ライバルより一歩先へ!Amazon物販で追加仕入れに悩んだ時に実践してもらいたいこと

こんばんは、amazon物販コンサルタントの中村裕紀です。

昨日コンサル生のお二人からAmazon物販でメーカー取引の際の追加仕入れに関しての質問が来ました。

コンサル生から来た追加仕入れに関する質問

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ポイントを沢山つけて来ていてあまり利益が出なくなるような商品があります。利益は7%くらいですがこのような商品はリピートで仕入れ続けますか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
あるセラーがポイントを使って価格を結構下げてきていて
ちょい赤字になるくらいの商品があります。

1日一個売れるくらいいい商品なのですが、
追加の仕入れは止めた方が良いでしょうか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ライバル出現で仕入れを悩んでいるときの対応策

先ほどの質問に対しての私の回答としては

—————————————————–
メーカーに対して「ポイントを付ける人が増えてきていて利益が少ないので、継続して多く仕入れるので、今の卸値より安くすることはできますか?またはポイントを付ける人に注意することはできますか?」
と聞いてみてください、いずれかが解決すれば仕入れることができます。
—————————————————–

—————————————————–
メーカー側に
「あのセラーがポイントを付けていて仕入れたいけど赤字で仕入れることができません。継続して沢山の量を購入するので、もっと安くなりませんか?もしくはそのセラーにポイントをやめるよう注意できますか?」
など聞いてみてください。
——————————————————

上記のように至ってシンプルなものです。(もっと追加事項もあるので、文章自体はもう少し長く書いていますが)

要は正直に言って価格の交渉をしてください、という話なのですが

これをやっていない人がめちゃくちゃかなり多い気がします。

すぐみんな諦めてしまうんですねww

ただ諦めず正直に伝えてメーカー側から

「じゃあこの条件ならどう?」
とか
「じゃあそこまで言うならAmazonのこと教えてよ。その代わり優遇するよ!」

とか言われたらもう勝ちですよ、他のライバルから一歩前へ進めます。

Amazon物販のライバルから一歩前に進む方法

メーカーにAmazon販売と正直に言う

何か困ったらメーカーにそのことを伝える

メーカーも正直に言う人には力になりたいって思うし、深く付き合いたい

その結果、改善策を出してくれる

そうなったら、もう自分の勝ち

ここからはもっとメーカーと深く付き合ってさらに自分のものにするよう頑張って付き合うだけ。

とてもシンプルな流れですよね?

もちろん正直に困ってること言っても動いてくれないメーカーも多いです。

だけど動いてくれるメーカーが10社に1社でもあってそれが自分のものになってこれから長期的に毎月利益が出るならこんな楽で簡単な話はないですよね?

だって言うか言わないか、だけの違いなので。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

国内メーカーも海外メーカーも難しく考える方が多いですが

そこまで思い詰めることないですよ^^

メーカー取引はシンプルに考えたもの勝ちよければご参考ください!!

PS
海外メーカーと国内メーカーを同時に教える
海外メーカーと国内メーカーと正直に深く付き合う

海外メーカーと国内メーカーを自分のものにして毎月安定して長期的に稼ぐ

中村の個別コンサルティング募集は6/25(月)からさせて頂こうと思います。

少し前に個別コンサルいつですか?
という質問があったので興味がある方は目安にしてください。

このメルマガでは約半年ぶりの募集となります。

今回も事前のセミナー&説明会相談会を実施します!

やっぱり顔見せて直接話した方が良いようなので^^

★こちらの記事もおすすめです。

→【Amazonビジネスを本業に!!独立したいという夢を叶えた話







メーカー仕入れを学ぶならこちら LINE@ お友だち追加はこちらから
ブログランキングに参加してます!! ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
ポチっと応援頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村  海外輸出・輸入ビジネスへ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で中村裕紀をフォローしよう!

シェアしていただけると光栄です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です