amazon物販における利益率の考え方

amazon 物販 利益率

こんばんは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

本日は「amazon物販における利益率の考え方」にお話させて頂きます^^

 

amazon物販ビジネスにおける利益率の考え方

amazon 物販 利益率

 

あなたは自分の物販で、どのくらいの利益率を目指していますか?

 

私の利益率の考え方ですが、今は少し違いますが、amazon物販を始めた当初は「利益率10%以下でも、回転率がよければ全然OK」というタイプでした。

これには理由がありまして、正直お金さえあれば物販は利益を伸ばすことが可能です。

お金さえあればロットをかけて卸値を安くできるし、お金さえあれば色んな選択肢が増えます。

というわけで、まず物販は「お金」が一番大事なのです。

 

現金50万円使って利益率20%だったとしても、出せる利益はたかが知れています。

それよりも少ないお金を使って、まずできる限りの売上を利益率10%以下でも作ることが大事です。

なぜならそうすることで「融資」を受けれるからです。

 

私のメーカー仕入れのコンサルを受ける方で多いのが、大体50~100万円前後の現金を持っているよ、という方です。

そのお金を使って、売上60~100万円前後を2、3ヵ月キープしてもらいます。

これができれば、創業融資で200~300万円おりる可能性が高まります。

200~300万円融資がおりれば、現金50万円のときより、だいぶ出来ることに違いが生まれます。

売上も拡大するでしょう。

そして半年後に保証協会経由で、500~800万円前後おりれば、なおまた選択肢が広がります。

詳細の流れについては下記の記事でも紹介していますので、合わせてお読みいただければと思います。

転売(せどり)を含めたamazon物販で2倍の資金を得る方法

 

言い方が悪いですが、お金も経験もないのに高みを目指そうとする方が多いイメージです。

まず現実見て、一番簡単なことで一番簡単にお金を得る努力をする、利益率を考えるのは、そのあとです。

 

融資についての考え方や、私のこれまでの融資を得てきた経緯については下記の動画でお話ししていますので、長時間ですが興味のある方はご覧になってみてください^^

 

amazon物販で利益率の高い手法は利益率が低い手法より難しい

amazon 物販 利益率

利益トントンでも、例えばそれでメーカー仕入れの流れが経験できれば、その経験値はプラスになります。

利益よりまず売上っていうのは、そういうことです。

売上作ったら、利益もおのずと付いてきますし、利益率も次第に改善されます、これは本当の話です。

【国内メーカー仕入れ】利益率を上げる4つのポイント

 

例えば現金50万円使ってOEMするより、それより簡単なことで売上作って1000万円ぐらいの融資を受けて、そのあとにOEMとかにチャレンジした方がリスクは減ります。

利益率の高い手法は、利益率の低い手法より難しいです。

難しいことにチャレンジするなら、チャレンジして失敗してもいいお金を最初に作るべきです。

 

潰れたらもう立ち直ることができません、でも失敗してもお金があれば立ち直ることができます。

1回で大成功できるビジネスなんて、この世に存在しないと私は思っています、全てがテスト改善でめちゃくちゃ失敗します。

でもそれがあるからいずれ成功する、っていうイメージです。

 

手元にある程度の余裕のあるお金や難しいことをなんなくこなす天才的スキルがあれば、初っ端から利益率の高いことやってもいいと思いますが、けっこうOEMとか通販で成功している人を見ても最初は利益率が低いことである程度経験した、って方が多いので、この辺は勘違いしない方がいい気がします。

 

amazon物販において最も安定して利益率を上げる手法はメーカー仕入れ

amazon 物販 利益率

amazon物販において、特に始めのうちは利益率よりも売上ということを伝えてきました。

私も物販はせどり・転売から始めてメーカー仕入れにステップアップしたのですが、せどり・転売のときは利益率の高い商品を仕入れて販売しても、「来月同じ商品の仕入れができる保証はない」ため、常に1日中リサーチをし続けなければならず、地獄のような日々でした。。。

 

しかしメーカー仕入れであれば、一度取引が決まったメーカーからは、以後メール1本でリピート仕入れができます。

また何度か取引を重ね、メーカー担当者と仲良くなったり信頼を得られたりすることで、卸値を安くしてもらえたり、最高のケースだと今後他のamazonセラーに卸さないようにしてくれることでセラー数を数人に限定してくれたりします。

そうなると利益率はぐんぐん上がります。

だからこそ始めは利益率がトントンでも仕入れ、あとから利益率が上がっていくことが可能なのです。

せどり・転売ではできないことですよね^^

amazon転売(せどり)を続けると潰れる理由。メーカー仕入れで転売から卒業し、安定収入を得る方法

 

実際私のコンサル生の方も、せどり・転売を続けていて長期的に大丈夫なんだろうか?と不安になって、メーカー仕入れにステップアップする方も多くいます。

そしてもちろんその方々のがんばりがあってのことですが、しっかり成果を上げている方が多いです。

【EC STARs Lab】コンサル生の声まとめ

 

これからamazon物販を始めようか検討している方や、せどり・転売を続けていくことに不安な方・疲れた方は、概要の記事と動画を下記に案内しますので、一度メーカー仕入れを検討してみてください^^

メーカー仕入れってどうやってやればいいの?そのやり方を解説します^^

 

最後に

ここまでamazon物販における利益率に対する私の考え方をお伝えしてきました。

これに全ての方が当てはまるとは思っていないですが、少しでも参考になれば嬉しいですm(__)m

 

引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。