amazon転売(せどり)はどこから商品を仕入れたらいいのか?

amazon転売(せどり)はどこから商品を仕入れたらいいのか?

こんにちは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

一言でamazon転売と言ってもその中でいろいろな取り組み方が存在します。

amazon転売で成功された方は、もちろん自分の手法が一番だと伝えたいはずですが、人によっておすすめの方法が違います。

初心者の方にとっては、「あれが良い」「これが良い」と言われても情報が多すぎて、結局自分には何がいいか悩んでしまうのではないでしょうか?

様々な仕入れを実践した私のamazon物販経験を活かし、amazon転売(せどり)を始めようとお考えの方へ向けて、主な仕入れ先やおすすめの方法を解説します。

ご自身がどの手法で取り組んで行くべきか参考にしていただければと思います。

 

 

amazon転売の仕入れ先は2つに分かれる

amazon転売の主な仕入れ先

amazon転売の仕入れ先は、大きく分けて2つあり、単純に「海外仕入れ」「国内仕入れ」に分かれます。

海外から商品を仕入れる方法と、国内から商品を仕入れる方法の特徴を、まずは押さえておきましょう。

海外仕入れ

これまでの海外仕入れのamazonせどり(転売)と言えば、主に欧米仕入れか中国仕入れがメインでした。

欧米輸入や中国輸入の仕入れ先

欧米輸入や中国輸入の定番といえば、次の仕入れ先が有名です。

輸入ビジネスの主な仕入れ先
  • ebay(アメリカの世界最大のオークションサイト)
  • amazon.com(アメリカのamazon)
  • アリババ(中国のBtoBサイト)
  • タオバオ(中国のCtoCサイト)

つまり、海外仕入れと言っても、今までメルカリやヤフオク、楽天などから仕入れていたものを、海外のECサイトに変えているだけです。

Google Chromeの日本語翻訳機能を使えば、多少不自然な日本語ではありますが、英語ができなくても苦労することはありません。

最近は東南アジアや韓国から仕入れる人も

なお、欧米輸入や中国輸入がライバルとの競争が激しいためか、最近ではタイなどの東南アジアや韓国から仕入れをされている方も増えています。

タイや韓国などは日本から近いので、電脳せどりだけでなく、旅行ついでにタイや韓国まで行って実店舗に仕入れに行く人もいます。

おすすめ!韓国仕入れせどり(転売)のメリット・デメリット、儲かるための重要なポイントは?

海外メーカーから直接商品を仕入れる海外メーカー仕入れ

海外仕入れであっても国内仕入れであっても、小売店から購入して販売する場合は単純転売といい、それが中古品であれば中古品転売となります。

単純転売と違って小売店からではなく、国内外のメーカーと何かしらの契約、または交渉を交わして直接仕入れることをメーカー仕入れといいます。(独占などでない場合は契約書などは必要ない場合が多いです)

メーカーから直接仕入れるので、amazonでは新品として販売できます(せどりや転売商品は、amazonでは原則的に新品では出品できません)。

国内仕入れ

amazonせどり(転売)といえば、国内のECサイトから仕入れる方法がもっともポピュラーです。

電脳せどり

日本国内での仕入れ先といえば、以下の仕入れ先が挙げられますが、電脳せどりの場合は仕入れ先だけでなく販路として活用する人も多いです。

主な国内電脳せどりの仕入れ先
  • 楽天
  • ヤフーショッピング
  • ヤフオク
  • メルカリ
  • その他専門サイト

店舗せどり

実際に実店舗に足を運ぶ店舗せどりについては、以下の仕入れ先が有名ですが、他にもあります。

下記以外にも近所のリサイクルショップなどを回ってみると、思わぬ掘り出し物が見つかることがあります。

主な国内店舗せどりの仕入れ先
  • ヤマダ電機
  • エディオン
  • ケーズデンキ
  • ビッグカメラ
  • コジマ
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • ドン・キホーテ
  • コストコ

以下の記事に、せどりや転売ができる仕入れ先や、実際の仕入れ方法、おすすめツールを紹介しています。

【2022年版】せどり・転売ができる仕入れ先をまとめてみました!

 

 

国内メーカーから直接商品を仕入れる国内メーカー仕入れ

なお、国内商品についても、単純転売だけでなく、メーカーから直接商品を仕入れる方法があります。

海外メーカーも国内メーカーも、メーカーとの交渉が必要ですが、国内メーカーの場合は対面やzoomでの交渉も可能になります。

また、商習慣の違いもあり、交渉メールなど、交渉のコツも若干違うので、国内メーカーと海外メーカーで好みが分かれるところがあります。

 

まとめるとここまでがamazon販売の大まかな仕入れ先となります。

メーカー仕入れについては、詳しくは後述しますが、個人的にはもっともおすすめな方法です。

 

amazon転売の仕入れ先・各手法のメリット・デメリット

amazon転売の仕入れ先・各手法のメリット・デメリット

次に、amazon転売の主な仕入れ先にや手法のメリット・デメリットを紹介します。

物販の種類にも各々違う特徴があるので、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。

海外転売

海外の商品を輸入するamazon輸入転売ビジネスは、英語ができなくてもできて、日本では驚くほど安価な商品が多いという特徴があります。

そのため、海外送料や関税・消費税を加味しても利益の出る商品が多いのですが、一方で不良品や発送遅延のリスクが高くなります。

生産や輸送の工程で、商品の化粧箱の破損も多いですが、ひどい場合は商品が壊れてしまっていることもあり、クレームが多くなりがちです。

もちろん、そんなものを売っていればamazonアカウント閉鎖のリスクが高くなります。

海外メーカー仕入れ

海外の単純転売ではなく、海外メーカーから直接商品を仕入れる海外メーカー仕入れという方法もあります。

信頼できるかどうかわからない業者ではなく、メーカーから直接仕入れるので、不良品や発送遅延の確率はかなり減ります(まったくゼロではないですが)。

また、交渉によって、卸値を大幅に安くしたり、ロットの交渉ができたりするので、単純転売と違って利益率や仕入れ量をコントロールしやすいところもあります。

先にお伝えした海外の単純転売と海外メーカー仕入れのメリット・デメリットについては、過去に詳しくまとめた記事があるので下記をご覧ください。

【amazon輸入ビジネス】海外メーカー仕入れのメリットデメリット

 

国内せどり・転売

私が考える国内せどりのメリットは、初心者でもすぐに利益を出せるという点です。

海外からの仕入れの場合は、どうしても日本に届くまでに数日かかってしまいます。

しかし店舗せどりですと、仕入れたその日にamazonへ送ることが可能です。ネットショップなどを使った電脳せどりであっても、早ければ翌日には商品が届くので2~3日でamazonへ納品することが出来ます。

また、せどりのノウハウは、YouTubeやネット上で具体的にアップされており、amazon転売専用のバーコードを読み取る無料アプリ(せどりすとやアマコードなど)を使えばすぐにでも始めることが可能です。

電脳せどりにしても店舗せどりにしても、独学で始めやすいのが特徴です。

 

次はデメリットについてですが、国内せどりは初心者が物販を始めやすいという点から、ライバルもその分多くなってしまいます。

ライバルが多くなれば価格競争に巻き込まれることがあるので、利益が出せると思って販売したけれど、結局赤字になってしまったなんてことも多々起こり得ます。

 

もう一つのデメリットは、利益の出せる商品を探し続けなければいけないという点です。

せどりというのは通常よりも安く買えなければいけないため、店舗独自のセールであったり、amazonでプレミアになっている商品の知識、ポイントなどを駆使して仕入れます。

なので、今日仕入れた商品を来週も仕入れに行くというリピート仕入れが難しく、常時あらゆる情報を集めて新しい商品を見つけなければならないのです。

利益が長期的に安定しない、ライバルとの過当競争とリサーチ地獄に陥ることが、大きなデメリットになってしまいます。

 

中古品転売

続いては中古品を仕入れてamazon転売を行うメリット・デメリットについてです。

中古品のメリットは、なんといっても一点ものだと言うところではないでしょうか?

同じ状態の中古品はなかなかないですし、ライバルがいたとしても競争にはなりません。

競争にはならなければ見込んでいた利益から下がることもないので、精神的にも楽ではないかと思います。

最近ではメルカリなどを使った不用品の転売が流行っているので、今まで以上に不用品の流通が格段に上がり、リサイクルショップなどを回らなくても仕入れをしやすくなっています。

 

デメリットは、製品の状態などをしっかり把握して説明をしておかなければ、返品のリスクが高くなってしまうところです。

お客様が使用してすぐに壊れた場合などは、中古品なのでメーカーの保証を受けられないので対応に困ることも考えられます。

そのため、amazonアカウントの停止・閉鎖のリスクがかなり高くなります。

あとはご自身である程度のメンテナンスをして販売しなければいけない物もあるので、多少の製品知識が必要となります。

 

 

 

私がオススメするのはせどり・転売→国内メーカー仕入れ!

私がオススメするのはせどり・転売→国内メーカー仕入れ!

これからamazon物販を始めようか考えている方にオススメしている手法は、国内メーカー仕入れです。

転売から物販をスタートして、次のステップとして国内メーカー仕入れを行うのも良いでしょう。

私自身は欧米輸入からamazon物販を始めたので、海外メーカー仕入れからスタートしましたが、国内商品を扱った経験があれば国内メーカー仕入れを選択するといいでしょう。

せどりや転売にはない国内メーカー仕入れのメリット

国内メーカー仕入れは、仕入れてから販売するまでのスピードと、最終的な資金繰りがとても良いです、何より始めやすい上に、メーカー仕入れなので安心感もあります。

そのほかにも単純転売とは違い、リピート性が高く、毎月各メーカー商品のリピート仕入れの積み重ねで利益が生まれます。

これまでリサーチしてきた時間などのご自身の努力が無駄にならないですし、やればやった分だけ負担は減っていきます、自由時間が多くなります。

国内メーカー仕入れをおすすめする理由をまとめると、以下の通りです。

国内メーカー仕入れをオススメする理由
  • せどりと同じように納品スピードが速い
  • 最終的に掛け売りにできる
  • リピートするだけで利益が構築される
  • どんどん楽になっていく
  • メールだけでも取引が決まる
  • 堂々とビジネスができる
  • 価格競争がチャンスに変わる

私は海外メーカー仕入れも得意ですが、初心者の方やamazon物販ビジネスを始めたての方におすすめするのは、どちらかというと国内メーカー仕入れです。とても面白いですよ^^

ただ、輸入転売ビジネスの経験者など、人によっては海外メーカー仕入れの方が向いている人もいるでしょう。

ご自身の経験に合わせて国内メーカーか海外メーカーか選んでください。

個人事業主でもメーカーと交渉・取引は問題なくできます

ただメーカー仕入れと言っても、メーカーと直接取引するなんて自分には絶対できない思う方もいるかもしれません。

国内メーカーにしても海外メーカーについても交渉が必要になるので、私も最初は自信がありませんでした。

 

ですが、実際に実践してみると全然そんなことはなく、むしろ取引をしてくれるメーカーさんは喜んでくれることの方が多いです。

少しイメージしてほしいのですが、あなたがご自分で作った商品があったとして、誰かが突然あなたのところへ連絡をしてきました。

「あなたの商品を拝見して、とても素晴らしい商品だと思いました!もし宜しければ私に販売をさせて頂けないでしょうか?」と言われたらどうですか?

それを言われてイヤな気持ちになる人はあまりいないと思います。

 

通常はメーカーさんの方からうちの商品を販売して頂けませんか?と営業をかけて売り込むのが普通です。

自分たちが動かなくても自社の商品を売り出してくれるわけですから喜んでくれて当然です。

メーカーが喜ぶ提案をして、メールだけで取引が決まる

そして驚きだったのがメールだけでも取引が決まるということです。

私のコンサル生に1年で100社以上取引を決めた方がいますが、9割はメールです。

しかも100社という数字は結構普通です。

もちろん100社すべてがリピートできるかといえばそうではありません。

最近ではメーカー仕入れを始める人も増えてきたので、単純転売のように価格競争が起きてしまう商品も中にはあります。

しかしこの価格競争がチャンスだったりもします……

価格競争がメーカー仕入れではチャンス

基本的にメーカーさんには参考上代といって、このくらいの価格で販売して欲しい!という基準が設けられています。

それは商品の価値やブランドのイメージを守るためです。

メーカーさんとしては参考上代を守って販売をしてほしいと考えますが、必ずしも守らなければいけないというわけではありません。

それは独占禁止法という法律があるので強制はできないからです。

強制できない分しっかりと参考上代で販売してくれる人を優遇してくれます。

むしろ、メーカー仕入れでは、amazonの販売価格とメーカーのブランドを守るのが、この物販ビジネスの本質と言っていいでしょう。

 

「amazonで販売者が増えると価格競争が起きてしまい、商品価値やブランドイメージが保てなくなるので、これ以上amazonの販売者を増やさない方がいいですよ」

このように販売者を限定化することを提案するなど、amazonの販売価格を守るのです。

もちろん、提案に応じてくれるメーカーさんもいれば、応じてくれないメーカーさんもいます。

その時は応じてくれなくても、いざ価格競争が起きてしまった時にメーカーさんに現状を伝えると、「あなたの言っていたことが本当だったんですね」と信用してもらえます。

そうなればこっちのものです。

価格を守らない取引先は商品を卸してもらえず、自分だけが販売できるようになります。

単純転売の場合だと損切りするしかありませんが、メーカー仕入れはチャンスになるのです。

 

国内メーカー仕入れについては、過去にまとめた記事もあります。

ぜひ、参考にしてみてください^^

【amazon物販ビジネス】国内メーカー仕入れのメリットデメリット

メーカー仕入れは個人でも可能か? どうすればメーカーと取引ができるのか?

 

 

最後に

今回はamazon転売(せどり)の仕入れについてご紹介させて頂きましたが、正直どの分野でも稼ぐことが出来ると私は思います。

それぞれ何を選ぶかはご自身の向き不向きもありますし、その時の環境もあると思いますが、本記事を参考に実践して頂ければと思います^^

 

これまで沢山のコンサル生を見てきましたが、センスのある人が結果を出すわけではありません。

自分が稼がなければいけない理由を明確に持ち、目標達成のために資金をどうしていくかを考えた人が結果を出せていると思います。

他の人にできてあなたにできないはずはありませんので、自信をもってこれから頑張っていきましょう!

 

私も上記の動画にお伝えしている通り、泥臭くamazon物販ビジネスを続けたらしっかり利益出たので、あなたも大丈夫です^^

 

メーカー仕入れに少しでも興味を持った方は、ぜひ✅メルマガ✅LINEにも、ご登録ください。

メルマガでは過去有料で開催した「メーカー取引完全攻略セミナー動画」を大公開!!
LINEでは書籍を買った人だけに差し上げている超有料級の3特典をプレゼント中です!!

より詳細にメーカー仕入れについてお伝えしていますので、本日の記事以上にあなたのお役に立つ情報をお届けしていきます^^

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。