メーカーに会いに行くことの重要性を再実感

こんばんは、中村裕紀です。

少し肌寒くなってきましたが
最近いかがお過ごしでしょうか?

私は今更ながら
義母と娘のブルースにはまっていますww

友人から良いと言われたので
妻の録画動画を見ていますが
この頃のドラマだとハゲタカと同じくらい
夢中になって見ていますw

一時期ビジネスに集中していた時は
テレビさえ見ないこともありましたが
息抜きとしてはいいかもです。

義母と娘のブルースは
今ちょうど第2章が始まったところを見ていますが
昨夜は不覚にも泣いてしまいました、、

娘がいるのでそれが被るのと
もう34歳、、
おっさんなので涙腺が弱くなっているのかと・・・

もう見終わった方ばかりだと思いますが
今後の展開が気になるところです^^

さて本日は
メーカーに会いに行くことの重要性を再実感
です。

このところ
このメルマガでも
そしてコンサル生にも強く伝えていること

それはメーカー取引は
メールを多く送るだけではダメな時代に
入ってきている、ということ。

メールを送れば
利益の出るメーカーは見つかるので
取引できて利益は出るけど

そのままにしておいたら
いずれメーカー取引をやっている
たくさんのライバルに真似されて
価格競争になっておわり・・・・・

これは単純転売をしている方の
悩みの一つとしても挙げられます。

価格競争になって
毎日のリサーチ地獄から解放されず
いつまで経っても自由な時間が取れない、、

何やってんだ俺、、

みたいな状況ですね。

これが今のメーカー取引にも
実際起きています、単純転売と同じように。

ただ単純転売と違うのは
そのメーカーをどうにかすれば
自分のものにできること

ライバルが入ってくる前に
メーカー側に働きかけ
例えばAmazonの販売者を限定化することは
意外と容易にできます。

(独占となると、少し難しいイメージ。契約条件次第。契約条件は国内より海外の方がバカでかいイメージです。国内はAmazonだけ独占なら変な話、人情だけでお金は関係なかったりもする)

どういう風に働きかけるか?
といったら
ここでは具体的なことは書けませんが

一つの手段として
「メーカーに会いに行くこと」
これが最も強い交渉手段の一つとなります。

私のコンサル生で
月利70万円ぐらいを0から
約半年で出したTさん、Iさんがいます。

この方々は
何も差別化せず
普通に沢山メール送って
利益の出るところだけで
今の利益を出しています。

でもこの状況
長期的に見ればヤバイわけです。。

何もテコ入れしなければ
ライバルが入ってきて終わるでしょう。

というわけで
ZOOMで個別相談した際に
まず会いに行って

~の方法を使って
メーカーに会いに行き、交渉してみましょう!
といって実際会いに行った結果・・・・・

なんと会いに行ったメーカー
大阪名古屋含め合計8社ほぼほぼが
今後オンラインでの販売者を
増やさない約束をしてくれたそうです。

これってすごくないですか??

その8社は本当の意味で
長期的に利益を出し続けるメーカーになる、と言えますよね。

最終的には自分に任せてもらえると
最高にいいですが
まず入りはこんな感じでいいと思います。

何かあれば、絶対会いに行った方を
頼ってくるでしょうし、会いに行った方を優先しますからね。

私が伝えたことを
すぐ次の日から行動してくれた
Tさん、Iさん、本当にありがとうございます!!!!!

おかげで私も
メーカーに会いに行くことの重要性を再実感しました^^

あとはなかなか
会いに行けない方もいると思います。

でも、ご安心を!

会いに行くことも大事ですが
もっと基本的なところを意識すれば
十分メーカー側と深い関係性を作れます。

また機会があれば、この辺についても書きたいと思います^^

PS
今日は国内メーカーの話でしたが
海外も同じです。

しかし
海外だと会いに行くのは難しいと思うので
ZOOMで通訳さん入れて
3者間でメーカー側と話して
コミュニケーション取っている方はいます。

顔を会わせるって大切なことです、
たしかに私もコンサルをしていて思います。







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です