【amazon物販ビジネス】国内メーカー仕入れのメリットデメリット

こんばんは、amazon輸入物販コンサルタントの中村裕紀です。

 

チョイ見せ動画への登録が大人気です!!

国内メーカー取引の最強教材に興味がない方も、ぜひ実際に私がコンサル生に行ったセミナー動画約3時間分を無料で受け取ってくださいね^^

このセミナーを受けて「意識が変わりました!!」というコンサル生が多数いて、大好評だったセミナーです。

 

このセミナー動画を無料で受け取りたい方は、下記にメールアドレスのみご登録ください。

【セミナー動画の受け取りはコチラ】

国内メーカー取引の最強教材チョイ見せセミナー動画は、4/13中に配布させて頂きます!

 

詳しい内容はコチラに書いています^^

【必読】amazonビジネスを始める前に意識すること

・お金に対する貪欲な思い
・目標利益を達成するための資金の考え方

この2点めちゃくちゃ大事なので、絶対意識してください!!

 

さて本日は、国内メーカー仕入れのメリットデメリットです。

amazon国内メーカー仕入れのメリットは?

国内メーカー仕入れのメリットは、もはや言うまでもなく、輸入と違い言葉の壁もないし、輸入と違い納期も早いし、最終的な資金繰りも良いことです。

 

海外メーカー仕入れの最終的な決済手段は海外送金の方が良いです。

なぜかと言うと、ペイパルなどのクレカ決済だと、4~5%程度の手数料を請求金額に上乗せされるからです。

 

詳しいペイパルの受け取り手数料はこんな感じです。

【ペイパルの受取手数料は?】

 

日本だと受け取り代金の3.6%+40円が受け取り側から手数料としてペイパルに支払われます。

100万円決済だと受け取り側は3万6千円をペイパルに支払うことになりますね。

支払うというより100万円の決済から自動的に引き落とされる形ですが。

 

こういうことがあるので、海外メーカー仕入れのクレカ決済だと、海外メーカーからペイパルの手数料を商品代金に上乗せされることが多いです。

海外メーカーは厳密なペイパル手数料でなく、けっこう多めにペイパル手数料を上乗せするので、4~5%ぐらいと大雑把な数字になっています。

 

このようなことを含め考えると

・言葉の壁がない
・納期も早い
・資金繰りが良い

という点は、めちゃくちゃ大きなメリットですよね?

 

国内メーカー仕入れは、月末締めの翌月末払いなどの掛け売り対応にできれば

4/1:商品発注
4/2:メーカー側から商品発送
4/3:事務所や代行会社に商品到着
4/4:amazonFBA倉庫に向け発送
4/5:amazonFBA倉庫に納品



5/31:商品代金の支払い

という風に、ここまでうまくいくか分かりませんが、掛け売りにできれば約2ヵ月に及ぶ商品販売の猶予期間があります。

これは資金が少ない方には、非常に有難いことですよね!!

amazon国内メーカー仕入れのデメリットは?

ただですね、、このようなメリットがあってか現状の国内メーカー取引は、ライバルが激増している「戦国時代」です。。

(以前、噂のSさんのセミナーを受けた方は意味が分かりますよね^^)

 

ライバルが激増しているということは、それが逆に「デメリット」であるとも言えます。。

 

今国内メーカーを実践されている方は、単純転売と同じようにライバルの増加による価格競争に悩み毎日のリサーチ地獄から抜けきれない方も多いでしょう。。

本当に最近ライバルが増えていますからね、、

 

多分amazonの規約変更も少し前にあり、せどりなどの国内転売をされていた方が国内メーカー仕入れにシフトチェンジしたのも、ライバル増加の要因の一つと考えています。

せどり系の情報発信している方も、国内メーカー仕入れを教えるようになっていますし。

amazon国内メーカー仕入れのデメリットを解決するためには?

では、このような国内メーカー取引の戦国時代をあなたは今後どのように切り抜けていきますか??

 

海外メーカー取引にでもシフトチェンジしますか?(笑)

 

でも申し訳ないですが、海外メーカーも国内メーカーほどではないですが、ライバルは以前より多いですし、国内メーカーより難しいです。

国内メーカーで利益が出なければ、ハッキリ言って海外メーカーで利益を出すのはかなりハードルが高いのでは、、と私は思います。

 

で、解決策ですが、解決策は色々とありますが

————————————–
まず国内メーカーさんと
深い信頼関係を構築し
自分だけの価格を引っ張り出したり

amazonの販売者を限定化してもらったり
amazonでの独占などを取る
自分だけライバルとは違う、特別な存在になる!!
————————————–

ということを実践すべきです。

 

実践する上では

メーカーさんが果たして何に悩んでいるのか?
私たちはその悩みに対してどう働きかけができるのか?

などのことを考え動けると強いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

この辺の具体的なことを、国内メーカー取引の最強教材では包み隠さず、文章そして動画で作り込んでいるので、興味のある方は4/17の販売をお楽しみに!!!!!

 

メールを沢山送ればいいとか
電話すれば良いとか
会いに行けば良い

とかそんな安易な教材ではなく、今まで私が国内メーカー取引、国内メーカー仕入れを実践して得た全てをお伝えできるような教材です。

 

【セミナー動画の受け取りはコチラ】

上記に登録しておけば、チョイ見せ動画も無料でもらえるし、教材の先行案内があるかもしれません。

 

もしかしたら4/17の販売を待たずして30名完売の可能性があるので、どうしても興味があって欲しい!!という方は、必ずチョイ見せ動画フォームへご登録くださいね。

もし先行案内で30名完売したら、4/17からは販売しません。

 

ではでは、失礼いたします^^

 

★こちらの記事もオススメです。

amazonのメーカー仕入れはメールの数量をとにかく増やすだけではダメですよ

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。