副業でamazonへの出品を考えているあなたへ

こんばんは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

今、この記事を読まれている方は副業でamazonへの出品をしてみようか迷っているのだと思いますが、世間には初心者さん向けの記事がなかなかないようです。

なので、今回amazonでの副業についての【超初心者さん向け】の記事をシリーズで連載して行くことに決めました。

1回目は、amazonについてザックリ説明をしますね^^

 

副業に適しているamazonとはどんなサイトか?

amazonは米国で誕生したインターネット通販です。

amazonのモットーは、「地球上で最もお客様を大切にする企業」を目指しています。

米国以外では2019年現在、世界十数か国に存在しており、米国のamazonでアカウントを作ると数か国共通でアカウントの利用ができる便利な側面もあり、他国のamazonから欲しい商品を簡単に輸入するユーザーも多いです。

そして、日本でのユーザーは、約5000万人と言われております。

日本の総人口は1億2600万人ほどですので、かなりのユーザーがいますね!

 

ネット通販での買い物の仕組みが楽になってきたことと、ネット通販への拒否感が少なくなってきているため、年々ユーザーは増加傾向です。

スマホの普及も後押しになっています。

今のおじいちゃんおばあちゃんたちは、スマホを覚えることは難しいかもしれませんが、スマホを使用してインターネットで商品を買っている世代がおじいちゃんおばあちゃんになった時には、インターネットでの通販をし続けますよね。

生まれた時にインターネットが当たり前な子供たちが大人になったらやはりインターネットで商品を購入するでしょう。

 

このようにamazonに限らず、インターネットでの買い物のユーザーは増加傾向となっております。

副業で良い商品を仕入れて出品することができても、お客様がいないと商品は売れませんが、amazonではその心配はありません。

 

ユーザーの男女比に関してですが、以前は、男性>女性であったものの現在は、女性の利用者の割合が増えてきています。

「女性向けの商品はamazonでは売れない」なんてこともござません。

出品できる商品も多種多様です、法律に抵触しない限り、世の中のほとんどの商品の出品ができます。

書籍、CD、PC用品、食品、ベビー用品、ペット用品、ファッション、ジュエリーなどジャンル分けされていますので、自分の得意なジャンルから初めてみるもの面白いかもしれません^^

なぜ副業でamazonへの出品を選ぶのか?

ズバリ、出品が楽だからです!!

お小遣い稼ぎで取り組みやすいのは、オークションサイトのヤフオクやフリマサイトのメルカリなどだと思いますが、商品説明や画像がきちんとしていないと怪しい出品者に見られてしまいなかなか入札されないですよね。

amazonは副業とはいえ、自分のお店(ネットショップ)です、オークションやフリマではございません。

「この店は副業でamazonに出品しています」と明示して販売するわけではありませんので、お客様からすると副業だろうが本業だろうが関係ありません。

このように自分のお店(ネットショップ)で販売するためには、お小遣い稼ぎサイト以上のものが求められます。

 

こんな説明をするとamazonできちんと販売できるのか不安になってきた方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、心配しないでください。

amazonであれば、商品ページを作ることなく出品ができてしまうのです^^

 

これが、副業でamazonを選ぶ理由の1つです。

 

自分でイチから本当のネットショップを作るとなると、とてもお金と時間がかかります。

・集客のための広告
・商品写真撮影
・説明画像や商品ページの作り込み

などなど、やることはたくさんあります。

 

副業のはずなのが、本業なみのことをしなければなりません。

 

しかし、amazonでは、用意されている商品ページに出品をするだけです。

そして、お客様からすると、amazonというビックネームから購入する安心感があります。

 

出品者向けのカスタマーサポートもとても充実しているので、

・無料電話
・メール
・チャット

で、疑問質問を問い合わせることができます。

 

どうでしょうか、amazonで出品をしてみたくなってきませんか?

amazonで出品をする際の手順

この項目では、ザックリとした出品の手順の説明になります。

副業でamazonでの出品をしようかしまいかを悩んでこちらの記事を読んでいるのだと思いますので、amazonが適しているのかの判断をする材料にしてください。

実際の詳細な手順は、初心者向けさんシリーズの中で説明をします^^

 

と、その前に、この出品はamazonの出品用アカウントを作っている状態からの見た目です。

副業として始めようかと迷っている時だと思いますので、出品用アカウントは作成されていないですよね。

もしかしたら、「私は、楽天派」と、amazonで一度も購入したことがない方もいらっしゃるかもしれません。

 

以下の説明は、ログインせずにamazonのサイトに訪問しただけであったり、購入用のアカウントからであったりした場合との見た目とは違っている可能性もございますので、その点だけはご了承ください。

 

amazonで商品を出品する方法

コクヨのコピー用紙を出品してみます。

 

こちらが商品ページです。

お客様は右側の「カートに入れるボタン」を押すことで購入をすることができます。

実店舗の買い物カゴにあたる機能です。

Amazonでは、「カートボックス」という名称ですので、覚えてくださいね。

 

この「カートに入れるボタン」の下の方を見ると「マーケットプレイスに出品する」ボタンがあります。

グレーのこのボタンをポチっとすると、出品者専用のページに移動しますので、販売価格などを入れて出品完了です。

 

 

とても簡単ですよね??^^

今回のコクヨのコピー用紙の場合は、作業時間は1分ほどです。

 

出品方法は数通りあります。

取扱商品点数が多くなると1つ1つ出品作業をするのは大変になりますが、まずは副業として何か1つ出品してみてはいかがでしょうか?

出品練習をするならば、家にある中古の本などもオススメです。

 

また他の記事でも書きますが、amazonには他にも副業の方に適したサービスがあります。

今回の商品ページを作成する必要がない、というのも副業の方が効率よくお金を稼ぐことができる一つのメリットですが、商品の発送も自動で行ってくれる、そんな素晴らしいサービスがamazonにはあります。

このサービスをFBAといい、商品の梱包、発送、入金確認、返品処理など全ての面倒な作業をamazonに委託可能です。

また記事でも書きますが、もしそちらのことを知りたい方は下記の動画などをご参考ください^^

 

副業の方でも利益を効率よく伸ばすことができるamazonの魅力とは?

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

amazonはとっても簡単に出品ができてしまうことがご理解いただけましたら嬉しいです。

本業がある場合、副業になかなか時間はかけられませんよね。

なので、簡単に出品ができてしまうamazonは、副業にはうってつけです!

 

副業が成功し本業にする場合でも、amazonは優れていると感じております。

 

引き続き、超初心者さん向けの記事を書いて行きますのでよければ見てください^^

よろしくお願いいたします!

 

こちらの記事もオススメです。

amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です