amazon輸入ビジネスを始めるための資金はいくら必要か?

こんにちは、amazon輸入物販コンサルタントの中村裕紀です。

amazon輸入ビジネスは、初心者の方でも取り組み易く、再現性の高いビジネスモデルだと考えます。

しかし、商品を買ってそれを販売するためには資金が必要です。

ここではamazon輸入ビジネスを始める方にとって、いくらの資金が必要か?をお話させて頂きます^^

amazon輸入ビジネスの構造

amazon輸入ビジネスとは、海外のプラットフォームと日本側のプラットフォームの価格差を見つけ、その差額を利益とする物販ビジネスです。

例えばアメリカのamazon.comで1万円の商品があったとします。
そして日本のamazon.jpでは3万円で同じ商品が販売されていたとしたら、差額は2万円です。

もちろんアメリカから日本へ商品を輸入しなければならないので、海外送料や日本側で掛かる消費税、そして商品によっては関税が掛かるため、まるまる2万円の利益は難しいですが、2万円も差額があれば十分な利益が見込めるでしょう。

 

あと細かい話ですが、amazon輸入ビジネスはamazonのプラットフォームを使ったビジネスなので、amazonで商品が売れた際は、amazon手数料としてその商品の販売手数料8~15%程度とFBAを使うならその商品の大きさにもよりますが出荷作業手数料というものが掛かります。

 

ちなみにFBAとは、amazonの倉庫に商品を送ることで、お客様が商品を購入するたびに自動的にamazon倉庫からお客様宛に発送してくれるという素晴らしい仕組みです^^

【FBAとは?】

【FBAを使ったときの手数料は?】

 

またamazon側で取るであろう販売手数料、出荷作業手数料の値を事前に調べるツールを、「FBA料金シュミレーター」と言います。

【FBA料金シュミレーターとは?】

 

amazon輸入ビジネスにおける利益をもたらす計算式はこちらです。

「日本側のamazonの商品販売価格-アメリカ側の商品の仕入原価-海外送料-消費税・関税-amazon手数料(販売手数料+FBAを使うなら出荷作業手数料)」

 

分かりづらい方は下記の動画と私が実際に使っている帳簿に当てはめてください^^

【私が実際に使っている帳簿のダウンロードはコチラ】

 

消費税と関税に関しては以下の記事をご参考ください!

【amazon輸入の消費税は仕入単価に掛かるだけではない】

【amazon輸入は関税で利益が消える可能性があるので要注意】

 

amazon輸入ビジネスを始めたての方だと分からないことも多いでしょうが、一つ一つ学んで慣れていけば輸入自体は難しいものではないですし、amazonのプラットフォームを使えば、とても簡単に商品を販売することが可能です^^

ではamazon輸入を始めるための資金は?

amazon輸入ビジネスの簡単な構造は前項でお話させて頂きましたが、実はamazon輸入ビジネスはクレジットカードの締めと支払いを利用したビジネスモデルでもあります。

例えば月末締めの翌月末払いのクレジットカードがあれば、4/1にアメリカの商品を輸入して、5/31のクレジットカードの支払いまでに商品を売り切れば、実質の資金は必要ない、ということになります。

こういった仕組みがあるので、資金なし、資金0円でも大丈夫!と思っている方もいますが、これは大きな間違いで、とても怖いことです。。

 

ここで考えなければいけないのが、amazonからの売上の入金がどれぐらいのタイミングであるか?ということです。

現在amazonの入金は毎日でも出来るような仕組みになっているようですが、私は古いアカウントなので現状2週間に一度の振込です。

 

ということは最低でも4/1にアメリカの商品を輸入して、5/31のクレジットカードの支払いに間に合わせるためには5月の中旬には商品を売り切らなければなりませんよね。

仮に輸入する時間が1ヵ月掛かってしまうと(通常早くて2週間ぐらい)、その商品を販売できる期間は5/1-5/15ぐらいまで、なのではないでしょうか?

これを売り切らなければ終わりです、、クレジットカードの支払いに間に合わず、大変な事態になります。。

資金はある程度確保した方が良い理由

私は資金が0円に近い状態で、amazon輸入ビジネスを始めました。

クレジットカードの締めと支払いの猶予を利用しているビジネス、これはなんて素晴らしいビジネスだ!と心が躍ったのを覚えています。

が、、販売する商品数量や売上がまだ自分の責任がもてる範囲なら良いでしょうが、それを超えると大変な事態になります、、

 

というのも私は自分が持っている資金の何十倍、何百倍もの仕入れをクレジットカードを使い行っていました、感覚が麻痺していたのだと思います。

その結果、クレジットカードの支払いに間に合わなかったのです・・・

 

ある時とても大きな仕入れが出来て、それを船便で日本へ輸入することで海外送料が半額になるという話を聞きました。仕入代金はクレジットカードで約200万円です。
早速船便会社に連絡を取り約1ヶ月で商品を日本へ到着することが出来ると聞き、それを試したのですが、船がとある船便会社の諸事情で半年間止まったのです。。

これはもう終わりですよね、、だって200万円も自分の手元にお金がない訳ですから、、
改めてクレジットカードの締めと支払いを活かす、このamazon輸入時ビジネスの恐ろしさに気付きました。。

何日間か眠れない日々が続きました、当時もう結婚していて小さな子どももいて、自分の親にも200万円という大金を頼るわけにもいかないし、友人にも頼めない、怪しいカードローンとかは怖くてできない。。本当に地獄でした。。

 

そして考えに考えた挙句の果てに、たまたま200万円を支払ったクレジットカードの機能にリボ払い、というものが付いているということに気付きます。

200万円を月々5000円でリボ払いすることにしました、金利で15%ほどです、月々の手数料だけでも数万飛びます、、でも本当にこれで助かりました。。

 

amazon輸入ビジネスは初心者の方でも結果が出やすい、素晴らしいビジネスだと思います!

でも資金がなくても出来る、資金が0円でも出来る、というのは、私はちょっと違う気がします。

たしかに出来ます、ただ自分の資金の何倍、何十倍、何百倍という仕入れをクレジットカードでするのは怖過ぎます。。

 

やはりある程度の資金をもったうえで、こういった物販ビジネスをすべきです!!

私のコンサル生には最低でも現金で50万円は用意してほしい、と伝えています。

50万円あればamazon輸入で稼げる感覚は掴めます、50万円の現金で稼げる利益はたかが知れていますが、まず利益額よりamazon輸入で稼げる感覚を確実に身に付ける方が大事です。

そして、その稼げる感覚が養えたら「融資」を検討すべきです、私も受けていますし、大きな利益を出そうとすれば当然誰もが通る道だと考えます。

融資を受ければ、ある程度自分のもとに資金が出来るので、クレジットカードの締めや支払いをめちゃくちゃ気にせずに、精神的にも安定した状態でamazon輸入ビジネスに励めます。

そういう状態でビジネスをすることこそが大事だと思っています!

 

amazon輸入ビジネスは資金がなくても出来る、0円でも出来るということは事実ではあります。
だけど、私はそれを100%信じて行動した結果、恐ろしい結果に繋がったので、全くの資金なし、0円ではamazon輸入は出来ないと考えます。

amazon輸入だけでなく、どのビジネスにも多少のお金は必要です。

その辺を十分考えた上で、精神的にも安定した状態で、amazon輸入に取り組んで頂けたら幸いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

amazon輸入を始めるにあたっての資金、ということで記事を書きましたが、私の経験ももとに書かせて頂きました。

ビジネスをするからには全ての責任は自分で取らなければなりません。
何があっても自分の責任です、誰も助けてくれません。

だからこそ安易な考えでなく、ちゃんとしたある程度の資金をお金が今なくても用意して、amazon輸入に打ち込んでほしいです。

もう私のような大変な思いは誰にもしてほしくありません!!

この記事を少しでも参考して頂けたら、とても嬉しく思いますm(__)m

 

私はamazon輸入の単純転売から脱却し、現在はメーカー仕入れを中心としたビジネスを行っております!

よければ下記の記事もよければ読んでください^^

【amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法】

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です