【amazonメーカー取引】メーカー交渉のために実店舗をもつのはバカな考え

こんばんは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

さて本日は「メーカー交渉のために実店舗をもつのはバカな考え」についてです。

メーカー取引は実店舗がないとダメか

海外メーカーはそうでもないですが、国内メーカーと取引するにあたり、実店舗がないとダメ!と断られるパターンがあります。

そこで実店舗がないとダメ!と断わられるから、安易に実店舗をもつのはバカな考えだと私は思います。

というのもメーカーさんは、その実店舗で商品を売ってほしいから実店舗がないとダメ、だと言っているわけです。

実店舗をもっていたら、取引してamazonで販売していいよ^^

なんて一言も言ってないですよ(笑)

 

通常実店舗を要求してくるメーカーはオンラインの販売もダメだと、言ってくるはずです。

ブランドイメージをかなり重要視しているので。

なので、amazonには流したらダメなんです。

実店舗を安易にもつと痛い目を見る

上項のことを勘違いしてかバレなきゃいい、と思ってか、グレイな(というかブラック)なことを思いつき、じゃあみんなと差別化して
実店舗をもとう!とかだと、あとで痛い目を見ますよ。

痛い目を見るというのは、メーカーさんもあなたが作った店舗内容を見れば、「大体この店舗での売上はいくらぐらいだよな?」みたいな予想がつくはずです。

例えば、店舗が小さくて、お店自体もセンスに欠ける作りで、購入数量が大きければ「この店舗はオンラインに流しているのでは?」ここでこんな売れるはずない、怪しい・・・

などの疑いがかけられます、かなりの確率で。

そして、もしオンラインに流していたら契約が当然切られます。。

 

いかがですか?

メーカー交渉のために
実店舗をもつのはバカな考えですよね。

メーカー取引は実店舗など必要ない!

実店舗をもたなくても、あなたのビジネスを理解してくれるメーカーはあります。

今後ますますオンライン販売への嫌な意識をもつそんなメーカーも増えるでしょうが、今オンラインの市場が伸びてきていてそれを断つより、うまくオフライン+オンラインでブランドイメージを守りつつ販売していきたい!!

というメーカーもきっと存在します、いや絶対に。

だから私たちはそこに食い込む必要がありますね、

 

多少コミュニケーション能力は必要でしょうが、そこまで難しいことではないと思います。

だって、私のコンサル生は実践して成果を出しているので。

実店舗をもとうとか、実店舗をもっている友人を使おうとか、そんなくだらないことを考えるより、正直に深く付き合えるメーカーを探した方が長期的に胸を張ったビジネスができます。

実店舗を完全否定している訳ではないですが、安易に交渉の一部にしようとか思って実店舗作ると、あとで痛い目にあうので気を付けてください、というのを伝えたくて書きました。

メーカーもそんなバカじゃないです、最近オンラインへの意識もかなり強くなり以前より体制が整ってきているので。

まとめ

いかがだったでしょうか?

メーカーとの交渉を切り抜けるために安易に実店舗をもとう!という考えは間違っているということが理解できたと思います。

実店舗がなくてもメーカー取引は出来ます。

そしてamazon販売と正直に伝えた方が、メーカーとより良い関係性が築け、これがライバルとの差別化にも繋がります。

グレイなことはせず、真正面からメーカーと向き合っていきましょう、あなたの気持ちをメーカー側も分かってくれるはずです^^

よければご参考ください!

 

こちらの記事もオススメです。

【amazon転売を続けると潰れる理由。転売から卒業し、安定収入を得る方法】

 

 

このようなお悩みありませんか?

 

  • せどり・転売を続けることに不安を持っている人
  • 副業で臨む成果を得られていない人
  • 副業を始めたいけど、何をすべきか迷っている人
  • 新たな事業で収入の柱を増やしたいけど何が良いか分からない人などなど

 

私が過去有料で開催した 【Amazon物販ビジネス国内メーカー直取引完全攻略セミナー】 の内容を無料公開しております。

 

下記をクリックして中身をご確認ください^^

 

amazonメーカー仕入れ

 

 

 

ABOUT US

中村裕紀国内&海外メーカー直取引完全ガイド著者+EC STARs Lab 代表
1984年生まれ、2022年現在38歳、二児の父。
介護・福祉関連の施設に勤める傍ら、2011年頃からamazon物販ビジネスを副業にて開始。
2013年に独立し、2014年に転売で月利100万円を達成するも直後にアカウントが閉鎖。
その後は転売のアカウント閉鎖の教訓を得て、メーカー取引一本で売上を立てる決意をする、その結果2015年に月利200万円を達成。

現在は法人9期目、国内外のメーカーとより良い信頼関係を構築し、オンラインの販売を通じて多くの方々にメーカーが真剣に気持ちをもって作った商品をお届けしている。
同時にamazon物販&メーカー直取引のコンサルタント業務を行い、月利30~500万円以上を継続して稼ぐプレイヤーを多く輩出している。

amazon物販ビジネスに特化したコミュニティー「 EC STARs Lab / EC STARs Lab Academy (総会員数223名)」を運営、著書は3冊出版、累計発行部数2万部突破。

人気記事TOP3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。