はamazon。その理由は?

せどりをした商品の転売の販路はいろいろありますが、あなたはどこで販売することを考えていらっしゃいますか?

 

私は、初心者であればamazonのFBAを使って始めることをオススメします。

オススメというよりは必須かもしれません。

 

「FBAって何?」と思った方は以下の記事に詳しく書いていますので、あわせてご覧ください。

とても便利サービスですよ^^

副業の方にオススメなのはamazonのFBAサービスである

 

せどり・転売の知識を増やすなら店舗に足を運んで仕入れよう

さて、せどり・転売の知識を増やしていくのに手っ取り早いのが、実際に店舗へ足を運ぶことです。

近所にある店舗を回ることで、店舗の特徴を把握できます。

そうするとリサーチの効率を上げられるようになります。

 

例えば、「この店舗はここに処分品が集まっている」、「この日にセールがあるんだな」というような情報ですね。

 

実店舗でリサーチをする際は移動時間も考慮しなければなりません。

あまり時間をかけすぎると効率が悪くなってしまいます。

 

ですから、実店舗へ仕入れに行く際は、無駄に店内をグルグルしないよう事前に店舗の特徴を知っておくことが大切です。

 

店鋪の特徴をつかむだけでもいいのですが、どうせ行くのですからアプリを使ってバーコードを読み取ってリサーチをしてみましょう。

 

実際に商品を仕入れませんので、資金がマイナスになる事はありません。

リサーチをしてみるだけでも十分成長することができますので、始めたてうちはどんどんバーコードを読み取って利益商品を見つけてみましょう。

【注意】せどり・転売を禁止している店舗は増えている

ただし、現在はせどりや転売を禁止している店舗が多いので注意してください。

店舗せどりが年々難しくなっているのは事実ですが、許可を取ればOKな店舗もあるので、なるべく店舗に了承を得てから行いましょう。

せどり・転売禁止の店舗にバレないようにリサーチするスリルがたまらないというなら話は別ですが(かなり稀ですよね)、、、

これからお伝えすることは、店舗せどりを禁止している店舗が増えていることを理解したうえで行ってください。

せどり・転売初心者は無料アプリで経験を積む

せどり・転売初心者は無料アプリで経験を積む

以上のことを踏まえて、せどりや転売で店舗仕入れをする際に活用したい、便利な無料アプリを紹介します。

せどりや転売のツールやアプリは様々ありますが、特に使い勝手のいい無料アプリを紹介します。

いずれの無料アプリも有料版もありますが、実際に無料アプリを使用してみて、もう少し機能が欲しいと思ったら有料版に切り替えるといいでしょう。

代表的なせどり・転売のアプリ2社

初心者さんにとっては「バーコードの読み取りって何?」ですよね。

バーコード=JANコードです。

 

amazonでは商品ページを作る際にJANコードを入力しますので、amazonの検索窓にJANコードを入力することでも商品ページを見つけることができます。

 

せどり・転売では、このシステムを利用して効率よく商品を見つけて行きます。

そこで、「せどりアプリ」でメジャーな2社をご紹介していきます。

 

  1. 「せどりすと」もしくは「せどろいど」
  2. 「アマコード」

いずれも無料版と有料版があり、基本的にどちらかを用意すれば、店舗せどりは可能です。

 

せどり・転売アプリ「せどりすと」「せどろいど」

こちらは現役せどらーが開発したアプリなので、かなり使い勝手のいいアプリです。

「せどりすと」がiPhone版で、「せどろいど」がAndroid版となっていますが、いずれも3つのシリーズにわかれています。

 

「せどりすと」「せどろいど」のシリーズ
  • せどりすと(無料)
  • せどりすとプロ(買い切り3,800円)
  • せどりすとプレミアム(初月税込11,000円、2ヶ月目以降税込5,500円)

 

初心者の方はまず無料版から使っていけば大丈夫です。

 

「せどりすとプロ」と「せどりすとプレミアム」は使える機能が豊富なので有料版になっています。しかし、初心者の方は、機能を持て余してしまうので、使いこなして利益が出せるようになってから切り替えても遅くないと思います。

 

無料版はよくアプリが落ちたり、読み込み失敗があるので少しストレスに感じるかも知れませんが、感覚を掴むことが重要なので、気にせず使っていきましょう。

 

公式ホームページやYouTubeなどに使い方が詳しく公開されているので、今すぐにでもインストールして触ってみてください。

 

せどり・転売アプリ「アマコード」

アマコードもせどりではとても知られたアプリなのですが、「せどりすと」と機能的な違いはあまりないように感じます。

 

こちらは無料版と有料版。

 

アマコードのシリーズ
  • アマコード(無料版)
  • アマコードプロ(月額5,500円)

 

今回紹介したどちらのアプリも無料版が用意されていますので、両方使ってみてご自身の使い勝手が良い方を選んでみて下さいね。

 

「せどりすと」も「アマコード」も自分のamazonアカウントと簡単に同期することが可能です。

同期することで、商品を仕入れてから出品までの一連の作業を行うことができ、とても便利です。

 

アプリを手に入れたらさっそく店舗へ行ってみましょう!

主な仕入れ先については、以下の記事も参考にしてください。

【2022年版】せどり・転売ができる仕入れ先をまとめてみました!

 

せどり・転売初心者から上級者になるためのコツ

せどり・転売初心者から上級者になるためのコツ

まずは「せどり・転売」ができる店舗で商品仕入れのコツなど、上級者がやっていることをお伝えしていきます。

店舗の特徴について把握できたら、以下のことを参考にして実際に仕入れてみましょう。

 

店舗の「値札」の特徴を知る

店舗せどりで大事なのは値札

 

店舗へ到着したら、YouTubeやネット検索で「店舗名 せどり 値札」で調べてみましょう。

ヤマダ電機に来たのであれば「ヤマダ電機 せどり 値札」ですね。

 

実は値札には値段以外にも重要な情報が表示されています。

例えば、ヤマダ電機であれば、右上に小さく「E」が書かれていて「値段の文字」が赤いのが狙い目です。

 

各店舗の値札の特徴をわかっていないと余計なところまで見てしまい、時間がいくらあっても足りなくなってしまいます。

 

値札の特徴を覚えるまでは、店舗に入る前に値札の見方をチェックして効率をあげるようにしてください。

 

上級者になってくると、店内でバーコードを読み込んでリサーチなどせずに仕入れを行えるようになります。

バーコードが不要になれば当然効率がいいですし、他のお客様の迷惑にもなりません(店舗せどり禁止の店舗でもせどり行為がバレないというのもありますが、、、)。

 

上級者になると値札で判別できたり、目利きができたりするようになりますが、初心者はとにかく値札などでリサーチを繰り返し、脳に覚えさせることが大事です。

 

せどり・転売で利益を大きくするためには縦積み

せどり・転売では、商品の種類を多く仕入れをするよりも、1商品の量を多くすることが重要になってきます。

これを「縦積み」と言います。

 

ランキングもよくて利益を出せる商品を見つけたら、1つの店舗だけで仕入れを終わらせてしまうのは非常にもったいないです。

系列店や姉妹店でも仕入れることができることがあるんですよ!

 

全国展開をしている会社であれば店舗数も多いので、何店舗かを回ってその商品だけを仕入れることが可能ですね。

 

ただ、今はテクニックなどまったく気にしなくてもいいので、こういった方法があるということを頭の片隅においといてください。

まずは見るべき値札を理解して、とにかくバーコードを読み込んで経験を積んでいきましょう。

 

せどり・転売初心者は仕入れる前に検証

せどり・転売の初心者のうちは経験が必要なのですが、やみくもに仕入れていいわけではありません。

特に出品できない商品を仕入れてしまうのは、経験よりも時間と資金の無駄です。

 

amazonに出品ができない商品は店舗に返品をしに行ったり、返品ができなかったりする場合はヤフオクやメルカリなどで販売することになりますが、手間がかかりますし赤字が多いですね。

 

amazonは、販売価格の変動が激しい販売サイトです。

実際に販売するまでに価格が下落することは多々起きてしまいますので、100円程度の利益の商品の仕入れは行うべきではないと私は考えます。

十分利益率が担保できる商品を仕入れるようにしましょう。

また、後述するようにamazonの出品規制にも十分注意してください。実際にamazonは出品に対する規制が以前より厳しくなっています。

 

なので、初心者さんほどまずは自分が買おうとした商品が本当に仕入れるべき正しいものなのか検証してみて、問題がなければお金を払って仕入れを行う方が良いでしょう。

 

せどり・転売初心者の仕入検証手順

せどり・転売初心者の仕入検証手順

せどり・転売の手順を簡単に書くと以下の2つの工程になります。

 

店内でバーコードを読み取って利益が出せそうか調べる

出品可能かどうかを調べる

 

特に出品可能かどうかは必ず確認をしてください。

amazonのアカウントを作ったばかりの方や、売り上げがあまりない方では、出品自体が許可されない商品がたくさんあります。

 

例えばおもちゃでは、バンダイやタカラトミーとか、家電ならパナソニックやソニーなど様々なメーカーや商品の出品が規制されています。

 

出品規制を含めた失敗例は以下の記事に詳しく書いているので、興味のある方はぜひご覧ください。

せどり・転売で陥りやすい失敗とは?知ることで備えよう!

 

今回の仕入れ手順の解説は、「せどりすと」を使って解説していきます。

 

1.バーコードを読み込む

「せどりすと」のバーコード読み取り機能を使って、バーコードを読み込むことで商品が表示されます。

また、keepaと連携することで、価格の変動やランキングを確認できます。

ただ、keepaと連携するためには「せどりすとプレミアム」を導入する必要があります。せどりすとを無料で利用して気に入った方は、切替えを検討してみてください。

 

連携するやり方は以下の通りです。

 

keepaへの連携方法
  1. せどりすとのアプリを開き、「≡」をタップ
  2. 「アプリケーション設定」をタップ
  3. 「検索リスト拡張ボタン」をタップ
  4. 右上の「編集」をタップし、次のページのページの「+」をタップ
  5. 「ボタン種別」をタップ
  6. 「ユーザー定義」を選択してチェックマークをつけ、右上の「保存」をタップ
  7. 前の画面に戻り、「ボタン設定名」をタップし、「keepa」と入力
  8. 「設定URL」に https://keepa.com/#!product/5-{asin} と入力
  9. 商品検索をして、下の段に「K」が表示されれば連携完了!

2.amazonセラーセントラルで、出品制限がないか確認する

 

アマゾンの出品規制の確認

 

上記はamazonセラーセントラルの商品登録画面です。

商品登録画面で、出品できるかどうかを確認しましょう。

商品登録画面で「利用できません」とあれば出品できない

赤い矢印の「利用できません」の表示されていると、この商品は出品できません。

 

商品によっては新品のみの状態でしか出品できないものもあれば、新品を含めすべての状態でも出品できないこともあります。

 

先ほどもお伝えした通り、商品やご自身のアカウント状況によって内容が変わってきますが、必ず出品可能かどうかを確認していきましょう。

 

出品許可申請ボタンを押せば出品許可が通ることがある

たまに「申請が必要です」との表示がされていることがあります。

その際は一度「出品する」ボタンの下に出てくる「出品許可申請」のボタンを押してみてください。

 

アカウントの状態や商品によっては、ボタンを押すだけで出品許可が通ったりすることがあります。

出品許可を申請するために書類提出を求められることがある

ただし、ボタンを押した後に書類提出の画面に飛んだ場合は申請が通らなかったということになります。

そうなると正規ルートで仕入れた商品であることを証明する書類がなければ出品はできません。

 

せどり・転売では、メーカーや問屋から納品書をもらえないので、あきらめた方が良いでしょう。

最後に紹介するメーカー仕入れの場合は、納品書などをもらえるので、出品許可を申請することが可能になります。

3.keepaで過去の価格の推移を調べる

出品ができる商品だったとしても仕入れた商品を販売するまでに販売価格の下落がおきてしまうという可能性があります。

価格の下落の可能性が高い商品は仕入れ対象外となりますので、初心者の方ほどしっかりと確認しましょう。

 

下記はある商品のkeepaのグラフになります。

せどり 初心者

 

一番上の段が価格の推移になります。

グラフが上下しているので、価格が安定していないことがわかります。

 

amazonの価格競争対策については、以下の記事を参考にしてください。特に、せどりや転売以外の物販に興味のある方には参考になるかと思います。

amazon転売の価格競争から抜け出す具体的な対策とは?

 

実際は仕入れてからamazonのFBA倉庫に納品するまでに2~3日はかかると思いますので、仕入れてから2~3日後に販売価格が落ちるかどうかを検証しましょう。

 

今は仕入れる前のリサーチの練習です。

 

上記のことを理解せずに仕入れを行うと、本当に赤字ばかり出してしまうので、モチベーションも資金もなくなってしまいます。

 

すぐに始めたい気持ちはわかりますが、お金を使わなくても、そのスキルは養うことをオススメします。

 

初心者からベテランになっても失敗はあります。

特にせどり・転売は人気商品を狙って仕入れるので、価格競争に巻き込まれないようにするために、Keepaなどで検証して仕入れは慎重に行いましょう

 

amazonのせどり・転売からメーカー仕入れの移行も考えよう

せどり・転売からメーカー仕入れへ

今までせどり・転売の記事を書いてきた私ですが、将来のことを考えてどうにかしなければならないと強く感じ、現在ではメーカー仕入れを行なっています。

 

メーカー仕入れとは、せどり・転売のように小売店から仕入れるのではなく、メーカーから直接仕入れをする手法です。

 

メーカー仕入れを始めてからは出品制限があってもメーカーから書類を提出してもらうことができるようになりました。

また、最上流のメーカーから仕入れることができるので、小売店で仕入れるよりも格安で商品を手に入れることができるようになりました。しかも安定的な仕入れができるので、長期的に収入が積み上がります。

何といっても、店舗せどりのような、せどりや転売に対する店員さんの冷たい視線を気にしなくて済みます^^

 

実はメーカー仕入れというのはみなさんが想像しているよりとても簡単なんですよ^^

 

実際に法人でなくても個人から取り組むこともできますし、amazon物販のノウハウを活かすことができます。

 

下記にメーカー仕入れについてまとめた記事を載せておきますので、一度ぜひ読んでみてください!

せどりや転売を続けるだけでなく、メーカー仕入れも候補にいれてみてください^^

 

amazon転売(せどり)を続けると潰れる理由。メーカー仕入れで転売から卒業し、安定収入を得る方法

amazon転売の価格競争から抜け出す具体的な対策とは?

 

 

最後に

本日は、せどり・転売の初心者の方向けに、せどり・転売の実際に必要なツールや、仕入れの手順をまとめました。

なので、次は行動をし、コツコツとamazon物販の経験を積む段階です。

 

失敗しないと身に付かないこともあります。

失敗で心が折れないように小さな失敗をたくさん経験することも必要です。

 

私の記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

せどり・転売でamazon販売の基本を経験することができたら、メーカー仕入れにもチャレンジしてみて下さい。

また、amazon販売の経験がない状態からメーカー仕入れを行っても問題ありません。

「自分にはせどりや転売よりはメーカー仕入れの方がいいかな」と思ったら、最初からメーカー仕入れに取り組むことをおすすめします。

 

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。